コラム一覧

1件~15件(1,477件)

過去の15件

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地良い場所も幸せの種を蒔いてくれます。いい言葉しかりです。ところで「敬語」と言われる大変美しい言葉が日本にはあります。相手を思いやる心を言葉に託して発することは素晴... 続きを読む

ビジネスマナー

2017-01-18

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ物や他者に配慮する「美しい食べ方」は、身も心も美しい生き方に直結するわけですが、今の日本では大変軽んじられている気がしてなりません。洋食のテーブルマナーは30年以上、... 続きを読む

マナーの心得

2017-01-16

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のかれます。今ではなじみが薄れましたが1月15日は「小正月」です。別名「女正月」とも言われます。1月1日は「大正月」、または「男正月」といわれ、女性は掃除やお節料理... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-01-14

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約88650店に上るそうです。多くの国で、健康志向を背景に大幅に伸びているそうですが、ユネスコの無形文化遺産への登録も功を奏したようです。加えて、訪日外国人旅行客の増加で、日... 続きを読む

和食テーブルマナー

2017-01-12

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「縁起担ぎ」が多かったことと思います。では人がお月様に行く時代で、コンピューター全盛の今はどうでしょうか?日常生活の中に結構その名残が有ります。例えば大安に結婚式... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-01-10

マナーうんちく話1388《健康は自分自身に贈る最良で最大のプレゼント》

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、今年こそはと新たな目標を定められた方も多いと思います。中でも禁煙やダイエット、あるいは適度な運動など「健康」に関する目標を定められた人も多いと思います。終戦直後の日本は物質的にも非常に貧しく、さらに平均寿命も先進国で最下位クラス... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-01-09

マナーうんちく話1387《志を立てるのに、遅すぎることはありません》

新しい年を迎えて「今年こそは」と志を新たにされた人も多いと思います。また「成人式」を迎えて新たな誓いを立てられる人も多いと思います。しかし中には、「もう年だから」とか、「今さら」と躊躇している人もいるかもしれませんね。このコラムで何度も触れましたが、今や日本は世界屈... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-01-08

マナーうんちく話1386《「人日の節句」と「七草粥」のいわれ》

暦通りの寒い日になりましたが、日差しが少しだけ長くなった気がします。寒いながらも春が確実に近づいているようですね。ところで旧暦の正月は「歳神様」を迎えるとともに「春」を迎える喜びであったわけですが、最近は正月や年中行事、加えて冠婚葬祭の在り方が大きく異なりました。マ... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-01-07

マナーうんちく話1385《「寒の入り」と「寒の水」。水にも美意識を・・・。》

「3が日」が過ぎ、仕事を始められた人も多いと思いますが、季節は一年で最も寒い時期を迎えました。1月5日は二十四節気のひとつ「小寒」です。小寒は「寒の入り」で、立春は「寒の明け」といわれ、この約一か月間が、寒さが厳しい「寒(かん)の内」です。従って「寒中見舞い」はこの期... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-01-04

マナーうんちく話1384《「初日の出」と「ご来光」。日本人が日の出を拝む理由》

新しい年になればすべてのものが変わるというものではありませんが、それでも新年は一つの節目でもあります。色々と気持も新たになります。特に新しいカレンダーを開く時は身が引き締まる思いになります。年が明けて初めて暦を用いることを「初暦」といいます。正月を振り出しに様々な... 続きを読む

日常生活におけるマナー

2017-01-02

マナーうんちく話1383《「明けましておめでとう」の本来の意味》

あけましておめでとうございます。旧年中は「マナーうんちく話」にお付き合いいただき誠にありがとうございました。全国の多くの方と素晴らしいご縁を頂いた事に深謝いたします。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。「元旦」とは「一番初め」という意味で、一年の中でも1月1日だけを... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-01-01

マナーうんちく話1382《終わりよければすべてよし!大晦日は去りゆく年を気持ちよく見送る日です》

いよいよ「大晦日」ですが、今年はどんな年でしたか?「晦日」は月の終わりの日で、特に一年の終わりの月である12月は「大」をつけて一年の最後の区切りにしました。また12月は一年を払い除いて新しい年を迎えるという意味で「除月」とも言い、12月31日は「除日(じょじつ)」といいます。... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-12-31

マナーうんちく話1381《めでたさを醸し出す正月料理のいわれと願い》

「おせち」はもともと五節句に神様にお供えした料理で、雑煮は歳神様にお供えしたお餅を他の料理と共に煮た料理です。いずれも歳神様にお供えした後にそのお下がりを頂くわけです。日本人が親から子、子から孫へ伝えてきた料理には、健康長寿や子孫繁栄の願いが込められています。●お屠蘇... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-12-29

マナーうんちく話1380《「御用納め」と正月飾りに込められた先人の思い》

12月28日は「御用納め」ですね。ちなみに「御用」とはよく時代劇で聞かれますが、本来は朝廷や幕府の公用のことです。従って御用納めとは、国や地方公共団体等の年内最後の仕事日と認識して頂いたらいいと思います。民間企業は「仕事納め」という表現を使いますが、最近ではいずれも仕事... 続きを読む

歳時記のマナー

2016-12-28

マナーうんちく話1379《正しく身につけたい「謝り方」のマナー③》

今回はお詫びをする時に心がけて頂きたいポイントに触れておきます。いつでもお詫びに伺えるものではありません。お詫びのタイミングは「間髪いれずに」ですが相手の都合次第です。また情報が夜遅く入って来た時等は先ずはメールを送信し、状況を正しく把握することが大切でしょう。... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2016-12-26

1件~15件(1,477件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ