コラム

 公開日: 2015-11-08 

マナーうんちく話1082《冬がやってきたら心にも日向ぼっこを!》

ひと年重ねて来ると時の流れを早く感じるようになります。

特に落ち葉が舞い散る頃になると、なんとなく感傷的になることもありますが、如何でしょうか?

11月8日は「立冬」でしたから、暦の上ではすでに冬です。

四季がある日本では、季節の捉え方にも色々あります。

よく暦の上では「春」ですとか「冬」ですと言われるのは、主に二十四節季によるものです。

また、旧暦では10月から2月までが冬ですから、二十四節季と旧暦の捉え方は現実的には少しかけ離れています。

但し、天文学的には「冬至」から「立春」までが冬で、今流の捉え方は12月から2月までを冬と捉えるのが一般的です。

ちなみに冬の語源も色々あります。

○万物が「冷ゆ(ひゆる)」からとする説。

○寒さが威力を「振るう(ふるう)」からとする説。

○寒さに「震う(ふるう)」からとする説。

○色々な物が「増える(ふえる)」からとする説。
この説はピンとかないかもしれませんが、冬になると枯れ葉が舞い散るようになります。こうなると、如何にも木々たちは長い眠りについたかのようにとれますが、実はその内部ではエネルギーが増殖を繰り返しながら、春の芽吹きの用意を着々と行っているわけです。

木枯らしに吹かれて散っていく落ち葉を見て、儚さを感じネガティブになるか?自然の叡智を理解し前向きになるか?では雲泥の差があるということです。

厳しい冬にも、植物も動物も、一生懸命力を蓄えているわけです。

ところで、非常に厳しい冬を擬人化した表現に「冬将軍」がありますが、これはナポレオンに由来します。

詳しくは《マナーうんちく話438「寒入り」と「冬将軍」》をご覧ください。
この冬の話のタネになります。

野菜を作り始めて5年になりますが、冬野菜と言えば何と言っても「大根」が挙げられます。
全て食べきれませんので、大根を抜いて貯蔵します。

野菜をぶら下げて貯蔵するのは先人の生活の知恵で、日本の冬の風物詩ですが、実はこの様子を描いた文字が「冬」だそうです。

「生きることは食べる」ということを実感させられますね。

これ方は日毎に日差しが弱まってきます。

太陽の光がより恋しくなりますが、寒さに負けず、心にもしっかりと光を当てて、元気で、前向きに歩んで下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1623《今流の男の礼儀作法⑥「グローバル時代のマナーとは?」》

江戸時代の武士も町人も庶民も礼儀作法に重きを置いたのは、次第に物が豊かになるにつれ、良好な人間関係を築く必...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ