コラム一覧

1件~15件(1,494件)

過去の15件

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているのであまり見かけることがありませんが、細長い茎で葉が無い多年草です。このイグサを干して織って作られたものが「畳表」で、和室には無くてはならないものです。日本の文化は中... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-02-18

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を、どのように教えて行くかを明確にして下さい。●何を教えるか・先ず仕事は何のためにするか・仕事をして給料を頂くということは具体的にどういうことか・職場とはどのような... 続きを読む

ビジネスマナー

2017-02-17

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく理解することです。加えて自分自身を振り返ってみて下さい。これを機会に改めて自己理解をすることも大切です。「新人」と「自分」のことを熟知することで、互いに気持ち良... 続きを読む

ビジネスマナー

2017-02-16

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせつ)の詠んだ俳句です。まだ寒い早春を高貴に彩る梅が一輪咲き、それをみると、かすかだけれど一輪ほどの暖かさを感じることが出来る。梅は万葉集の時代から古来、多くの歌に... 続きを読む

ビジネスマナー

2017-02-15

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?バレンタインデー商戦がピークを迎えました。今やバレンタインデーは節分の「恵方巻」と共に2月のビッグイベントになりましたが、「義理チョコ」で複雑な思いをされている人も少なくありません。ちなみにバレンタインデーは、3世紀の... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-02-13

マナーうんちく話1405《喜びが倍増する「お祝いメ―セージ」の素敵なマナー》

寒い日が続いていますが立春を過ぎれば暦の上では春です。そして、まだ寒い早春を彩る「梅の便り」があちらこちらから聞こえて来る頃です。このコラムでも何度も触れましたが、梅の花は万葉集の時代から数々の歌に詠まれてきました。「梅は咲いたか桜はまだかいな」という、お座敷歌とし... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-02-11

マナーうんちく話1404《新たなご縁を産みたい立食パーティーの心得》

立食のパーティーでは開始時に入り口近くに人が集中する事がよくあります。謙虚もいいですが、後に続く人のことも考慮して係の指示に従うことが大切です。そして立食パーティーの魅力は、好きなだけ料理が自由に食べられることですが、料理ばかりにこだわるのは感心しません。但しこまめ... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-02-09

マナーうんちく話1403《針供養と躾》

身も心も引き締まるような冷たい風ですが、既に春は産声をあげ、日差しも僅かですが確実に長くなってきました。深呼吸をいっぱいして、身体全体で春の到来を感じてみるのもお勧めです。但し花粉症シーズンに突入です。ご注意ください。ところで多くの女性のハンドバッグにはスマートフ... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-02-07

マナーうんちく話1402《好感の持たれる立食パーティーのマナー①》

和食や洋食のマナーについては過去に詳しく触れましたが、実は自分の位置が固定していない「立食のマナー」はかなり難しいと思います。大勢の中でキラキラ輝く人と、くすんでしまう人の差が明確に分かれるのも立食パーテイーではないでしょうか。大人のパーテイーでもウエイトも高いようですか... 続きを読む

ビジネスマナー

2017-02-05

マナーうんちく話1401《幸運を招く「立春大吉」と「大福茶」》

前回触れました2月3日の「節分」は雑節ですが、2月4日の「立春」は二十四節気の一つです。ちなみに旧暦では春の節分が大晦日で、立春は正月になります。今でも年賀状に「迎春」とか「新春」と書きますが、いずれもそのなごりです。従って立春は一年の始まりで、全ての起点になります... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-02-04

マナーうんちく話《そもそも鬼とはどんな存在なの?陰陽道と節分の在り方》

1月は「いぬる」といいますが、今年もいよいよ雑節の一つ「節分」がやってきました。ちなみに節分は二十四節気以外の季節の変化を目安にする日のことです。今では養鶏が発達していますから卵は年中簡単に手に入りますが、旧暦の世界ではこの頃から鶏が卵を産み始めます。このコラムで何... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-02-02

マナーうんちく話1399《邪気を払い東風を受け入れる2月》

睦月もいよいよ最後になり間もなく2月です。インフルエンザが猛威をふるっていますのでご用心下さいね。和風月名では2月は「如月(きさらぎ)」です。厳しい寒さが続きますが、草木の芽が萌えいずる頃という意味です。一年12カ月にはそれぞれ四季に応じた素敵な名前が付けられてい... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-01-30

マナーうんちく話1398《会話を楽しむパーティーの基本マナー》

寒い日が続いていますが、間もなく立春。春になれば出会いと別れのシーンが多々あります。多くの人が集まり、楽しく食事をしながら親交を深める様々なスタイルのパーティーに参加する機会も増えて来ることでしょう。送別会、歓迎会、卒業祝い、入学祝い、加えて結婚披露宴、発表会やセミ... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-01-28

マナーうんちく話1397《「品格」を身につけるには・・・。》

何度も触れていますがマナーとは「思いやり」「感謝」「尊敬」の心を抱き、それを言葉や態度や表情や文章で具体的に表現することです。そしてその表現の仕方は国々の文化、歴史、気候風土、国民性、食べ物、宗教等により異なります。加えて不易流行的側面が有ります。時代とともに変化する... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-01-26

マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をいかに生きるかではないでしょうか?人の一生は人間関係に始まり、人間関係に終わると言っても過言ではないでしょう。生きている以上、人と人との関わりは避けて通れません。夫... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-01-24

1件~15件(1,494件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?バレンタインデー商戦がピークを迎えました。今やバレン...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ