プロTOP:平松幹夫プロのご紹介

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(2/3)

テーブルマナーの講習の様子

ホテルマンから転身。人育てのプロへ!

平松さんは、約33年間倉敷市内の老舗ホテルなどで接客に従事してきた元ホテルマン。一般客からVIPまでさまざまな客への接遇を経験し、マナーとコミュニケーション力が磨かれたそうです。「ホテルマンは、サービス業の最たる職業。現場で培ったことを日常生活に生かせるところが私にしかない強みです」。

転機となったのは50歳を過ぎた、同窓会でのこと。「社会的地位を確立し立派に成長した多くの同窓生に対し、自分は現場一筋のホテルマンのまま。このままでいいのだろうか? とふと立ち止まりました。これまでは仕事のためにマナーを実践してきましたが、定年後は、自分の経験を世間のために役立てたい」と意識が変わったそう。そこで、マナーやカウンセリングの理論を学ぶために数々の通信講座を受講。「マナー・プロトコール(国際儀礼)検定資格」「生涯学習インストラクター」「健康生きがいづくりアドバイザー」「シニアライフアドバイザー」などの資格を取得しました。そして退職後、岡山県の「キャリア教育支援員」に採用され、県立高校で高校生へのマナーと面接指導に携わるなど、人育てのプロへと転身したのです。

平松さんが、特に大切にしているのが「テーブルマナー」。「和食をいただく場合は、箸と箸置きを必ず用意しましょう。きちんと箸を置くことで姿勢が良くなり、正しい箸づかいで無駄なく美しく食べるようになります。また『いただきます』『ごちそうさま』という言葉は、食材や料理を作ってくれた人への感謝の気持ちの表れ。マナーを学ぶことで育まれる相手への思いやりの心を、広く皆さんに伝えていきたいのです」と平松さんは力を込めます。

<次ページへ続く>

【次ページ】 コミュニケーションマナーは人間関係の潤滑油

最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

平松幹夫のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は平松幹夫さんが更新している外部メディアサイトです。

google-plus
Google+
ページの先頭へ