コラム

 公開日: 2014-06-11  最終更新日: 2014-07-03

【夢を★】第1回『親子で音の不思議発見教室♪』開催!!

こんにちは♪
先日マイベストプロのセミナーに参加したお久しぶりのカミーです^^

何年越しかでやっと実現した『親子で音の不思議発見教室♪』を開催しました!!



今回は試験的に身近な人を対象に行いました。
子供6人(5歳から小6まで)大人4人の合計10人での参加。
用意したのは「5クラスのグランドピアノ」「アップライトピアノ」「電子ピアノ」の3台。
みんなを囲むように並べました。

その時の様子をお伝えしますね♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「ピアノはお家や先生の所にありますか?どんなピアノですか?」

『私はこれ~』『僕は家は電子ピアノで、先生の所はグランドピアノ~!』


色んな答えが返ってきます^^


「では~まずピアノを分解してみるね~」

ピアノの部品を1つ1つ外すごとに、『わぁ~』『すっご~い』と歓声が上がります!
中には、ピアノを壊したのかと思った子供もいたようです^^;


動物さがし♪

「この中には動物が隠れているよ!何かな~?この中でピアノに使われている動物はどれでしょう?」

『パンダ!だって同じ色だもん!!』『じゃあシマウマも!?』

なんて可愛い素直な意見^^ 小さい子供さんは「色」で判断するんですね☆
実際に使われている材料に触れて、一つ一つに目をキラキラさせる子供たち☆**


ハンマーで弦を打ってみよう♪

「今度はハンマーで弦を叩いてみようか^^」
『叩き方で音が鳴らない~><』『コツがわかってきた~』

「今度は弦に向かって大きな声を出してみて!」
『あ~~~!!!』『ぎゃぁ~~~!!!!!!』
『うわ~すっごーいm@o@m』

1つ1つに一生懸命な子供たち!
外から聞いていたら何やっているんだろうというくらい大騒ぎ(笑)
楽しそうな子供と一緒になってお母さん方も同じように触ったり、感動したり^^


グランドピアノの下へ入ってみよう♪

『今度は~みんなでグランドピアノの下に入ってみよう』
『誰かピアノを弾いてくれる人~!』

お友達が音を鳴らすと、あまりの音の大きさに逃げ出す子もいたり^^
響板という板を触り、音の伝わっている感触を体感しました♪

また「倍音」というちょっと難しいお話も、体験を通して行うと、
少し大きい子はとっても興味深く関心を持ってくれたことに、この教室の必要性を感じました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この教室をやってみて思ったことがたくさんあります。

「親子で受けることが大切!」
 子供はお母さんが大好き!帰って今日の教室を振り返ってもらいました。
 この時間こそがピアノを続けていくのには大事なことだと思っています。
 ”ピアノのことは私はわからない”ではなく、一緒にその「時間」を共有することで、
 子供は安心して音を楽しみだすと思います。子供もお母さんと一緒なら何でも楽しいんです^^

「触れることが大事」
 物に触れる、音に触れる、体感をすることが一番子供の記憶に残るんだな~と感じました。
 感想を教えて頂いた中で、お子さんの意見で多かったのは、やはり「体感」した内容でした。

「相手を知るということ」
 ピアノが何でできているか、どうやって鳴っているのか、お母さん方も初めて見た、初めて聞いたことが
 たくさんあったようです。
 楽器を演奏する上で、ほとんどの楽器はメンテナンスまで自分で行うことが多いので、必然的に
 その楽器の造りや状態も自分で把握しないといけませんよね。
 でもピアノは「調律師」という専門の技術師がメンテナンスを行う場合がほとんどです。
 多くの繊細な部品で、細かく設計されているピアノは、多くの知識がないとメンテナンスは難しいのです。
 なので弾く人がそこまでピアノを知らなくても、調律師さんが整えるので「弾くこと」はできるんです!
 でも、演奏の時に一番良い響きをさせるには、本当にそれでいいのかな~と思うところです。

 ピアノを弾くことは、相手と会話することと似ています。相手を知らずして、楽しい会話なんてできません。
 ピアノを知ることは、きっと子供たちがピアノと楽しくおしゃべりできるようになるはずです。
 きっと相手(ピアノ)の言葉(音)もしっかりと聞いて、それに応えようとするでしょう。
 それが結果的に、「心に響く演奏」となり、子供の心を育てる事に繋がるのではないかと思います♪


他にも「感じたこと」「確信したこと」、反対に「反省したこと」もたくさんありました。
1度ではすべては伝えきれないし、質問もいっぱい頂きました。

第2弾も企画中です。(またイベントの案内欄やブログにてご案内します★)
夏休みには何回かに分けて、この「不思議発見教室」をやっていけたらと思っています。
子供たちがピアノをいつもとは違った角度から見ることで、「音を楽しむ」ことに繋がるといいなと思います^^♪


興味のある方、こんなことも知りたい!というようなことがありましたら、メール頂けたら嬉しいです♪



 ♪お問合せ電話番号
  0120-43-9731  担当/赤木・三好

 ♪お問い合わせフォーム
  https://mbp-okayama.com/kitashoji/inquiry/personal/

 ♪アクセス
  http://mbp-okayama.com/kitashoji/access/
 
 ♪ホームページ
  http://www.cco.ne.jp/piano-k/

 ♪喜多商事社員ブログ「ぴあのん日記」
  http://ameblo.jp/piano-kamie/

この記事を書いたプロ

ピアノ配送センター喜多商事株式会社 [ホームページ]

運送 赤木藍

岡山県岡山市南区西市117-4 [地図]
TEL:0120-43-9731

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

ピアノに関して無知だったので、分からないことや不安なことなど相談した所、丁寧に対応してくださり、気持ちよくお願いすることができました。ピアノを配送してくれた...

サービス・商品
イメージ

★長年の経験とプロの技術で困難な作業にも対応★ピアノの運送は喜多商事へお申し付け下さい!当社は創業から25年、長年の経験で培われた技術はプロとしてどこにも負け...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
ピアノが大好きな赤木さん

ピアノで広がる「輪」と「和」(1/3)

 岡山の街角でマスコットキャラクター「ぴあのん」が目印の喜多商事のトラックを見たことはありませんか? トラックはいつもピカピカ、配送担当者の服装も清潔感があふれています。それはピアノの到着を待つ人の楽しい気分を壊さないための心配りなのです...

赤木藍プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

きめ細やかなピアノクリーニング♪

会社名 : ピアノ配送センター喜多商事株式会社
住所 : 岡山県岡山市南区西市117-4 [地図]
TEL : 0120-43-9731

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-43-9731

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

赤木藍(あかぎあい)

ピアノ配送センター喜多商事株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもと音楽を楽しみたいです♪

「30年位前のピアノが新品みたいにピカピカになって戻ってき...

I様
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【お知らせ★】夏休み!親子で音のふしぎ発見教室の参加者を募集します♬

             ♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦親子で音の発見教室♦♫♦・*:..。♦♫♦ピアノをバラしてクイズや体感をし...

[ 【ご挨拶・お知らせ★】 ]

【お知らせ★】親子で音のふしぎ発見教室♪夏休みに開催します!!

♪♪今年も夏休みに開催することになりました♪♪「親子で音のふしぎ発見教室♪」です。昨年も好評頂いた音の教室...

[ 【ご挨拶・お知らせ★】 ]

【ピアノの疑問解決★】プリザーブドフラワーの先生に教えて頂きました!!
イメージ

先日、マイベストプロの勉強会があってかミーが出席してくれました!!そこでプリザーブドフラワーの先生とお話...

[ 【ピアノの疑問解決★】 ]

【ご挨拶・お知らせ★】カレンダーが出来上がりました!!
イメージ

昨年のHUG HUG WORLD 2014 にて、みなさんに参加して頂いた「ぬり絵」のカレンダー選考が無事に終わりました...

[ 【ご挨拶・お知らせ★】 ]

【夢を★】夏休み企画『親子で音のふしぎ発見教室♪』参加者募集中!!
イメージ

「夏休み企画」として3日間かけてピアノのことを知ってもらおう!ということで、『親子で音のふしぎ発見教室♪』...

[ 【音楽を通じて子供たちに夢を★】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ