コラム一覧

1件~15件(1,706件)

過去の15件

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る」という言葉もあります。江戸時代の高級武士や大名にとって、礼儀作法を身に付けることが当時のエリート社会への登竜門であったのでしょう。つまり武力のみではなく、「礼儀... 続きを読む

マナーの心得

2018-02-21

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降ると、春になれば雪解けの水が田畑を潤してくれるので、秋に実りが多くなるという理屈ですが、これが転じて雪のことを瑞花と表現するようになったそうです。そして2月19日は二... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-02-19

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修会を担当して痛感することが多々あります。大人が子どもとの接し方を間違えると、「思いやり」「感謝」の心の成長が遅れてしまい、未来に支障をきたす恐れがあるでしょう。現... 続きを読む

マナーの心得

2018-02-18

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになったおかげでしょうか・・・。それとも日本が、自由度が高いからでしょうか。ブランド(brand)とは、財やサービスを他の財やサービスと区別するという概念です。平たく言えば自社... 続きを読む

マナーの心得

2018-02-16

マナーうんちく話1617《今流の男の礼儀作法③「礼儀作法は本来男のために作られた」》

マナーに関する講演や研修をかれこれ1000回近く行っていますが、その9割以上は学生、若者、女性対象です。過去に建設業界の経営者、若手僧侶の研修会、大企業の中堅幹部研修会、老人クラブ男性幹部会など男性限定の講演もありましたがわずかです。現在女性の社会進出が地球規模的な課... 続きを読む

マナーの心得

2018-02-15

マナーうんちく話1616《今流の男の礼儀作法②「今、改めて礼儀作法とはなに?」》

【希薄になった日本人の礼儀作法】朝、家族、地域、学校、職場等で人に会ったら「おはようございます」と挨拶ができますか?喫茶店で水とお絞りを持ってきてもらったら「ありがとうございます」とお礼が言えますか?粗相をしたら素直に認めて「ごめんなさい」と謝ることができますか?... 続きを読む

マナーの心得

2018-02-13

マナーうんちく話1615《「聞き上手」と「話し上手」、どちらがいい?》

再び冬将軍がやってきましたね。厳しい寒さを「冬将軍」と擬人化して呼んでいますが、この将軍はナポレオンが関係しています。今から約200年前の話ですが、ナポレオン軍がモスクワに攻め込む際、あまりにも寒さが厳しいので退却を余儀なくされました。ナポレオンが厳しい寒さに打ちのめさ... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-02-11

マナーうんちく話1614《これくらいは心得ておきたい「今流の男の礼儀作法①」》

旧暦では2月は「如月」「衣更着」といわれますが「梅見月」とも呼ばれます。厳しい寒さが少し緩やかになり、梅の便りがちらほら聞こえてくる頃になりました。「春告げ草」という素敵な別名を持つ梅は、奈良時代に中国から留学生により持ち帰えられたといわれています。厳寒の中、百花に先... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2018-02-09

マナーうんちく話1613《「針供養」と女性の品格》

針や糸が女性から遠ざかり裁縫する人は少なくなっているようですが、2月8日は折れたり曲がったりした針を豆腐などにさして供養する「針供養」の日です。但し供養と言っても仏事ではありません。昔の女性にとって縫製は今と異なり、とても重要な仕事です。当時は針が上手に使えることに、... 続きを読む

女子力向上マナー

2018-02-07

マナーうんちく話1612《身近だけど意外に知らない「和の礼儀作法と和食のマナー講座」を開催しまし

厳しい寒さが続き、身も心も引き締まるような中・・・。「赤磐ふれあいアカデミー」の一環として、赤磐市内の和食の店の和室で「和の礼儀作法と和食のマナー講座」を開催しました。【開催の目的】国際化の波を受け欧米から入った文化に押され気味で、自国の文化や作法がおきざれにされてい... 続きを読む

和食テーブルマナー

2018-02-06

マナーうんちく話1611《一年のスタートは「立春大吉」で開運笑福を・・・》

暦の上では春ですが、「春は名のみよ 風の寒さや・・・・」と歌われるように寒さはまだまだ続きそうです。それどころか実は今が一年で最も寒い頃で、只今立春寒波に見舞われています。A型とB型のインフルエンザも猛威を振るっています。しかし裏を返せば、一年で最も寒さが厳しくて、辛... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-02-04

マナーうんちく話1610《節分にはなぜ豆をまき、恵方巻を食べるの?》

2月3日は「鬼は外」でおなじみの節分です。節分はいまでは2月3日しか話題になりませんが、本来は季節の分かれ目ですから一年に4回あります。立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分です。二十四節気の始まりは立春で一年がスタートする日です。つまり正月ですから、その前日の節分は今... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-02-02

マナーうんちく話1609《気分を一新して春を呼ぶ2月の歳時》

2月早々再び雪に見舞われ生活に支障が出そうですが、冬はやがて春になります。ところで日本には旧暦で使用されていた、それぞれの月の風情ある呼び方があります。このコラムでも何度も登場しましたが「和風月名」で、現在の新暦でも同じ呼び方がされています。それによると2月は「衣更着... 続きを読む

歳時記のマナー

2018-02-01

マナーうんちく話1608《30分間、正座ができますか?》

戦後間もない頃の日本人の平均寿命は、先進国の中で最下位クラスだったようですが、今はトップクラスになり名実ともに世界屈指の長寿国になりました。長寿は人類永遠のテーマであり、それを世界に先駆けて達成できたことは誠に目出度いことです。しかし長寿国は裏を返せば高齢者が多い社会で... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2018-01-30

マナーうんちく話1607《これくらいは知っておきたい「六曜」の知識とマナー》

迷信と分かっているけど、無視できないことは多々あります。日常生活の中で根強い影響力を発揮している「六曜」もそうでしょう。人工頭脳が台頭してきた今でも、冠婚葬祭時などにおいては六曜を気にしますが、その意味を正しく理解したうえでそれに従うか、不必要にこだわらないようにするか... 続きを読む

冠婚葬祭のマナー

2018-01-27

1件~15件(1,706件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1617《今流の男の礼儀作法③「礼儀作法は本来男のために作られた」》

マナーに関する講演や研修をかれこれ1000回近く行っていますが、その9割以上は学生、若者、女性対象です。...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ