著書

10秒顔さすりで老眼、近視、緑内障はよくなる

イメージ

主婦の友社より新刊が発売されます。
2016年12月
著 :内田輝和 監修:山口康三

老眼、近視、緑内障、白内障、黄斑変性、ドライアイ、疲れ目・・・
目に関する病気や悩みは数多くあり、現代人ではほとんどの方が
そういった症状に悩まされています。
当院にも緑内障や、疲れ目で来られる患者様がおおくいらっしゃいます。
そういった目の症状の原因には目への血流循環の悪さ、更には生活習慣の悪さがあります。
本書では回生眼科院長の山口康三先生監修のもと顔をさすって
目の周りの筋肉をほぐし、目への血流をよくする「顔さすり」の方法をご紹介しています。
簡単にどなたでも行える「顔さすり」は、目の様々な症状に効果があります。
是非、ご自宅で試してみてください。
当院でも販売しております。気になることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事のURL

尿漏れ・頻尿は自分で治せる!

イメージ

他人に知られず自力で改善!

骨盤まわりからお尻、太ももまで下半身の筋肉強化で尿漏れ・頻尿は防げる!

尿もれや頻尿といった「下半身の悩み」は病院に行くのも人に相談もしにくいものです。

夜間頻尿のために、睡眠不足に陥る人もいます。

本書では簡単な下半身の筋肉を鍛える体操をご紹介しています。

排尿という行為は毎日の生活に欠かせないものです。

その行為が煩わしければ快適な人生は送れません。

どれも1回の動作にかかる時間はわずか10秒。

1ヶ月もすれば外出時などの不安が解消されていることでしょう。

皆さんの人に言えない悩みが解消されることを願ってやみません。

この記事のURL

坐骨神経痛を自分で治す! 台湾版

イメージ

たくさんの方にご好評を頂いている
坐骨本が初めての海外出版!!!
台湾で発売となりました。

日本を超えてより多くの方に
手に取ってもらえるように
なりました!!!

この記事のURL

自分で歩けないほどの変形性ひざ関節症が「7秒体操」で劇的に治った!

イメージ

歩くためには、ひざがしっかりしていなければなりません。ところが年齢とともに、ひざが故障して痛みが出てくることがあります。ひざが痛ければ、歩くのが難しくなります。


この加齢によるひざの痛みのほとんどは、変形性ひざ関節症という病気によるものです。歩くために不可欠のひざ関節が変形して痛みが出てくるのです。


一度変形した関節は、なかなか元には戻りませんが、早めに気付けば、進行を止めることができます。そのために必要なのが太ももの筋肉です。ひざ関節は骨や軟骨でできていますが、それを太ももの筋肉が支えています。この筋肉がしっかりしていれば、ひざは守られるので簡単には変形しません。
逆にすでに痛みが出始めている人でも、筋トレをして筋肉を鍛えると、ひざ痛が改善します。


筋トレとか運動療法と聞くと「大変そう」と思われる方も多いと思います。しかし、安心してください。ひざ痛を改善するための筋トレは簡単に覚えられます。しかも、1動作にかかる時間はたったの7秒、題して「7秒体操」です。どんなに運動が苦手な方でも続けられます。


ひざ痛でお困りの方は、さっそく7秒体操を始めていただき、自分の足で歩けることの幸せを感じていただきたいと思っています。

この記事のURL

100歳まで歩ける!一生寝たきりにならない!自力でできる0円「ペットボトル1分体操」

イメージ

同じ年齢なのに、実年齢より若く見える人がいる一方、びっくりするほど老けて見える人もいます。その差はどこからくるのでしょうか。

年をとっても、姿勢よく大股で歩ける人もいれば、小さな歩幅で下を向いて歩いている人もいます。「この人は老けているなぁ。」と思うのは後者の方です。この二人の違いは筋力の差にあります。


筋力がないと、体が重く感じられりので大股で歩けません。また背筋を伸ばして立つのも難しくなります。こもため筋力のない高齢者は、腰が曲がってヨチヨチ歩きになるのです。

こうした歩き方では、すぐ疲れてしまうので長い距離を歩けません。しかし、筋肉は常に負荷をかけていないと維持できないため、歩かない人の筋肉はさらに低下します。


筋肉が低下すればするほど、歩けなくなります。そして最後はほとんど歩けなくなります。高齢者が歩けなくなるのは、こうした筋力低下が一番の原因なのです。

寝たきりを防ぐための筋力をつけるのに、激しい筋トレは不要です。また、全身の筋肉を鍛える必要もありません。大事なのは下半身の筋肉、なかでも「大臀筋」というお尻の筋肉が最も重要です。

大臀筋は全身の支えとなる筋肉なので、ここを鍛えるとそれに伴って全身の筋肉も強化されるのです。


大臀筋のトレーニングなら、時間も正味分もあれば十分。そのための方法として、私が考案したのがペットボトル1分体操です。空のペットボトルを使うだけで、効率よく大臀筋を鍛えることができるのです。

本書で紹介するペットボトル1分体操を習慣にすれば、90歳になっても自分の足で歩けます。筋力の衰えを感じている人は、ぜひ始めてみてください。

この記事のURL

自力でできる「1分筋トレ」で坐骨神経痛が劇的に治った!

イメージ

坐骨神経痛は、お尻から太もも、ふくらはぎ、足にかけて痛みやしびれが生じる症状です。
一般に坐骨神経痛の原因は腰椎の変形にあるとされています。よく知られている病気に、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症があります。坐骨神経痛で整形外科を受診すると、このような病名をつけられることがあります。

しかし、こうした病名がつく坐骨神経痛はそれほど多くはありません。坐骨神経痛を訴えているのに、病院の先生からは「どこにも異常は見つかりません」とか「悪いところはありません」と言われる患者さんもいます。

私の経験から言うと、骨などに異常が発見されない場合、坐骨神経痛の原因は腰椎ではなく、筋肉にあると考えられます。

私は自分の治療院に来た患者さんに筋トレ方法を教えていますが、みなさん実行されています。そして、坐骨神経痛を克服されています。本書ではそのやり方を具体的に示しています。

坐骨神経痛で悩んでいる多くの人が、この1分筋トレで、痛みやしびれから解放される事を願っています。

この記事のURL

坐骨神経痛を自分で治す!

坐骨神経痛は自分で治す

坐骨神経痛は、お尻から太もも、ふくらはぎ、足にかけて痛みやしびれが生じる症状です。

主な原因はお尻の筋力低下です。

お尻の筋肉は加齢や運動不足で低下するため、程度な負荷をかけてトレーニングしなければなりません。

「どこに行くにも車で移動」
「エスカレーター、エレベーターばかり使って階段は使わない」
このようなことはありませんか?

便利になった現代の生活は、筋肉量の低下を加速させているのです。

こうした生活は足腰の筋肉を弱らせますが、なかでも深刻なのがお尻の筋肉です。

お尻の筋肉が落ちると、体温を保持する力が衰えるので、冷えやすくなり、血行が悪くなります。血行が悪くなると、神経に栄養が十分に運ばれにくくなります。その結果、神経がちょっとしたことで傷つきやすくなります。

また筋肉量が減って、いわゆる筋肉がやせた状態になると、血管は圧迫されやすくなり、これもまた血流を悪化させる原因になり、筋肉がやせると神経も圧迫されやすくなります。

血行不良や神経の圧迫は、一時的に改善させることができます。しかし、一時的に良くなっても、今までと変わらない運動不足が続く生活をしていると、再び痛みやしびれの症状が出てきます。

そうならないようにするためには、お尻の筋肉に適度な負荷をかけて、筋肉量を増やす以外にありません。

しかし、今まで運動の習慣のかかった人がトレーニングを始めるのはなかなか大変です。

でもそんな心配は無用です。
坐骨神経痛の症状を取るための運動は簡単で誰にでもできますし、時間も1~2分程度ですみます。

この本ではそのトレーニングの仕方も具体的に示しました。坐骨神経痛で悩んでいる多くの人が、この簡単トレーニングで、痛みやしびれの症状から解放されることを願ってやみません。

是非、坐骨神経痛でお悩みの方は本を読み実践して頂きたいと思います。

この記事のURL

「1分下半身筋トレ」でやせる、不調が消える

「1分下半身筋トレ」でやせる、不調が消える

お尻と太ももをはじめとする下半身の筋肉は、女性の大切な骨盤を支え、安定させています。

下半身の筋肉がねぼけてうまく働かない状態、すなわち「筋ボケ」になると、骨盤も不安定になり、ゆがみが生じます。

私が考案した「下半身筋トレ」は、どれも1セットわずか約1分ででき、運動が苦手な人や体力に自信がない人にも簡単にできるように考えてあります。

下半身の「筋ボケ」を解消することで、女性特有の不調はもちろんのこと、スッキリとシェイプアップします。

あなたもぜひ「1分下半身筋トレ」で、元気で健康なカラダと、引き締まった美しいプロポーションを手に入れてください。

この記事のURL

大学教授が教える 本当に効くツボ

大学教授が教える 本当に効くツボ

あなたはツボに対して、どんなイメージを持っていますか。

「なんだかむずかしそう」
「薬を飲んだ方が手っ取り早いのでは」
「場所がわかりづらい」
そんなイメージを持っているとしたら、それは間違いです。

ツボ刺激はとても簡単です。

自分の手を使って、いつでも、どこでも、不快症状を取り除くことができます。

薬は確かに即効性がありますが、飲み合わせに気をつけなければならなかったり、副作用が気になったりします。

しかし、ツボならば肩こりと腰痛に対し同時にアプローチすることができるうえに、副作用もありません。

また、急な症状や、医療機関に行くほどではないけれど気になる症状などにも効果があります。

今回は、大学という最高学府で実際に私が教えている、とっておきの超特効ツボを紹介します。


知っているのと知らないのとでは大違いのツボの効果を、ぜひ体験してみてください。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
著書
イメージ

主婦の友社より新刊が発売されます。2016年12月著 :内田輝和 監修:山口康三老眼、近視、緑内障、白内障、黄斑変性、ドライアイ、疲れ目・・・目に関す...

 
このプロの紹介記事
考案した抗重力療法について語る内田輝和さん

健康管理に役立つ鍼灸の素晴らしさを伝えたい(1/3)

 「細いはり1本で患者さんがにこにこして帰っていく光景にくぎ付けになりました。東洋医学の鍼灸(はり・きゅう)と手で治せるのですから」と鍼灸のプロを志したきっかけを目を輝かせながら振り返るのは、鍼灸(しんきゅう)院「鍼メディカルうちだ」(岡山...

内田輝和プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

独自に確立した治療法で免疫力アップ

医院名 : 鍼メディカルうちだ
住所 : 岡山県岡山市北区本町5-20 高島屋東館3F [地図]
TEL : 086-232-6110

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-232-6110

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田輝和(うちだてるかず)

鍼メディカルうちだ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ぜんそく・セキ
イメージ

表裏関係にある肺と大腸のツボ季節の変わり目で、朝晩が肌寒く感じる様になってきました。秋は東洋医学的に...

東洋医学講義
イメージ

昨日、岡山大学医学部3年生120人を対象に東洋医学の講義を行ってきました。この講義は選択授業から必須授業...

肩こり
イメージ

肩こりの主な原因は肩周辺の血液が滞ることによって疲労物質が溜まることです。東洋医学でも、肩や腰、ひじ、...

胃もたれ・食欲不振
イメージ

蒸し暑くジメジメした梅雨がやってきました。湿度が高くなるこの時期は、「湿邪」が体内に侵入しやすくなります...

頭痛
イメージ

冬の寒さも弱まり、春らしい季節になってきました。東洋医学的には春は「肝」と関わりが深い季節になります。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ