コラム一覧 :離婚

1件~10件(10件)

離婚原因の一つである「夫婦関係の破綻」が,別居期間が短くとも認められる場合

これは,私の事務所が勝ち得た離婚判決の例です。一審判決は,別居期間が2年程度(一審判決までの期間)では,夫婦関係が破綻したとまではいえないとして,離婚判決は得られなかったのですが,控訴審では,別居期間中に,夫婦共有の自宅を夫婦が合意の上売却した事実があるのなら,2年半(控訴... 続きを読む

離婚

2016-12-09

離婚 養育費の一括払い請求

Q 私は夫と離婚をし,0才の子を私が養育することになりましたが,夫には現在資産がありますものの,夫の性格上,いつ職を失うか分からない状況にあります。そこで,⑴ 子が20才になるまでの養育費を一括して請求したいのですが,できますか?⑵ できるとした場合,中間利息は引かれます... 続きを読む

離婚

2015-12-10

親権者を定める協議が成立していない離婚届の有効性と事後の手続

結論① 離婚は有効だが,親権者指定は無効。➁ 親権者は,改めて,協議又は審判(調停を含む。)で決め,その旨離婚届出を追完すること。 民法819条1項は,「父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない。」と規定し,民法765条1項は,「離婚の... 続きを読む

離婚

2015-09-29

離婚 自宅購入資金に親からの援助金等が含まれている場合の財産分与対象額

Q 今般離婚することになりました。自宅があるのですが,夫である私の名義になっています。購入資金は3500万円ですが,時価は3000万円に下がっています。購入資金3500万円のうち1000万円は私の親が出してくれたものです。この自宅についての夫婦共有財産額を教えてください。... 続きを読む

離婚

2015-07-16

離婚 認知症の人の離婚・離縁,婚姻無効・養子縁組無効

Q1,認知症になって意思能力をなくした甲が,婚姻した場合,子である乙はそれを争うことができるか?甲が養子縁組をした場合はどうか?A1,いずれの場合も,できます。人事訴訟法14条本文は、「人事に関する訴えの原告又は被告となるべき者が成年被後見人であるときは、その成年後見人は、成年... 続きを読む

離婚

2014-02-27

離婚 5 同じ氏から同じ氏への変更もできるのか?

これは,本連載コラム4の記述について質問があったので回答を書くものです。その質問と回答は後述のとおりですが,そこに至るまでの記述は,離婚4の内容と同じです。Q 私(婚姻前凸山凡子、婚姻による凹川凡子)は、婚姻のときに、夫(凹川秀)を戸籍筆頭者とする戸籍に妻として入籍した者ですが... 続きを読む

離婚

2014-01-16

離婚 離婚後の戸籍の届出について

Q 私(婚姻前凸山凡子、婚姻による凹川凡子)は、婚姻のときに、夫(凹川秀)を戸籍筆頭者とする戸籍に妻として入籍した者ですが、先日、裁判上の和解により離婚をし、その際、私と夫の間に生まれた子(凹川優)の親権者になりました。私は、どのような戸籍の届出をすればよいのですか?離婚と... 続きを読む

離婚

2013-12-20

離婚 3 離婚に伴う年金分割

1 分割するもの分割の対象になるのは、婚姻期間中に支払われた厚生年金(民間企業の従業員が加入)及び共済年金(公務員や私立学校の教職員などが加入)の保険料や掛け金の支払実績です。2 分割されないもの国民年金や企業年金(企業が任意に実施する私的な年金)の掛け金などは分割の対象に... 続きを読む

離婚

2013-04-15

離婚 2 扶養義務の範囲 現に扶養している母の持つ預金は無関係で、大学卒業時までとして裁判例

Q 私は医師をしている者です。つい先日離婚した元妻は薬剤師をしています。子が1人いて現在薬科大学の1年生です。妻は離婚前に私に無断で私名義の預金から数百万円をもって出、妻名義で預金をしています。そんな妻に子の養育費を支払う義務があるのでしょうか。あるとすれば、いつまで養育費を支払... 続きを読む

離婚

2012-11-23

離婚 1 子との面接交渉権

Q 私は、昨年、夫と別居し、現在離婚調停中の者です。夫との間には幼稚園へ通っている長女がいて、別居後は私が扶養しています。私は、この別居の際、夫との間に、3ヶ月に1度夫に長女と面会させる約束をし、今日まで3回約束を履行してきましたが、長女は父親(私の夫)との面接を徐々に嫌うように... 続きを読む

離婚

2012-11-22

1件~10件(10件)

RSS
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
離婚原因の一つである「夫婦関係の破綻」が,別居期間が短くとも認められる場合

これは,私の事務所が勝ち得た離婚判決の例です。一審判決は,別居期間が2年程度(一審判決までの期間)では,...

[ 離婚 ]

課税価格と相続税評価額とは違う

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ