コラム

 公開日: 2017-09-01 

タイルの床に暖房を設置する際に知っておきたいこと

タイルの床は一度暖かくなれば、長く熱を保つことができるため床材としておすすめです。

フローリングの床が暖まるまでの時間は、タイル床より短いです。
ただ、暖まった後は、温度を維持する能力はタイルの床と比較しても低く、温度が下がると床暖房パネルが運転するために電気代などが必要になり、光熱費などが高くなってしまう場合があります。

家で過ごす時間が多い家庭では、蓄熱性のあるタイル床が向いています。

夫婦共働きで、日中、家にほとんどいないご家庭は、暖まるまで時間がかからないフローリング床が向いています。

キッチンはタイルの床にすれば、水や傷に対して強いので劣化も少なく、掃除も簡単になります。

タイルが床暖房に適している理由について

タイルを床材として使う場合、夏は表面がひんやりとして心地よいですが、冬はタイルの表面が冷たくて足元が寒いといった声があります。

冬場の寒さ対策には床暖房がおすすめです。タイルは床材の中でも熱伝導率が高く、床暖房に非常に適しています。

熱伝導率とは簡単に説明すると、熱の伝わりやすさのことです。熱伝導率が高いと熱が伝わりやすく、熱伝導率が低いと熱が伝わりにくいということになります。

床材は、断熱効果の面で考えれば、熱伝導率が低いほうが良いと考えられますが、床暖房の仕上げ材として考えるなら熱が伝わりやすい、つまり熱伝導率が高いほうが良いと考えられます。

「タイル床+暖房」の弱点について

タイルは、蓄熱性にも優れていて、熱伝導率がフローリングの約10倍、蓄熱性は約2倍と言われています。

タイルにはコンクリートに似た性質があり、一度温度が上がると、ゆっくりと熱を放出します。このようなことから、タイルに床暖房を組み合わせると、熱が伝わりやすいのでスピーディーに暖かくなり、ゆっくりと熱を放出し冷えにくいと考えられます。

しかし、注意点として挙げるならばタイルの床は一気に暖かくなりません。

熱が伝わりやすいはずのタイルの床が、暖まるまでにそれなりに時間を要する理由は、タイルを敷く際の下地にあります。

木造建築のフローリングの床の場合、フローリングの下に直接床暖房パネルが入っています。

一方、タイルの床の場合、タイルと床暖房パネルの間に下地合板が入っています。

このようなことから、タイルの床は床暖房パネルで発生した熱が下地合板を介してタイルに伝わるので急速には暖まりにくい構造になっています。

ただ、たとえば温度が一度27℃に達してしまうと、その後は、タイル床は30℃前後を維持し続けますが、フローリングの床は25~27℃で上下します。

つまり、タイルの床は一度暖まってしまえば、蓄熱性を十分に発揮します。

フローリングの床が暖かくなるまでの時間はタイルの床と比較して短いですが、暖まった後は、温度を維持する能力はタイル床より低く、温度が下がると温度を上げるためのエネルギーを消費するので光熱費がかかる可能性があります。

「タイル床+暖房」が向いているライフスタイルについて

新築やリフォームを考えている人は、タイルの床にするか、フローリングの床にするか迷うところですが、ライフスタイルによって選んでみてはいかがでしょう。

家で過ごす時間が多い家庭では、暖まってから性能を発揮するタイルが向いています。また、ペットを飼っている家庭などは爪のひっかき傷などがつきにくいタイルの床にするのもおすすめです。

夫婦ふたりが働いていて、日中、家にほとんどいない家庭は、暖まるまで時間がかからないフローリングが便利です。

なお、タイルの床はかたいのでフローリングのようなクッション性がありません。重い物やかたいものを落とすとヒビが入る場合もあります。
タイルは部分的な張り替えができるので、割れた部分を修繕することは可能です。

タイル床のメリットについて

タイルを床材に使うメリットは、耐水性や耐火性、耐久性が高いといったことが挙げられます。

また、タイルの中には、抗菌や防汚加工が施されているものがあり、汚れがつきにくく掃除が簡単というメリットもあります。

デザインやカラーが豊富なタイルを組み合わせることにより、色々なバリエーションが選べますので、自分好みの個性的な空間に仕上げることも可能です。

タイルは他の建材と比較しても燃えにくい素材のため、万が一、火災の時でも煙が発生しにくいです。

タイルを床に施工する費用は他の床材と比較して高いですが、タイルは劣化や退色が少なく、長期間にわたりメンテナンスを必要としませんので、ランニングコストは優れていると考えられます。

洗面室やキッチンをタイルの床にすれば、水や傷に対して強いので劣化が少ないのがメリットとなります。

リビングや寝室をタイルの床にすれば、色あせや変色が少ないので、いつまでも美しい状態を保つことができます。

さらに、ダニやカビの発生を抑制しますので、ペットを飼っている家庭でもおすすめです。

この記事を書いたプロ

L design 恒松建築株式会社 [ホームページ]

工務店 恒松信二

岡山県倉敷市老松町5丁目629-2-2F [地図]
TEL:086-441-8123

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
経営者であり職人気質の恒松信二さん

大工職人として調査から見積もり、工事、アフターまで関わる(1/3)

 代表取締役·恒松信二さんが長年の大工職人としての経験を生かし、倉敷市郊外に「L design 恒松建築株式会社」(岡山県倉敷市老松町)を設立したのは2012年のこと。現場では今も自ら腕を振るっているという職人気質の恒松さんです。倉敷市を中...

恒松信二プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

大工職人として調査から見積もり、工事、アフターまで関わる

会社名 : L design 恒松建築株式会社
住所 : 岡山県倉敷市老松町5丁目629-2-2F [地図]
TEL : 086-441-8123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-441-8123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

恒松信二(つねまつしんじ)

L design 恒松建築株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
フローリングのきしみ音の原因は?放置するとどうなる?

フローリングが湿気を吸収したり放出したり、木材が伸縮することできしみ音が発生する場合があります。これは木材...

[ 床の張り替え ]

愛犬と快適に暮らすための床リフォーム

犬などペットがいるご家庭は、傷やアンモニアに強く、掃除しやすい床材が適しており、ペット用フローリング材、ク...

[ 床の張り替え ]

フローリングを一部だけ張り替える場合のメリットデメリット

フローリングは一部だけ張り替えて修繕することがあり、トラブルが発生しているフローリングだけを剥がし、新しい...

[ 床の張り替え ]

フローリングの耐用年数と張り替え時期の目安

フローリングの耐用年数は約10~15年程度といわれます。フローリングの寿命を縮める大きな原因は、日焼け、傷、水...

[ 床の張り替え ]

DIYで和室から洋室にリフォーム! フローリングの張り方

フローリングの張り方を大まかに説明すると、畳を撤去した後に、根太(ねだ)を配置しビスで固定した後に、カット...

[ 床の張り替え ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ