プロTOP:平松幹夫プロのご紹介

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(2/3)

テーブルマナーの講習の様子

ホテルマンから転身。人育てのプロへ!

 大学卒業後、人に接する仕事で自分自身を磨きたいとの思いもありホテルマンの道を選んだという平松さん。一般客からVIPまであらゆる客への接遇を経験し、マナーとコミュニケーション力を養ったといいます。「ホテルマンは、サービス業の最たる職業。常に人に頭を下げているような現場で長年培った対人スキルの経験と知識が、私の強みだと思っています」。

  「仕事のために実践して習得したマナーを、定年後に世間のために役立てたい」と、マナーやカウンセリングの理論を通信教育で学び始めました。そして、「マナー・プロトコール(国際儀礼)検定資格」「生涯学習インストラクター」「健康生きがいづくりアドバイザー」「シニアライフアドバイザー」などの資格を取得。退職後に、岡山県の「キャリア教育支援員」に採用され、県立高校で高校生へのマナーと面接指導に携わるなど、人育てのプロへと転身。現在は若者から中高年の就職、再就職、自立支援を始め「幸せ婚」の実現にも積極的に関わっています。

 平松さんが、一貫して大切にしているのが「テーブルマナー」。古今東西「生きることは食べること」は普遍で、食べ方に問題が生ずれば、当然生き方に悪影響を及ぼすという持論の元、すべての人に必要不可欠である「心通わせて食べる」というあり方を説きます。また『いただきます』『ごちそうさま』という言葉は、食材や料理を作ってくれた人への感謝の気持ちの表れでマナーの原点です。マナーを学ぶことで、相手への思いやりの心を育むことができるのですと微笑みます。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「ものの豊かさから心の豊かさへ」。ハッピーな人生を送るために

最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

平松幹夫のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は平松幹夫さんが更新している外部メディアサイトです。

google-plus
Google+
ページの先頭へ