コラム

 公開日: 2016-04-06 

頭痛

冬の寒さも弱まり、春らしい季節になってきました。

東洋医学的には春は「肝」と関わりが深い季節になります。
肝には昇発作用があり、これは春に樹木が生き生きとするように身体に生気を巡らせることをいいます。

4月からの新生活で生活環境が変わるなどで昇発作用が過度になりすぎると、頭痛やめまいなどの症状があらわれるようになります。

そこで今回は頭痛に効くツボを紹介します。
頭痛を治す時に用いるツボは「列欠」というツボが効果的です。




探し方
手首を軽く内側に曲げるとシワができます。そのいちばん上に反対側の手の中指と人差し指をそろえて置きます。人差し指の下で脈がふれる場所が列欠になります。


刺激法
ツボを指でとらえ、円を描くようにして1~2分間刺激します。



頭痛にはたくさんの種類がありますが、片頭痛や眼の疲れ、ストレスなどから来る頭痛や、風邪による頭痛に効果的です。ただし、二日酔いからくる頭痛には、二日酔いに効くツボ「魚際」を押した方が良いでしょう。

この記事を書いたプロ

鍼メディカルうちだ [ホームページ]

あん摩マッサージ指圧師 内田輝和

岡山県岡山市北区本町5-20 高島屋東館3F [地図]
TEL:086-232-6110

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
著書
イメージ

他人に知られず自力で改善!骨盤まわりからお尻、太ももまで下半身の筋肉強化で尿漏れ・頻尿は防げる!尿もれや頻尿といった「下半身の悩み」は病院に行くのも人...

 
このプロの紹介記事
考案した抗重力療法について語る内田輝和さん

健康管理に役立つ鍼灸の素晴らしさを伝えたい(1/3)

 「細いはり1本で患者さんがにこにこして帰っていく光景にくぎ付けになりました。東洋医学の鍼灸(はり・きゅう)と手で治せるのですから」と鍼灸のプロを志したきっかけを目を輝かせながら振り返るのは、鍼灸(しんきゅう)院「鍼メディカルうちだ」(岡山...

内田輝和プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

独自に確立した治療法で免疫力アップ

医院名 : 鍼メディカルうちだ
住所 : 岡山県岡山市北区本町5-20 高島屋東館3F [地図]
TEL : 086-232-6110

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-232-6110

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田輝和(うちだてるかず)

鍼メディカルうちだ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ぜんそく・セキ
イメージ

表裏関係にある肺と大腸のツボ季節の変わり目で、朝晩が肌寒く感じる様になってきました。秋は東洋医学的に...

東洋医学講義
イメージ

昨日、岡山大学医学部3年生120人を対象に東洋医学の講義を行ってきました。この講義は選択授業から必須授業...

肩こり
イメージ

肩こりの主な原因は肩周辺の血液が滞ることによって疲労物質が溜まることです。東洋医学でも、肩や腰、ひじ、...

胃もたれ・食欲不振
イメージ

蒸し暑くジメジメした梅雨がやってきました。湿度が高くなるこの時期は、「湿邪」が体内に侵入しやすくなります...

教え子の卒業式
イメージ

3月23日に倉敷芸術科学大学の卒業式が行われました。教え子達の門出は毎年こみあげてくるものがあるもので...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ