コラム

 公開日: 2015-11-06 

マナーうんちく話1080《マナーで身につけた「育ちの良さ」は身を助ける②》

「江戸いろはがるた」に、「芸は身を助ける」と言う言葉があります。

「趣味や道楽で身に付けた芸は、いざという時に家計の足しになる」と言う意味ですが、その点「マナーは人生を豊かに彩る」と思います。

学校教育だけで勝負しよう!と考えず、家庭でも小さい時からできる限りマナーを教えてあげて下さい。

育った環境で培った好ましい礼儀作法は、親が子に与える最高の宝物です。

しかも、芸のように習って身につけなくても、親が子どもに素敵に発揮するだけでも大きな効果が表れます。

例えば、朝起きたら、子に明るく元気な声で「おはよう」と挨拶するとか、子どもと食卓を囲む際に、姿勢を正し、笑顔で、美味しく、楽しく食べるだけでもいいのです。

子どもの長所を目を見て具体的に褒めるとか、子どもの言うことを真摯な態度で聞いてあげることでも大きな効果が期待できます。

一芸を身に付けたり予備校や塾に通う必要もなく、高い授業料も不要です。
ただし、学校時代にはさほど差が出ません。
しかし、社会人になって大きな差が出ます。

ちなみに、マナーは、子どもは外面だけですまされますが、大人は内面にまで他人の推量が及びます。

結婚式や見合いの席でアラがでてはいけないので、借りてきた猫のようにおとなしくしても、大抵の場合は露見します。

しかも、その内面まで詮索を受けたりします。
如何に日常が大切かと言うことです。

そうかと言って、親しい友人や夫婦や家族間で、むやみやたらに敬語で喋る必要もありません。

つまり礼儀作法は、使用する範囲や応用のレベルが、時と場合により使い分ける必要があるということです。

はっきり言えることは、日頃横柄な態度で聞く耳を持たないような人と、日頃から謙虚で優しい笑顔があり、自分のことより相手に耳を傾ける人では、いざという時に上手に切り抜けられる人は後者だということです。

「話し言葉」や「服装」などにも謙虚に表れます。
「良く使いなれない言葉を使用して舌をかんだ」と言いますが、まさにそうですね。

「馬子にも衣装」と言う言葉がありますが、いつも正装していては肩が凝ります。礼儀作法を発揮しない方が、かえって礼儀にかなったりすることもあるということです。

マナーはある意味では教養そのものですが、平和な社会で生まれた日本のマナーは融通を利かす知恵も大切です。

今「いじめ」が再度話題になっています。
いじめはいつの世も絶えません。

いじめの捉え方は県により様々ですので、比較する事自体ナンセンスだと思いますが、いずれにせよ、「人の嫌がることをしない」というのは基本的なマナーで、何も複雑に考えることはありません。特に力の強い子が弱い子に対して嫌がることをすれば、周囲の大人は間髪いれず注意する必要があります。

そして、いじめをなくしようと思えば、「いじめに走る子」を無くすことです。
そのためには、親が家庭でキチンと躾をすれば済むことです。

つまり「していいことと、してはいけないこと」をキチンと教えることです。

してはいけない箸使いを「嫌い箸とか忌み箸」、発してはいけない言葉を「忌み言葉」と言いますが、如何に昔の人が他者に気をつかったかと言うことです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ