コラム

 公開日: 2016-02-18  最終更新日: 2016-05-30

看護師や介護職員が入浴時に求められる質の高い介護接遇


医療や介護従事者は、患者様や利用者様の入浴を介助する役割もあります。

入浴は、患者様や利用者様の身体を清潔に保ち、気分転換になるなど心身の健康に大きな意味を持ちます。
なお、入浴では患者様や利用者様のとてもデリケートな部分に携わることになりますので、介助にあたる際は患者様や利用者様の心情にも十分に配慮する必要があります。

入浴は身体を清潔に保つほか、精神の安定にも

医療や介護の現場では、患者様や利用者様の入浴介助を行います。

生活習慣のひとつ、入浴には大きな意味があります。身体を清潔に保つことのほか、血液の循環を促し新陳代謝をあげる、感染症などを予防する、気分転換ができてストレス解消になる、心身がほぐれてリラックスできる、などの効果があげられます。

入浴などにより身体の汚れを落とすことで爽快感が得られ、全身をあたためることで安心感に包まれるなど、精神的にも安定します。

衣服を脱いで心身ともに解放される入浴ですが、患者様や利用者様のデリケートな部分に携わることになりますので心のケアも欠かせません。患者様や利用者様の心情を十分に推し量りながら、介助を行うようにしてください。

シャワーの温度はまず自分の肌でチェックし、患者様や利用者様の足もとにかけて温度を確認してもらいましょう。その際、「お湯を足もとにかけますね。熱くありませんか?」とお声掛けを忘れずに。

お風呂は事故の多い場所でもあります。浴槽に入る際などに「右足をあげましょうか。私が○○さんを支えていますから大丈夫です」といった言葉をかけながら、焦らずゆっくりと、すべての動作に対して言葉をかけながら介助しましょう。

患者様や利用者様の不安や恐怖の軽減に努める

医療や介護の現場では、患者様や利用者様の心身の状態により入浴するかどうかの判断を行います。

ときには、患者様や利用者様が入浴を拒否する場合も出てきます。着替えそのものが面倒であったり、人前で服を脱ぐことに抵抗があったり、患者様や利用者様により理由はさまざまです。

患者様や利用者様が入浴を拒む理由を、まわりのご家族などからお伺いするほか、ご本人とのコミュニケーションで探り、不安や恐怖を軽減するように努めましょう。

認知症などで理解力が低下している場合、入浴の意義がわからず、入浴そのものに対して不安や恐怖を抱いていることがあります。
入浴の際に怒られた、無理強いされたことなどが忘れられず、嫌な思い出となって記憶に残っているのです。

また、被害妄想などで「入浴中に貴重品が盗られてしまう」と心配して拒む方もいらっしゃいます。こういった妄想も不安が原因になっていることが多いので、気持ちを和らげるために、ジッパー付きのビニール袋に患者様や利用者様が大切にしている貴重品を入れて浴室に持ち込むなど、不安の種を丁寧に摘み取っていきましょう。

強い言葉で注意したり、強引に洋服を脱がせたりするのは良くありません。わかりやすい言葉でゆっくりと説明して、患者様や利用者様に納得してもらうことが大切です。

どうしても嫌がるときは無理強いをせず、患者様や利用者様が興味を持つ話題をする、あるいは散歩に出るなど、気分転換をしてもらうのも良いでしょう。

医療や介護従事者は、どんな場面においても、患者様や利用者様がリラックスできるような環境を用意することが大切です。
安全に入浴を終え、利用後に「気持ち良かった」と心から思ってもらえれば、患者様や利用者様にとって良い記憶となり、入浴を楽しみにしてもらうことができます。

患者様や利用者様から心身を委ねてもらえるよう、日ごろから積極的な挨拶や笑顔での声がけなどでコミュニケーションを深め、信頼関係を築いておきましょう。

患者様や利用者様に触れる手から心が伝わる

最後に、ベッドの上で患者様や利用者様の身体をふく清拭についてもお話しします。
清拭は、入浴できない方の身体を清潔に保つ手段としてとても大切なケアです。

入浴と同様、患者様や利用者様の体調を確認してから行うことはもちろんですが、患者様や利用者様の身体が冷えないように、事前にお部屋を暖める、カーテンを閉めるなど環境にも配慮しましょう。さらに、患者様や利用者様のお肌の露出に十分に配慮しながら、身体を拭いていきます。

このときも、患者様や利用者様に「タオルは熱くありませんか?」などのお声掛けをしながら、ケアを進めましょう。

ベッドの上で過ごす時間が長い患者様や利用者様にとって、入浴・清拭はリフレッシュできる貴重な機会です。
思いやりの気持ちを優しい笑顔と声がけに表し、清拭の力加減や動かすスピードなどにも配慮すると、心地よい印象を与えることができます。

入浴・清拭の際は、患者様や利用者様の身体に触れる手などからも、医療・介護従事者の心模様が伝わります。常に相手の立場にたって、思いやりの心を忘れずに接するようにしてください。

この記事を書いたプロ

ESA人材プロデュース [ホームページ]

マナー講師 小原悦子

岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 4階 [地図]
TEL:086-800-1367

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
内定、おめでとう!Aさん

4月9日現在、就職活動も動きがたくさんありました。レッスンで、内定を頂いたことをご報告させていただいた際に、先生や先輩方が「おめでとう!!」と言って下さ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
客室乗務員の経験を生かしてマナーを教える小原悦子さん

就職活動やビジネスに役立つ実践的なマナーで可能性を広げたい(1/3)

 JR岡山駅前の目抜き通り・桃太郎大通り沿いの商業ビルの6階に「ESA人材プロデュース」があります。優しい笑顔で迎えてくれたのは、代表の小原悦子さん。大手航空会社での客室乗務員の経験を基に、接遇・マナー講師として活躍しています。大阪府池...

小原悦子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

26年の指導経験と豊富な合格実績をもつ元客室乗務員が実践指導

会社名 : ESA人材プロデュース
住所 : 岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル 4階 [地図]
TEL : 086-800-1367

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-800-1367

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小原悦子(おはらえつこ)

ESA人材プロデュース

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

【研修】これからはマナーを意識してお客 様の前に立ちたいとおもいます。

本日はマナー研修ということで、あいさつ、身だしなみなど、 ...

W
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
履歴書の証明写真が第一印象を決める!【就職/就活/転職】
イメージ

 第一印象を決める履歴書の証明写真 就活や転職では応募提出書類の一つとして、事前に履歴書の提出を求め...

マニュアル以上の接客サービスが利益アップにつながる【接客サービス研修】
イメージ

 気の利いた領収証の渡し方 今日、行きつけのレストランでビジネスランチをとりました。いつもながらの美...

[ 研修:接客・サービス ]

浴衣を着た時の美しい仕草 【浴衣のマナー】
イメージ

 浴衣を着た時の美しい仕草【浴衣のマナー】 夏祭りや花火大会など、浴衣を着てお出かけすることが多い...

[ マナー ]

効果的な ‘挨拶’ でリピーターの獲得を! 【接客・サービス】
イメージ

今朝、一人で駅に向かって歩いていると、一人の女性が私に向って、笑顔を浮かべながら近寄ってこられました。シ...

[ 研修:接客・サービス ]

社員研修で売上げアップ!【社員研修】
イメージ

社員研修に力を入れる企業さんが増えています。先日もテレビ番組で、コンビニの店長とスタッフの研修を...

[ 研修:接客・サービス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ