コラム一覧 :労働

1件~15件(73件)

過去の15件

必ずしも同一労働,同一賃金に非ず(東京高裁平成28.11.2判決)

1 労働契約法20条労働契約法第20条は,有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労... 続きを読む

労働

2016-11-24

え!Aさんの鬱の原因は,私にあるの? 言葉の乱れが鬱の原因

最近,立て続けにパワハラの相談を受ける。いずれも,被害者が鬱になり,会社に出勤できなくなったことから判明。原因は,特定の上司の暴言や無理強い。調査をすると,パワハラ加害者,いずれも,加害者たるの自覚がない。あるケースで,Bさん!あなたの言動がAさんを鬱にしたようだ... 続きを読む

労働

2016-11-17

労災保険給付は,使用者の療養費用負担義務の履行と同視できる

1 労災に遭った労働者に対する解雇制限と,制限を受けない場合 労働基準法75条1項は,「労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかつた場合においては、使用者は、その費用で必要な療養を行い、又は必要な療養の費用を負担しなければならない。」という規定を置き,使用者に労災に遭った労働者に対... 続きを読む

労働

2016-10-14

事業場外の交通事故を労災事故と判断した最高裁判決事例

最高裁判所第二小法廷平成28年7月8日判決は,1 労災事故になる要件として,「労働者の負傷,疾病,障害又は死亡が労働者災害補償保険法に基づく業務災害に関する保険給付の対象となるには,それが業務上の事由によるものであることを要するところ,そのための要件の一つとして,労働者が... 続きを読む

労働

2016-09-02

就業規則の不利益変更の有効性

1 不利益変更が許される場合の要件 最高裁判所第二小法廷平成9年2月28日判決は,労働者に不利益となる就業規則の変更であっても,変更後の「当該規則条項が合理的なものである限り、個々の労働者において、これに同意しないことを理由として、その適用を拒むことは許されない。」と判示し... 続きを読む

労働

2016-03-15

労基法上残業代を支払わないですむ「管理監督者」の要件

1 行政解釈(昭和22年9月13日基発17号) 労働基準法上の管理監督者(労基法41条2号)とは,「一般的には局長,部長,工場長等労働条件の決定,その他労務管理について経営者と一体的な立場に在る者の意であるが,名称にとらわれず出社退社等について厳格な制限を受けない者につ... 続きを読む

労働

2016-03-07

労働 分限処分と懲戒処分

1 分限処分 分限とは「身分保障の限界」という意味の,戦前にあった「文官分限令」からきた言葉です。その「文官分限令」というのは,官吏や地方公務員に対し,その責任のないことであっても,一定の事由があれば,降任や免職ができることを定めた法令ですが,ここから「分限処分」とは,公務... 続きを読む

労働

2015-12-28

労働 休職中のうつ病の労働者への対応

Q 当社の従業員が長期間うつ病で休職しています。当社の就業規則では2か月以上休業した従業員で,休業期間満了時において,復職できる状態に戻っていない場合は,解雇できるという規定がありますが,Aという従業員が,休職期間の満了する日の1日前に,意思の診断書を郵送してきました。その診断... 続きを読む

労働

2015-12-25

労働 うつ病が公務に起因するものであることの立証責任

Q 私はA市の人事担当の職員ですが,A市の職員で,うつ病に罹患し,長い間,職場に復帰できない職員がいますので,地方公務員法28条1項2号の「心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合」に該当すると考え,条例に基づき,免職処分にしたいと考えていますが,対象の... 続きを読む

労働

2015-12-24

労働 団体交渉での議事録作成の目的

 団体交渉は,1回で済むというものではありません。回を重ねていくものです。ですから,団体交渉期日ごとに,その期日調書を作成するべきです。これは通常「議事録」といっております。 当事務所は,団体交渉で,使用者側の代理人として出席することが多いのですが,毎回議事録を作成してい... 続きを読む

労働

2015-12-22

労働 親会社には団体交渉応諾義務があるか?

 当然には,あるといえません。というより,親会社が使用者とみられる場合はありますが,非常に限定的なケースになります。すなわち,労働組合法6条は「労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交... 続きを読む

労働

2015-12-21

労働 大学の教員等の無期転換権

大学の教員等の任期に関する法律という法律があります。その内容を抜粋することにしますが,番号は,条文の番号と同一のものです。1,目的 この法律は,「任期を定めることができる場合その他教員等の任期について必要な事項を定めること」を目的としたもので,これにより、「大学等への多... 続きを読む

労働

2015-04-06

労働 解雇が無効になった場合のバックペイからの控除の限度

最高裁昭和37年7月20日判決は,解雇が無効とされた労働者は,解雇期間中の給与を使用者に全額( X額 )請求できるが,当該労働者が解雇期間中に別の勤務先から給与( Y額 )を得ていた場合は,その金額が控除されることになる(民法536条2項が根拠。したがって,労働者は, X -... 続きを読む

労働

2015-04-03

労働 使用者の責に帰すべき事由による休業とは?

1,労働基準法26条 労働基準法26条は,「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては,使用者は,休業期間中当該労働者に,その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。」と規定しています。 その趣旨について,最高裁判所昭和62年7月17日判決は,「... 続きを読む

労働

2015-04-02

労働 暴力を振るった従業員の自宅謹慎中の給与支払義務の有無

Q 当社の従業員が,同僚に対し,暴力を振るったため,懲戒処分をする手続を開始しましたが,その手続を終えるまで,当該非行をした従業員を職場に置くことができず,自宅での謹慎を命じました。この場合,給与の支払義務はあるのですか?A 1,原則として,給与支払い義務があるが,平均賃... 続きを読む

労働

2015-04-01

1件~15件(73件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
離婚原因の一つである「夫婦関係の破綻」が,別居期間が短くとも認められる場合

これは,私の事務所が勝ち得た離婚判決の例です。一審判決は,別居期間が2年程度(一審判決までの期間)では,...

[ 離婚 ]

課税価格と相続税評価額とは違う

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ