コラム

 公開日: 2015-11-03 

マナーうんちく話1078《河豚は喰いたし 命は惜しし》

11月の季語としては、このコラムではすでに登場していますが、「十夜」「山茶花」「七五三」「大根」「落葉」「枯れ葉」「時雨」等がおなじみですね。

「女(男)心と秋の空」と言いますが、これから天気が変わりやすくなり、時雨も多くなりそうです。

ちなみに、雨が降ったかと思ったら、すぐに止んだりする小雨の事を「時雨(しぐれ)」と言います。

昔から風情の在る雨とされていますが、時雨は訪れる時間により「朝時雨」、「夕時雨」、「小夜時雨」等の名前が付けられています。

いずれにせよ、晩秋になって時雨が降るようになると、いよいよ冬支度に取り掛からなくてはいけません。

ところで、11月の大きな年中行事としては3日の「文化の日」と、15日の「七五三」、23日の「勤労感謝の日」ですが、いずれも《マナーうんちく話》で詳しく触れていますので是非参考にして下さいね。

そして食べ物のおいしい季節ですが、この時期江戸の人が最も好んで食べたのが「納豆」です。

江戸後期になると食生活がとても豊かになり、現在のようにご飯の上に納豆を載せて頂くようになったとか・・・・。
「蜆(しじみ)売り」に「納豆売り」が江戸の朝を活気づけていたようですね。

さらに江戸時代にはサツマイモが栽培されるようになり、やがて秋になると、江戸の町に「焼き芋屋」が登場してきます。

高貴な女性から庶民まで、身分に関係なく、焼き芋が江戸の女性の胃袋を掴んだわけです。

そしてなんといっても河豚ではないでしょうか?
江戸の美食家が命がけで食べていたとか・・・。
命は惜しいけど、それでも食べたいのが河豚でしょうか・・・。

初夏の鰹を、恋女房を質に入れてでも金を工面して食った江戸っ子らしく、「粋」な生き方とは、このようなことかもしれませんね。「食べたいのはやまやまだけど命は惜しい」というような、俳句や川柳も沢山あります。

《あらなんともなや きのうは過ぎて 河豚汁(ふくとじる)》松尾芭蕉

フグ汁を食べて一日過ぎてしまったが何ともない。
昨日の心配は何だったのか?
如何にもほっとした気持ちを詠んだのでしょうね。

「河豚は喰いたし 命は惜しし」という言葉がありますが、判断に苦しむという意味で使用されます。

「なんでそんなに心配してまで食べるのか?」、他にカワハギのように旬の美味しい魚はいくらでもいるのに、と思う人は多いと思います。

現代では、河豚にせよ、毒キノコにせよ、その生態はかなり研究されており、安全な食べ物になりましたが、万一中毒になった時の特効薬も治療法も確立していません。

それでもあえて、多大な危険を冒して食べたい人の気が知れないのは、一理あるかもしれません。

特にこの気持ちは、欧米人にはまったく理解できないのではないでしょうか?
昔から、言葉では言えない、特別な魅力が河豚には有ると思います。

参考までに、「河豚」は中国で付けられた名前です。
中国では河豚は、ある時期になると河にやってくるので、それを捉えて食べたから河豚となったわけです。

しかし、日本では海で捕れる物ですから、「河豚」より「海豚」の方がよりマッチしていると思いますが如何でしょうか?
実は「海豚」は「いるか」と言う名前がすでに付けられています。
これから河豚を食べる機会が多いと思いますが、話の種にして下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1401《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ