コラム一覧

1件~15件(1,777件)

過去の15件

マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係を始め、いろいろなつながりがあります。問題は定年退職してからです。今までの仕事上のつながりは一晩で消滅します。名刺も肩書もなくなるということです。勤務時に定年... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-06-24

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触れましたが、近年特に家庭や、地域や、職場での人間関係が希薄になった気がしてなりません。今の日本は平和で、物質的にも大変豊かで、しかも世界屈指の長寿国になったから、以前... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-06-22

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます。ところで最近日が長いような気がしませんか?6月21日は、一年で最も昼が長く、夜が短い「夏至」です。太陽の運行により定められた二十四節気の一つで、「立夏」と「立秋... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-06-20

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人生を心豊かに生きることも大切ではないでしょうか。日本は四季に恵まれ、物が豊かで、便利で、平和で、長寿で、世界に比べれば本当に恵まれていると思いますが、幸福度ランキング... 続きを読む

2018-06-18

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活において、今日は何を着ようか?あれこれ迷うことは多々あります。迷う位ものが豊かなことは感謝の至りですが、ほどほどにしたいものです。「平服でお越しください」。こん... 続きを読む

マナーの心得

2018-06-15

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し方、さらに「つまらないものですが・・・」などと述べる口上。そして「包装紙」でしょう。西洋のリボンに比較して、日本の贈答には慶事と弔事独特の水引や熨斗があります。... 続きを読む

贈答のマナー

2018-06-13

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射止めた小動物やクルミや栗などの木の実が主な食べ物であったと思われます。しかし子どもや高齢者は、狩りもできなければ、木の実もとることはできません。そこで元気な男が代表... 続きを読む

贈答のマナー

2018-06-11

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水だけで、光を放ちながら飛び続け、短い生涯を終えるそうです。「蛍二十日に蝉三日」といわれます。先人は蛍や蝉に人生のはかなさを感じ取っていたようですが、現在は人生100歳時... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-06-09

マナーうんちく話1684《どう違う?「贈答」と「進物」と「賄賂」》

世界には、誰かが、誰かに対して、感謝や愛情の気持ちを込めて物を贈る文化が多々あります。品物を贈ったり、お返ししたりすることが「贈答」ですが、今ではギフト、プレゼント、進物ともいわれます。ちなみに「進物」とは、人に無償でさしあげる金銭や物品の総称ですが、中世までは誰が誰... 続きを読む

贈答のマナー

2018-06-07

マナーうんちく話1683《日本の贈答文化は、人間関係を豊かにする知恵》

西洋は大陸続きで常に戦争の歴史を歩んできており、そんな社会環境の中で生まれたマナーは危機管理的要素が強いようです。一方平和な社会背景から生まれた日本の礼儀作法は、「思いやりの心」が中心になります。贈答を通じ、相手に対する思いやりの気持ちを、具体的に伝える文化が生まれる... 続きを読む

贈答のマナー

2018-06-05

マナーうんちく話1682《世界的にも大変ユニークな日本の贈答文化とマナー①》

■はじめに年々日本を訪れる外国人が増加していますが、外国人が日本に来てなじめない習慣は多々あります。歴史、文化、宗教、気候風土、食べ物などが違うのですから当然といえば当然ですが、それにしても言葉や礼儀作法など、日本の文化は奥が深いから、なじめるまではかなりの時間と努力が... 続きを読む

贈答のマナー

2018-06-03

マナーうんちく話1681《「水無月」だけど、水に最も縁が深い6月の歳時》

先日来の雨で、にわかにカエルの鳴き声が高らかになり、本格的に田植えの準備が忙しくなりました。蛙はもとの場所に変える習性があり、昔から逃げた女房が帰る、無くした財布が返えると言われ縁起がいいとされていました。ちなみに大きな声で鳴くのは雄の蛙です。鳴き声で雌の蛙を引き寄... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-06-01

マナーうんちく話1680《法事に参加する時と香典返しのマナー》

最近は法事の通知も電話が多いようですが、案内状が届いたらなるべく早めに返事を出してください。不幸があって間がない時には喪中見舞い等の言葉を添えられたらいいでしょう。「法要にお招きいただきありがとうございます」。「お寂しいとは思いますが、どうぞご自愛ください」などのよう... 続きを読む

弔事のマナー

2018-05-29

マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の世界は冥界といわれ、死後の幸福を冥福といいます。死者が冥度の旅を無地終えて、幸福の世界に転生できるようにとの思いが込められているわけですね。ところで故人が無くなって... 続きを読む

弔事のマナー

2018-05-26

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包むようになったわけです。香は昔から大変高価なもので、焼香の際、参列者は自分で使用するお香を自分で持参していたようです。さらに葬儀では野菜な米が必要なので、それも持参し... 続きを読む

弔事のマナー

2018-05-24

1件~15件(1,777件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ