コラム

2015-10-30

マナーうんちく話1076《彼を知り 己を知れば 百戦危うからず》

孫子の兵法に、「彼を知り、己を知れば、百戦危うからず」と言う言葉があります。

敵についても、味方についても、情勢をしっかり把握しておけば、何回戦っても負けることは無いと言う意味です。

「彼=敵」ですが、敵の長所・短所も、味方の調所・短所を見極め、互いの実力や現状を正しく把握すれば、攻めるべきか?退くべきか?等の判断がつくと言うことで、兵法の書としては、古今東西最も信頼されている言葉です。

兵法に限らず、あらゆる人間の活動において、相手を知り、自分を知ることは非常に重要な基盤になります。

人と人との交流においては、人を理解することが大切ですが、人が人を理解することはたやすいことではありません。

本当に人を理解するには、先ず自分を理解することです。

現在は高度に発達した情報化時代ですから、相手の情報は比較的たやすく入手できます。

しかし、自分のことを理解することは、本当は難しいことですね。
謙虚になって過少評価しても、あるいはお高くとまって過大評価してもいけません。

どんな所で生まれ育ち、どんな人達と学生時代を過ごし、どん仕事に付いているか? そこでどんな思想を抱き、どんな価値観を形成してきたか?

何が得意で何が不得意か?何が好きで何が嫌いか?
自分の過去を振り返ってみるのもお勧めです。

そして意識的に自分の属性や、心理状態等ありのままの自分について、きちんと理解して下さい。

特に自分自身の「本当の能力」を知っておくことは大切です。
悪い面のみならず、出来れば長所を正しく理解するよう心がけて下さいね。

では、自分のことを、自分で褒めることが出来ますか?

人と良好な人間関係を築くポイントは、相手の良い所を理解して、それを具体的に褒めることです。

しかし、人の良い点を褒めるには、先ずは自分の良い点を、自分で褒めることが大切です。

たとえ人が評価してくれなくても、自分が自分の事を納得できればいいと思います。

自分を褒めることが出来る人は幸せです。
自分を褒めている姿は、はたから見ても気持ちいいものです。

では人前で、自分の伴侶や家族を褒めますか?
日本人は、自分の妻をあえて「愚妻」等と表現するのが奥ゆかしいと思われている面がありますが、私は好きではありません。

愚妻や愚息の意味は、妻や息子が愚かな意味ではなく、愚かな自分の妻や息子を意味する言葉で、自分をへりくだった言い方でしょうが、非常に紛らわしく、違和感を覚えます。

自分をへりくだるのも本当は非常に難しいわけです。
だったら素直に前向きの表現した方が良いのでは?と考えます。

人前で、自分の伴侶や家族の悪い点を愚痴るのではなく、良い点を褒めることが出来ればいいですね。

それを聞いて、どう感じるかは、その人次第ですが、きっといい気持になる人の方が多いと思うわけですが、如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節に...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ