コラム

2014-06-24

鍼(はり)って何で効くの?

はじめまして。はり・マッサージで健康と美をサポートする芦田梨恵です。
鍼灸師になって11年。1番多く聞かれた患者さまからの質問。

「はりって何で効くの?痛くない?」

鍼治療を受けたことのない人は「はりを刺す」というと病院の注射針、もしくは縫い針を刺すイメージが強く「痛そう」と思う方が多いようです。

そこでまず鍼治療に使用する鍼がどういったものか説明していきましょう。

鍼治療で使用する鍼には様々な太さ、長さの物があります。当院では太さ直径0.14mm~0.25mm、長さ15mm~60mmの鍼を使っています。また美容鍼用の鍼は直径0.10mm~用意していてより細い鍼を使用しています。これらの鍼を治療する部位や目的によって使い分けています。
病院で使われる皮下注射用の注射針の外径は0.5mm、内径は0.32mmが一般的といわれています。
太さを比べていただくと鍼治療に対する怖さも軽減するのではないでしょうか。

次になぜ鍼治療が効くのか、です。

簡単に言うと、「鍼を刺すことによって血行が良くなり悪い状態が改善される」ということです。
鍼を刺すということは体の細胞に小さな傷をつけます。(傷といっても微細なもので目に見えるものではありません。)人間の体には本来、自然治癒力が備わっています。体の組織が傷つけられるとそれを修復するために様々な反応が起こります。その際、傷ついた組織の周辺の血流が促進され修復されやすい環境になります。痛みやこりのある部位は部分的に血行が悪くなっているので、血行を改善することにより痛みやこりも改善されます。
鍼治療の優れている点は、部分的に血行が悪くなっているところにピンポイントで作用するということです。鍼を刺す深さを調節することにより、深部の血行を改善させることもできます。

つまり鍼治療は人間が持っている自然治癒力を引き出す手伝いをしているのです。痛みが取れる、症状が改善されるといった効果は本来の治癒力が働いた結果得られるものです。

針治療がなぜ効くか少しでも伝わったでしょうか?
今後は鍼治療のベースとなる東洋医学についてやどういった症状が鍼治療で改善するか、などを紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします!

この記事を書いたプロ

めぐみ治療室(松浦治療分院) [ホームページ]

あん摩マッサージ指圧師 芦田梨恵

岡山県岡山市北区絵図町1-50 OSKスポーツ岡山健幸プラザ3F [地図]
TEL:086-250-6861

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
めぐみ治療室|院長・芦田梨恵さん

はり・マッサージで<美しい笑顔はまず健康から>を提案(1/3)

 めぐみ治療室は、スポーツ鍼灸で有名な松浦治療(岡山県倉敷市新倉敷駅前)の分院として、2010年に開院。院長を務める芦田梨恵さんとパートナーである井田果里さんの女性2人が、はり、あんま、マッサージの治療にあたっています。 女性も行きやすい...

芦田梨恵プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

はり・灸・マッサージで身体の悩みを解決

医院名 : めぐみ治療室(松浦治療分院)
住所 : 岡山県岡山市北区絵図町1-50 OSKスポーツ岡山健幸プラザ3F [地図]
TEL : 086-250-6861

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-250-6861

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芦田梨恵(あしだりえ)

めぐみ治療室(松浦治療分院)

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
「2014さん太マルシェ山陽新聞創刊135周年感謝祭ー地域へありがとう」に参加しました!
イメージ

10月25日(土)、26日(日)と開催された「2014さん太マルシェ山陽新聞創刊135周年感謝祭ー地域へありがとう」に参加さ...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ