コラム

 公開日: 2016-04-22  最終更新日: 2016-05-30

接遇から学ぶ ~自分の会社に非がない場合のクレーム対応~


自分たちの会社や店舗などに非がない場合でも、クレームが寄せられることがあります。しかし「うちには関係ない」と突き返すのではなく、まずは話を聴き、相手が落ち着いてから事情を説明しましょう。
目の前の困っているお客さまに対して、自分たちは何ができるのかを考え行動することが大切です。

お客さまの勘違いなどによるクレームでも、まずは最後まで話を聴く

自分たちの企業や店舗に非がない場合であっても、お客さまから苦情などが寄せられる場合があります。自分たちには何の落ち度もないのに、理不尽だと感じるかもしれませんが、そういうときも接遇の心で対応しましょう。

まず、お客さまが納得されるまで、話を遮らずに最後まで聴くことが大切です。「お客さまの勘違いでは?」「私たちには関係ないのでは?」といった気持ちは、表情や聞く姿勢に表れますので、お客さまが困っている状況に対して心を配り、話を聴くようにしましょう。

また、クレームの内容をきちんと把握しないまま「すべて当社の責任です」といった発言をするのも良くありません。こういった言葉は、後々、さらに大きなトラブルに発展する可能性がありますので、お客さまの話をきちんと聞いてメモを取りましょう。

自分たちに非がない場合は同調や同意をしない

クレームの中には、自分たちの企業や店舗などに非がなく、お客さまのわがままによるクレームが存在するのも事実です。しかし、どんな場合であっても「私たちの会社や店には関係ないから」という対応は避けてください。現在のお客さま、または将来のお客さまに対して、誠意のない対応をするのは良くありません。

自分たちに非がない場合は、「申し訳ございませんでした」「おっしゃる通りです」など、お相手に同調したり同意したりしないように注意しましょう。場合によっては「非を認めたのだから、意向を受け入れてくれるはずだ」と、無理な要求をされる可能性もあります。

お相手の話を最後まで聴いた後、こちらの事情を説明し「恐れ入ります。○○についてはご理解いただけると思いますが、いかがでしょう?」というふうに、お相手の了解や同意をもらえるようなお声掛けをしていきましょう。

また、無理な要求があった場合は、なぜその要求に応えられないかという理由を明確に説明することが大切です。

困っているお客さまに対して「自分たちができること」を考える

状況にもよりますが、お客さまがクレームを言うのには何らかの理由があります。代表的な心理パターンとして、購入・利用した商品やサービスに対して不備などがあって「お金を払っているのに損をしたくない」といった気持ちや「買った○○で××をしようとしていたので、できなくて困っている」「もっと商品・サービスを良くしてあげたい」「なんだか、イライラして気に食わない。腹が立つ(自分のストレス発散なども含まれます)」などがあげられます。

常にお客さまがクレームを発する原因は何かを推し量り、それに合わせて対応していけるように接遇マナーを身に付けておきましょう。
クレームの原因に対処することも大切ですが、お客さまの気持ちに応えることも大切です。
例え自分たちに非がないとしても、目の前の困っているお客さまに対して「自分たちは何ができるのか」ということを考えて行動しましょう。

この記事を書いたプロ

ESA人材プロデュース [ホームページ]

マナー講師 小原悦子

岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 4階 [地図]
TEL:086-800-1367

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
内定、おめでとう!Aさん

4月9日現在、就職活動も動きがたくさんありました。レッスンで、内定を頂いたことをご報告させていただいた際に、先生や先輩方が「おめでとう!!」と言って下さ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
客室乗務員の経験を生かしてマナーを教える小原悦子さん

就職活動やビジネスに役立つ実践的なマナーで可能性を広げたい(1/3)

 JR岡山駅前の目抜き通り・桃太郎大通り沿いの商業ビルの6階に「ESA人材プロデュース」があります。優しい笑顔で迎えてくれたのは、代表の小原悦子さん。大手航空会社での客室乗務員の経験を基に、接遇・マナー講師として活躍しています。大阪府池...

小原悦子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

26年の指導経験と豊富な合格実績をもつ元客室乗務員が実践指導

会社名 : ESA人材プロデュース
住所 : 岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 4階 [地図]
TEL : 086-800-1367

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-800-1367

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小原悦子(おはらえつこ)

ESA人材プロデュース

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

【就活】どんな選考試験にも対応できる内容で、大変ためになりました。

身だしなみやお礼の仕方、会社へのメールの書き方など、 戸...

RS
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新年の目標に向けて 〜 助成金を活用した企業・医院の社員・スタッフ研修の実施 〜
イメージ

慎んで新年のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 新しい年を迎え、新たな...

[ 病院、医院、クリニック【研修/接遇マナー ]

履歴書の証明写真が第一印象を決める!【就職/就活/転職】
イメージ

 第一印象を決める履歴書の証明写真 就活や転職では応募提出書類の一つとして、事前に履歴書の提出を求め...

就職面接試験 〜他の受験者と応えが同じ場合〜【就活】
イメージ

 同じ応えの場合 売り手市場といわれる中での就活ですが、面接試験はやはり緊張するものです。就活生...

[ 就活〜面接試験対策〜 ]

テーブルマナーが大切な理由を実感【マナー】
イメージ

爽やかな春の日、フレンチレストランでテーブルマナーのレッスンを行いました。選んだフレンチレストラン...

[ エレガントマナー ]

就職面接試験での効果的な答え方 〜アルバイト経験について〜 【就活】
イメージ

 答え方でコミュニケーション能力を測られる 面接試験では自己紹介や自己PR、志望理由などの基本的な質...

[ 就活〜面接試験対策〜 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ