コラム一覧 :契約書

1件~15件(91件)

過去の15件

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であり,更新がないことなどを記載した別途の書面を交付して説明をする必要があります。2 中途解約禁止条項を設け、解約時に一定のペナルティーを課すことで投下資本の回収を可能と... 続きを読む

契約書

2018-02-16

不動産の売買に伴い、LPガス供給に関する契約を、買主に承継させるための契約条項

これは、LPガス供給に関する契約上の地位を、不動産の買主に譲渡する契約になります。不動産の売買契約を媒介する宅建業者が書く重要事項説明書にも、LPガス供給契約にかかる契約上の地位の移転が伴うこと,同契約を解除した場合には約定の機器の買取義務ないし損害賠償義務が生じる場合のあ... 続きを読む

契約書

2017-03-20

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから,自治体には,公開された公文書の内容に対する質問に答える義務があると言われました。自治体の職員には,そういう義務はあるのではないのですか?A 知る権利があるから,公文... 続きを読む

契約書

2016-12-01

業務委託契約のチェックポイント③ 業務ごとに報酬額を定めること

委託者の都合による契約解除をした時の清算金が計算できるだけの条項を書く必要性大なり 業務委託契約書の多くが,業務の内容を一義的明確にしていないことは,これまでに指摘したことですが,その業務と報酬との関係も明確にされていません。受託者の受託事務遂行能力に疑問を感じて,委... 続きを読む

契約書

2016-07-07

業務委託契約のチェックポイント➁ 業務の特定

1 「業務」を特定できるだけの記載がなされているのか? 業務委託契約の目的として,①市場調査,➁マンション分譲事業計画の策定及び③それに関する業務の一切という言葉が書かれていた場合,それで受託者のすべき「業務」は,一義的明確に特定できているのかといいますと,できていません。 ... 続きを読む

契約書

2016-07-06

業務委託契約のチェックポイント① 目算が違った場合の条項

ケーススタディ1 建築業者ではあるがマンションの分譲を手掛けた経験のないA社が委託者になり,大手マンション分譲会社の従業員であった者が起業したB社が受託者となって,平成**年**月**日,⑴ 契約目的として,「①市場調査,➁マンション分譲事業計画の策定及び③それに関する業務... 続きを読む

契約書

2016-07-05

法律は抽象的な言葉で書かれるが,契約書は具体的な言葉に直して書くべし

1 法律の条文を丸写しにしただけの契約条項契約書に書かれた条項の中に,(債務不履行による損害賠償)第○○条 乙がその債務の本旨に従った履行をしないときは、甲は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。乙の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったと... 続きを読む

契約書

2016-04-08

店舗を賃借する場合の借主の留意点

Q 当社は,新たに出店しようとする店の所有者と賃貸借契約の締結交渉をしていますが,賃貸借契約を結ぶにあたって,留意すべきことは何ですか?A ①中途解約権を認めてもらうことと,➁建物明渡し時点での原状回復工事の内容を明確にすることです。1 中途解約条項を設ける必要通常... 続きを読む

契約書

2016-04-07

居宅賃貸借契約における「通常損耗補修特約」の有効要件

1最高裁判所平成17年12月16日判決 同判決は, ①居宅の賃貸借契約における通常の使用に伴い生ずる損耗については,賃借人に原状回復義務はない。 ➁賃借人に原状回復義務を負わせるためには,賃借人が補修費用を負担することになる上記損耗の範囲につき,賃貸借契約書自体に具体的に明記さ... 続きを読む

契約書

2016-04-01

宅建業者の瑕疵担保期間についての特例を設けた理由

Q 不動産の売買契約における,瑕疵担保期間は,⑴民法では,隠れた瑕疵があることを知った時から1年間とされ,⑵宅建業法では,目的物の引渡しの日から2年以上と定めておればそれによる,こととされています。その理由は何ですか?A ⑴の民法で定める瑕疵担保期間は,「隠れた瑕... 続きを読む

契約書

2016-03-30

法律の条文を書き写しただけの契約条項は無意味

契約書ひな形の条項に第○○条 当事者の一方がその債務を履行しない場合において、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除をすることができる。2前項により契約を解除した場合は,相手方に対し損害賠償の請求ができる。と書か... 続きを読む

契約書

2016-03-29

紛争が生じたときは誠意をもって解決するという契約条項は,責任の所在をあいまいにするもの

 契約書のひな形の中で発見したのですが,コンピュータープログラムの作成を目的とする契約書の中に,第○条 本件プログラムに関し第三者との間で紛争が生じたときは,甲乙協議のうえ,誠意をもってこれ  を解決するものとする。という条文が書かれていました。 なお,この条文の甲とは,... 続きを読む

契約書

2016-03-25

何故,事業用定期借地権設定契約は,公正証書によってしなければならないのか?

借地借家法23条は1項で,「専ら事業の用に供する建物(居住の用に供するものを除く。次項において同じ。)の所有を目的とし、かつ、存続期間を30以上50年未満として借地権を設定する場合においては、第9条及び第16条の規定にかかわらず、契約の更新及び建物の築造による存続期間の延長が... 続きを読む

契約書

2016-03-24

コンピュータープログラムの作成業務委託契約は,請負契約か,委任契約か?

1 請負契約と委任契約の違い請負契約ならば,①仕事が完成しないと,報酬が請求できず,①完成しても瑕疵があるときは瑕疵担保責任を負うのに対し,委任契約ならば,③完成しなくとも,仕事をした分の報酬が請求できる上に,④瑕疵担保責任を負うことはありません。2 コンピュータープログ... 続きを読む

契約書

2016-03-22

契約書は,紛争の予防に役立っているのか?① 国と東芝との間の戦闘機映像装置製造契約に関する判決

 表題のテーマとして掲げた疑問は,下記事件を契機に,問題として取り上げたものですが,下記事件における国と東芝間の契約書が役に立っていない,というものではありません。念のため。1 F15戦闘機映像装置製造契約に関する判決  マスコミ報道によりますと、平成28年3月18日、... 続きを読む

契約書

2016-03-21

1件~15件(91件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?③ 内部統制システムが構築されていると判断された例

1 最高裁判決 最高裁平成21年7月9日判決は、内部統制システムが十分にできているという理由で、従業員の不法...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?② 会社法及び会社法施行規則で明文化

1 判決を受けての法の改正 昨日のコラムで解説したように、大阪地方裁判所は、平成12年9月20日、会社に...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?① 法理が先で、条文は後

1 大和銀行事件判決の中で生まれた概念1995年大和銀行のニューヨーク支店の行員某が、アメリカ国債の簿外取引...

[ 会社関係法 ]

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ