コラム一覧

1件~15件(1,406件)

過去の15件

マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節になります。しかしその一方では10月も中旬になれば稲刈りも終え、閑散としてくるので、侘びた季節を予感させる要素も加わります。「白秋」と呼ばれるように、秋の色が白で表... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-10-01

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレベーターにギリギリセーフで乗れた時は如何でしょうか?「ありがとうございました」のお礼が言える人はマナー美人だと思います。エレベーターにギリギリ間に合ったということは... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2016-09-30

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか?ちなみに今の日本は世界屈指の超高齢社会で、約三人に一人が高齢者で、独居高齢者は年々増加傾向にあり、全国に約600万人います。理由は様々ですが、中には家族と同居す... 続きを読む

弔事のマナー

2016-09-29

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子多死社会」を作ります。つまり産まれてくる子より、亡くなる高齢者の方が多い社会になったということで、今後も葬儀はますます増えるでしょう。中でも葬儀と言えばまず思い浮か... 続きを読む

弔事のマナー

2016-09-28

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪問先で部屋に案内され、改めて挨拶をしたら手土産を渡して着席するわけですが、ここでお茶を出された場合の好感の持たれる対応に触れておきます。「直ぐに頂く」か?あるいは、... 続きを読む

訪問ともてなしのマナー

2016-09-26

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも多々あります。折角手間暇を掛けて品物を送っても、それが必ずしも相手が望んでいる物とか、喜んでもらえるものとは限りません。といって現金を贈れば「恵んでもらう」イメージ... 続きを読む

贈答のマナー

2016-09-25

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて栄養価が期待できるものと言えば「サンマ」ではないでしょうか?秋風が立ち始めると秋の味覚サンマがやってきます。「秋の魚」と書く秋刀魚ですね。では「青串魚」という魚を... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-09-24

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?夏の「夏至」と冬の「冬至」、そして春の「春分」と秋の「秋分」の「二至二分」です。つい先日まで厳しい残暑が続いていましたが、度重なる台風の影響ですっかり秋の気候にな... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-09-22

マナーうんちく話1315《まことお彼岸入りの彼岸花》

四季が明確に分かれている日本には「風物詩」という美しい言葉が存在します。風物詩は俳句の「季語」のように限定されたものと異なり、その季節特有の現象や文化や味覚や生物などと範囲がとても広いのが特徴だと思いますが、台風一過の今朝は、空気がとても澄んでいて空が高くなった気がしませ... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-09-21

マナーうんちく話1314《一人の高齢者が死ぬと一つの図書館がなくなる》

敬老の日にちなみ、新聞やテレビで全国の長寿の人達が紹介されていますが、豊かで平和な国ならではの微笑ましい光景だと思います。改めて平和の大切さを実感します。ところで既に触れましたが「敬老」とは高齢者をいたわり、慰めるというより「長年に渡り苦労を重ねながら人生を過ごし、社会... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2016-09-20

マナーうんちく話1313《敬老の日!手放しで喜べない長寿社会の実態》

中華でも洋食でも和食でも高級食材とされるアワビが旬を迎えていますが、アワビは祝儀袋に使用されている大変縁起の良い魚介類です。ではなぜ縁起が良いとされるのでしょうか?昔は「アワビは100年生きる」とされていました。だからそれを干物にして、薄くスライスして、さらに伸ばし延... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2016-09-19

マナーうんちく話1312《「お土産」の効果と渡し方》

秋の彼岸が近くなってくるとめっきり涼しさが増してきます。そして食べ物が多く出回る時期ですが、秋と言えば「木の子」でしょうか?中でも「万葉集」にも登場する「山のダイヤモンド」松茸が話題になる頃でもあります。国産の松茸は値が張るので滅多に口にできませんが、匂い、味、姿には風... 続きを読む

贈答のマナー

2016-09-17

マナーうんちく話1311《「十六夜の月」と「スローライフ」》

十五夜は暦に掲載されていますが、もう少し注意深く見てみて下さい。六曜では「仏滅」になっていたと思います。理屈は良く解りませんが、旧暦の8月15日は仏滅なのですね。だから満月は「仏滅名月」ともいわれるそうです。さて前回は満月に至るまでの月の変化の呼び名に触れましたが... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-09-16

マナーうんちく物語1310《あなたはどう思う?「満月とウサギの物語」》

一夜ごとに素敵な名前をつけて楽しむほど、月は日本人にとって身近な存在で、愛でる文化の象徴でもあったようですが、残念ながら満月が必ずしも晴天とは限りません。十五夜が雲の中に隠れて全く見えないことも多々ありますが、そのような月には「無月」と名前が付けられました。また雨が降った... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-09-15

マナーうんちく話1309《楽しみな「待宵の月」と、切ない恋物語「待宵草」》

地球の衛星で白く光って見える天体の「月」。日本にははるか縄文の時代から月を愛でる風習があったとか・・・。中秋の名月もいいのですが、その前後の月も実はとても風流で是非観賞して下さい。天気が大変気になるところですが・・・。9月14日は満月の前夜の月で十四夜の月、別名「待... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-09-14

1件~15件(1,406件)

過去の15件

RSS
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節に...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ