>   >   >   >   >   >  格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

コラム一覧 :格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

1件~15件(35件)

過去の15件

順序はあらゆる問題の鍵である。

 この言葉は、小説「モンテクリスト伯」を書いたアレキサンドル・デュマが、作中の人物ファリア神父の口を通して、語った言葉です。 ファリア神父は、エドモン・ダンテスから事実を聞き出し、これにデュマのいう哲学という光を当て、論理をもって考えた結果、エドモン・ダンテス(モンテクリス... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2016-08-03

二流、三流の人間にとって、思想を信奉するほど、生きやすい道はない。

二流、三流の人間にとって、思想を信奉するほど、生きやすい道はない。これは司馬遼太郎の言葉です。司馬遼太郎は,続けて,「本来手段たるべきものが思想になり,いったん胎内で思想ができあがればそれが骨髄の中まで滲み入って,その思想以外の目で物を見ることもできなくなる」と言っており... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2016-08-02

微妙精確を貴ばなければならない職業

誰の言葉か、忘れましたが、「微妙精確を貴ばなければならない職業」という言葉を使った作家がいます。この言葉は、現在の法律家を指している言葉ではありませんが、これは現在の法律家に当てはまる言葉ではあります。1 微妙な事実を「精確に」「事実」には無限の広がりがありますが、法を... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2016-08-01

チャーチルに学ぶ ④文章を模倣して,自宅で弁舌の訓練をすること

チャーチルは,エドワード・ギボンの書いた「ローマ帝国衰亡史」の文章表現を,そのまま模写するなどして,文体,構成などを学び,それでもって自分の文章を作っております。 なお,チャーチルがノーベル文学賞を受賞した理由には,たんに卓抜した文章表現だけではなく,「崇高な人間的価値を擁護... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-12-09

チャーチルに学ぶ ③メモをとること

 チャーチルは,彼の言葉をメモにするだけの専任の秘書を付け,矢継ぎ早にメモをとらせたと言われています。そして,それを,政府の各部局へ交付し,彼らがなすべきことを指示したのです。そのメモの多くには,「即日実行」という付箋を付けていたということです。戦時においては,一瞬といえ... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-12-06

チャーチルに学ぶ ➁文章は,紙1枚の中に書き収めること

 ウィンストン・チャーチルは,多くの書面(メモを含む)を書きましたが,また,多くの書面を受け取り,読んできました。 そのチャーチルは,文章を書く者に対して,紙1枚の中に,伝えたいすべてを書くように命じています。 時々刻々変化する,あわただしい戦局にあっては,ゆっくりとした... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-12-05

チャーチルに学ぶ ①用件は,文書にして渡すこと

 イギリスの宰相(首相)であった,ウィンストン・チャーチルは,第二次世界大戦を指導していく中で,文書によらない我が指示や命令はない,我が命令や指示は,すべて,書面でする,ということを,閣僚その他,彼の指示や命令を聞く立場の人々に,伝えております。 口頭でなされた指示や命令は... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-12-04

勝つことを知りて負くることを知らざるは,災いその身に受く

この言葉は,人口に膾炙(じんこうにかいしゃ)してきた言葉です。負けて初めて勝つ勝ち方を学ぶことになるのです。人生が,順風満帆(じゅんぷうまんぱん)であろうはずはありません。苦労の数が,人間の幅を造るのです。苦労の質が,人間の奥行きを造るのです。負けることを恐れないこ... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-01-06

弁護士の心得 専門に特化しながら、専門外から謙虚に学ぶべし

 弁護士は、特殊専門的な職業であり、資格です。一般の人には、そこまでの量と質を兼ね備えた知識は持っていないであろうと思える、法律知識を、持つことが当然だとされる存在です。 その知識の仕入れ先は法律であり、判例であり、裁判例です。あるいは、裁判実務の中で得られた種々の情報... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-01-05

弁護士の心得 整序一番

 遺産分割は,結構もめやすい事件です。 ①遺産分割の対象財産を確定して,➁その評価をし,③各相続人の具体的相続分を算出し,④具体的相続分に見合う財産をどう分けるかという道筋を追わないで,依頼者の感情や要求を,そのまま伝える弁護士が代理人を務める場合は,遺産分割がいたずらに紛糾し... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-01-04

弁護士の心得 ネバーギブアップ

 交通事故から1年経った,ある被害者からA弁護士が受けた相談です。 指先にしびれが残っていて,指先でしていた仕事に支障が生じ,それまで1日にできていた仕事の量が数分の1になったが,後遺症とは認められなかった。納得できない。という内容でした。 この被害者は,先にB弁護士に相談... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-01-03

弁護士の心得 「できません」は禁句。「こうすればできます」で答えるべし。

 交通事故で身体に重大な損傷を受けられた相談者から,メールで,「加害者に対し,自宅を改造するように請求していただけるか?」と相談がありました。 そこで,イソ弁にその回答文を起案させてみると,「そんな権利はありません」と起案しました。 そこで,ボス弁,「自宅を改造しないと自... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-01-02

弁護士の心得 根拠のない「思います」は禁句。根拠を示して答えるべし。

弁護士が,法律相談者に対し,根拠を具体的に示さず,「・・・と思います。」と答えるのは,正しくはありません。「思います」は推測であり,憶測であるからです。弁護士が推測や憶測で回答した場合で,それが間違っていたとき,相談者に思いがけない損害を与えてしまいます。それを避けるた... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2015-01-01

弁護士と格言  どんな人にも,能力がある。その能力を最大限に引き出すのが,教育だ。

 この言葉は,ある学校法人の建学の理念です。考えれば,考えるほど,深い意味ある言葉です。一人一人に備わった,その人の能力。引き出されなければ,世に受け入れられないが,引き出されるときは,世に受け入れられ,技術,芸術,文化の発展に寄与することとなる,人の能力。 最近,この... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2014-07-30

弁護士と格言  人は,皆,いつまでも呉下の阿蒙に非ざるなり

 呉下の阿蒙(ごかのあもう)とは,中華の大陸は,魏・蜀・呉三国鼎立の時代,呉国の武将,呂蒙のことです。 呂蒙は,武勇には秀でたものの,学問はイマイチだったところを,国主孫権より,学問の重要性を教えられ,俄然勉学にも励み,知謀の臣,魯粛をして,「士別れて三日ならば、即ち更に刮... 続きを読む

格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ

2014-07-29

1件~15件(35件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融機関は遺言書とどう向き合うべきか?① 金融機関が考えるべきこと

 預金者が亡くなり,その預金を相続し,又は遺贈を受けたという者が,遺言書を持って,金融機関の窓口に現れた場...

[ 相続相談 ]

モデルルームでの不動産売買契約とクーリングオフ

Q 当社は,某宅建業者がマンションを建築販売する話を聞き,モデルルームを見学に行き,その場で投資用にマンシ...

[ 不動産 ]

開発許可にかかる工事を完成し検査済証を交付された後でも,開発行為取消訴訟は起こしうる(判例)

Q 市街化調整区域で開発許可の要件を欠いた業者が,開発許可を受け開発行為に関する工事を完了し検査済証を交付...

[ 不動産 ]

抗告状に貼付すべき印紙を貼付しなかった場合の瑕疵とその治癒に関する判例紹介

1 問題点①Aが訴訟救助の申立てをした。➁Aの申立ては却下された。③Aは却下決定に対する抗告をしたが,...

[ 民法雑学 ]

反社会的勢力を主債務者とする保証契約の効果(判例まとめ)

反社会的勢力を主債務者とする保証契約の効果について判示した,4件の最高裁判所第三小法廷平成28年1月12日...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ