コラム

 公開日: 2016-04-29  最終更新日: 2016-05-30

接遇から学ぶ ~激怒している方へのクレーム対応方法~


クレームを寄せてくるお客さまの中には、「怒りがおさまらない」といった状況の場合もあります。
お客さまが激怒しているようなときは、お客さまの心の中に溜まっているものをすべて出してもらうために、まずお客さまの話を聴きましょう。
お客さまが感情的になっているときも接遇の心を持ち、落ちついて対応することが大切です。

激怒している方に必要なのはクールダウンするための3分間

怒りが大きく、感情的になっているお客さまからクレームが寄せられることもあります。そんなときはまず、お客さまにお詫びを伝えます。そして、お客さまの話を聴くことに徹しましょう。お客さまの心の中に溜まっている不満や不安を、すべて出し切ってもらうのです。

厳しい言葉で感情をあらわにするお客さまもいらっしゃいますので、黙って聴くことは辛いこともありますが3分間を目安に、お客さまの話を聴くようにしてください。

「クレームで、しかもとても怒っている。嫌だな…」といった気持ちが心の中にあると、お客さまとのあいだに距離が生まれてしまいます。お客さまの真意を理解するためには、「お客さまの困りごとはなんだろう?どうすればお客さまのお気持ちに添えるのだろう」と、お客さまの立場に立って考えることが大切です。

お客さまにご迷惑やご不便、不快な思いをさせてしまったことをお詫びすること、素直な気持ちで話を傾聴すること、クレームの原因などを明らかにするために正確にメモを取ること。これらのことを心に留めて、お客さまに接するようにしましょう。

守るべきは会社や自分の立場ではなくお客さま

企業や店舗にお客さまからクレームが寄せられたときには、「自分には関係ない」といった他人事のような態度は厳禁です。企業や店舗の代表として、わが身で真摯に受け止めるようにしましょう。

そして、お客さまにお詫びをする際は、企業や店舗の名誉を守るためではなく「目の前にいるお客さまのため」という気持ちで謝罪することが大切です。

保身は相手に伝わります。不快な思いや怒りを抱いているお客さまは、気持ちのない言葉に敏感に反応します。不便や迷惑を被ったお客さまに寄り添い、誠意を込めてお詫びの言葉を伝えるなど、気持ちを鎮めてもらえるように努めてください。

激怒しているお客さまの気持ちに共感する姿勢を

感情的になっているお客さまを目の前にして、焦る気持ちが出るのは当然のことでしょう。早く解決しなければと急ぐ気持ちもわかりますが、こういった状況では良い結果は望めません。相手が感情的になっているからこそ、冷静にそして丁寧に対応するように心掛けてください。

お客さまの怒りを増幅させないように、「いいえ違います」「それはできません」「わかりません」など、言い訳や反論をするような言葉を使わないように十分に気をつけましょう。

あいづちをうつときは「なるほど、おっしゃる通りです」「○○につきまして、ご迷惑をおかけしております」「不快な思いをされたことと存じます。申し訳ございません」など、誠意が感じられる言葉を用いて、お客さまに共感することが大切です。共感することで、お客さまは自分の気持ちを理解してもらえた、と感じることができます。

お客さまの気持ちを理解するためには、お客さまが話しやすい環境を用意することも大切です。応接室など、リラックスして話ができる部屋にお客さまをお通しするのも接遇マナーとして欠かすことができない要素です。

この記事を書いたプロ

ESA人材プロデュース [ホームページ]

マナー講師 小原悦子

岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 4階 [地図]
TEL:086-800-1367

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
内定、おめでとう!Aさん

4月9日現在、就職活動も動きがたくさんありました。レッスンで、内定を頂いたことをご報告させていただいた際に、先生や先輩方が「おめでとう!!」と言って下さ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
客室乗務員の経験を生かしてマナーを教える小原悦子さん

就職活動やビジネスに役立つ実践的なマナーで可能性を広げたい(1/3)

 JR岡山駅前の目抜き通り・桃太郎大通り沿いの商業ビルの6階に「ESA人材プロデュース」があります。優しい笑顔で迎えてくれたのは、代表の小原悦子さん。大手航空会社での客室乗務員の経験を基に、接遇・マナー講師として活躍しています。大阪府池...

小原悦子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

26年の指導経験と豊富な合格実績をもつ元客室乗務員が実践指導

会社名 : ESA人材プロデュース
住所 : 岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 4階 [地図]
TEL : 086-800-1367

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-800-1367

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小原悦子(おはらえつこ)

ESA人材プロデュース

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

【研修】教えていただいた言葉や応対のやり方が、頭の中でイメージできました。

二日間、クレーム電話応対研修をしていただき、ありがとうご...

F
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新年の目標に向けて 〜 助成金を活用した企業・医院の社員・スタッフ研修の実施 〜
イメージ

慎んで新年のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 新しい年を迎え、新たな...

[ 病院、医院、クリニック【研修/接遇マナー ]

履歴書の証明写真が第一印象を決める!【就職/就活/転職】
イメージ

 第一印象を決める履歴書の証明写真 就活や転職では応募提出書類の一つとして、事前に履歴書の提出を求め...

就職面接試験 〜他の受験者と応えが同じ場合〜【就活】
イメージ

 同じ応えの場合 売り手市場といわれる中での就活ですが、面接試験はやはり緊張するものです。就活生...

[ 就活〜面接試験対策〜 ]

テーブルマナーが大切な理由を実感【マナー】
イメージ

爽やかな春の日、フレンチレストランでテーブルマナーのレッスンを行いました。選んだフレンチレストラン...

[ エレガントマナー ]

就職面接試験での効果的な答え方 〜アルバイト経験について〜 【就活】
イメージ

 答え方でコミュニケーション能力を測られる 面接試験では自己紹介や自己PR、志望理由などの基本的な質...

[ 就活〜面接試験対策〜 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ