コラム一覧

1件~15件(1,449件)

過去の15件

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的にも精神的にも感情的にも沢山のメリットが有ることが解ってきましたが、今のように科学が発達していなかった時代でも、経験上笑顔が優れていることが認識されていたようですね。... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2016-12-02

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山眠る頃」へとなびいていきます。この時期を代表する言葉に「木の葉時雨」や「木の葉雨」があります。先人は何かにつけ自然の移ろいを詳細に観察していたのでしょうね。木の... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-12-01

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませんね。ところでマナーの根源を成す「思いやりの心」は二つの側面が有ります。一つは「他者に不快感を与えない」ということです。そしてもう一つは「他者に好感を与える」点で... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2016-11-30

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わって温かい日差しに恵まれ、陽気になることが有ります。そんな日が「小春日和」です。菊が咲く頃に晴れるのが「菊晴れ」、続いて小春日和と、寒さの中にも心がホッと和む日が有り... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2016-11-26

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、今年は二十四節気の一つ「小雪」になった途端に都心が雪に見舞われましたね。11月としては半世紀ぶりの雪ということですが、本当に珍しい現象で初めての経験をされた方も多いと... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2016-11-25

マナーうんちく話1361《今が旬!栄養豊富な牡蠣で元気はつらつな毎日を》

今までの小春日和から一転、急に寒さが増して来ました。こうなると「牡蠣」がおいしくなります。「ゴツゴツした殻を持つ」という意味の牡蠣は、食用としての歴史が非常に古く、日本では縄文から食されており、既に室町から江戸時代には養殖されていたとか・・・。人類が最も親しんできた貝... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2016-11-23

マナーうんちく話1360《良い夫婦の築き方》

そろそろ雪とのお付き合いが始まる頃になりましたね。晴れの日に、冷たい風に吹かれてまるで花弁のように雪が舞うことを「風花(かざはな)」が舞うと言いますが、これからは風花を見る機会も多くなりそうです。11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。「立冬」の次ですが、小雪の後... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2016-11-22

マナーうんちく話1359《社会人として知っておきたい「焼香」の知識と作法》

日本は今、世界屈指の長寿の国になっていますが、長寿社会は裏を返せば高齢者が多い社会です。そして少子化が進展しているので、日本は子どもが少なく、高齢者が多い社会に陥っているということです。結婚式より葬式が多くなってくるのも頷けます。「葬儀に参列する機会が増えてきた」と... 続きを読む

弔事のマナー

2016-11-20

マナーうんちく話1358《美食の秋と格好いい食べ方のお勧め》

食べることや飲むことは生の根源に至ることです。だから古今東西食べ方や飲み方について、より美味しく食べる方法、より楽しく食べる方法、より賢く食べる方法が研究されてきたわけですね。さらに言えば、食べ方や飲み方に対する考え方にも神経が注がれてきたのでしょう。本来のテーブ... 続きを読む

和食テーブルマナー

2016-11-18

マナーうんちく花す1357《美食の秋とボジョレーヌーボーと日本酒》

各地の山々から初冠雪の便りが聞こえて来る時ですが、既に北国では平野部でも雪が観測されていますね。これから本格的な寒さが到来し暖房器具が手放せなくなりそうです。ところで11月の第3木曜日、平成28年は11月17日になりますが「ボジョレーヌーボー」の解禁日です。日本でもす... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-11-17

マナーうんちく話1356《味噌汁や吸い物の美しい頂き方》

洋食のテーブルマナーは30年以上、和食のマナーは15年以上あちらこちらで担当していますが、それぞれ質問いただく項目はほぼ決まっています。和食で特に多いのが「吸い物」や「みそ汁」の品の良い食べ方です。日本人にとって最もなじみの深い料理ですから当たり前と言えば当たり前ですが... 続きを読む

和食テーブルマナー

2016-11-16

マナーうんちく話1355《参拝の作法③「鈴を鳴らす理由と拍手の意味」》

お賽銭を収めたら今度は「鈴」を鳴らします。では鈴を鳴らす理由は?鈴には昔から邪気を払う力が有るとされています。また、鈴を鳴らすことにより、神様に「これからお願い事を致します」という合図になります。以上の理由で参拝する時には、鈴を鳴らして下さいね。近くに誰がいよう... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2016-11-15

マナーうんちく話1354《みっともない食べ方気になりませんか?》

「天高く馬肥ゆる秋」。今年も各地で開催されている様々なグルメフェアの様子が伝わってきます。いつも気になるのが食べ方です。確かに堅苦しいことは抜きにして楽しくやろう、ということは理解できないことも無いのですが・・・。それでも、「見た目」で美しい食べ方か?そうでないか... 続きを読む

和食テーブルマナー

2016-11-13

マナーうんちく話1353《参拝の作法「お賽銭の知識」》

手水舎で手と口を清めて一礼して退くと、いよいよ社殿の前に立ちます。お気づきの方も多いと思いますが、社殿の前には必ず「賽銭箱」が有ります。長方形をしており、中央に向かって2枚の板が斜めにとりつけられている箱です。神社や寺には付き物で、私たちは当たり前のようにしてお願い... 続きを読む

冠婚葬祭のマナー

2016-11-10

マナーうんちく話1352《日本人として知っておきたい参拝に関する知識とマナー①》

【鳥居から手水舎】「七五三」を控えて近所の氏神様が身近に感じるようになった人も多いと思います。今では神社は近くにあっても遠い存在になっていますが、もともと日本にはコンビニより神社の方が沢山あり、日常生活に密着していた存在です。そして、その神社にお参りするということ... 続きを読む

冠婚葬祭のマナー

2016-11-09

1件~15件(1,449件)

過去の15件

RSS
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ