コラム一覧 :不動産

1件~15件(122件)

過去の15件

モデルルームでの不動産売買契約とクーリングオフ

Q 当社は,某宅建業者がマンションを建築販売する話を聞き,モデルルームを見学に行き,その場で投資用にマンション専有部分1戸を購入する契約を結び,手付金を支払いましたが,都合で解約したいと思います。できますでしょうか。A できません。以下,解説します。1 クーリングオフ... 続きを読む

不動産

2016-09-23

開発許可にかかる工事を完成し検査済証を交付された後でも,開発行為取消訴訟は起こしうる(判例)

Q 市街化調整区域で開発許可の要件を欠いた業者が,開発許可を受け開発行為に関する工事を完了し検査済証を交付された後でも,開発行為の取消しを求める訴訟を起こしうるか?A 起こしうる。 最高裁判所第一小法廷平成27年12月14日判決は,「市街化調整区域のうち,・・・開発許... 続きを読む

不動産

2016-09-21

スーパーマーケットへ出店するテナントが,業務委託契約とされる要件

1 賃貸借契約か業務委託契約か? スーパーマーケット経営会社と,そこに出店するテナント間の出店契約が,「賃貸借契約」とされるときは,テナントは借地借家法上の保護を受けますので,スーパーマーケット経営会社には不利になります。  そこで,テナント契約が「賃貸借契約」ではなく「... 続きを読む

不動産

2016-08-16

デパートにおけるテナントは借家人ではない(しかし解除権は一定の制限を受ける)という裁判例

大阪地方裁判所平成4年3月13日判決は,1 百貨店は、一般的に、店舗内の有効利用を図って売場やレイアウトを適宜に決定する必要性が高い業務形態であるところ、・・・顧客のニーズに合わせて臨機応変に売場を設定するなど、限られたスペースを最大限有効に活用する必要性が極めて高く、そのため... 続きを読む

不動産

2016-08-10

スーパーマーケットでのテナントは賃借人か?➁ 認めた裁判例二

東京地方裁判所平成7年8月28日判決は,甲社と乙との間に取り交わされた「業務委託契約に関する覚書」には,甲社が乙に対し美容に関するすべての運営業務を委託する旨が記載されてはいるが,① 乙が行う美容院店舗の名称については、乙において決定し、甲社がまったく関与しないものとされ... 続きを読む

不動産

2016-08-09

スーパーマーケットでのテナントは賃借人か?①認めた裁判例一

 この問題は,小売商人がスーパーマーケット経営者と「業務委託契約書」を取り交わしてスーパーマーケットに出店した場合,賃借人としての保護は受け得ないのか?という問題です。 契約は,名称ではなく,契約の実体によって,判断されますので,たんに「業務委託契約」だからといって,賃貸... 続きを読む

不動産

2016-08-08

不動産 農地台帳

平成26年4月1日施行の改正農地法で,農地台帳の作成が,各市町村農業委員会の義務とされることになりました(農地法52条の2)。そして,農業委員会は,農地台帳のほかに,農地に関する地図も作成し,両方をインターネットなどを通じて,公表すべきことになったのです。ただ,市街化区域内... 続きを読む

不動産

2016-03-08

賃貸借契約における「ペット飼育禁止特約」違反と契約解除

Q 当社は賃貸用マンションの所有者です。各賃借人とは「ペット飼育禁止特約」を結んで住戸を賃貸していますが,そのうちのA氏が室内用のペットを飼っていることが,犬をマンション外へ連れ出して散歩させていることから,他のマンション住人に分かり,当社に契約違反者を許すのか,という苦情に... 続きを読む

不動産

2016-02-07

建物賃貸借契約における,敷金と建設協力金は違う性格

Q 私は,今般,甲から,借家人(乙)がいる建物とその敷地を購入したのですが,乙は,甲に対し,敷金と建設協力金を差し入れています。(1)将来,乙が借家契約の終了に伴い借家から退店するときは,私は,敷金を乙に支払う義務があるのですか?また,建設協力金も支払う義務があるのですか?... 続きを読む

不動産

2016-02-06

不動産 アパートの駐車場に長期間,無断で自動車が駐車されている場合の対応

Q アパートの駐車場に長期間,無断で自動車が駐車されている場合の対応を教えてください。A 1 撤去請求アパート敷地の所有権に基づく妨害排除請求訴訟により撤去を求めることが可能です。2 撤去に応じてくれない場合駐車場使用による損害賠償請求権を被担保債権とする留置権... 続きを読む

不動産

2016-01-18

消防法施行令の改正によるスプリンクラー設備の設置費用家主の負担

平成27年4月1日に施行されました改正消防法施行令及び改正消防法施行規則等により,スプリンクラー設備の設置基準が見直され,新たにスプリンクラー設備を設置することになった賃借建物については,その費用負担は家主がするのか,借家人がするのか,については,契約書の特段の定めがない場合は,... 続きを読む

不動産

2016-01-15

不動産 定期建物賃貸借契約終了後長期にわたる継続使用問題

Q 当社は,期間を3年間と定めた定期建物賃貸借契約を結び,期間が満了した後,賃貸人から定期建物賃貸借契約の終了通知を受けることなく,10年以上も賃料を支払ってきたのですが,先日,賃貸人から定期建物賃貸借契約終了通知を受け,当社に6か月後に,建物から退店するよう請求されました。... 続きを読む

不動産

2015-11-22

不動産 原状回復に関する興味深い裁判例の紹介

 東京地方裁判所平成19年2月28日判決(Westlaw Japan搭載)は,① ビル内の店舗を対象にした,この件の賃貸借契約書には,賃貸時の店舗については基準仕様書のとおりのものとして賃貸したことが明記され,契約書に添付された基準仕様書と題する書面には,消防法上必要とされる非常灯,煙感... 続きを読む

不動産

2015-10-20

不動産 他人の土地を通らないと公道に行けない土地(袋地)に,下水道を引くことができるか?

Q 私が住んでいる家の近くまで公共下水道が敷設されることになりました。私の家の敷地は,他人の土地(私道)を通らないと公道に行けない土地(袋地)ですが,他人の土地の所有者が,私の家に公共下水道の導管を引くことに同意してくれません。どうすればよいのですか?また,上水道や,ガス管な... 続きを読む

不動産

2015-07-23

不動産 マスターレッシー(ML)が倒産した場合

1 マスターレッシーの意味 マスターレッシー(ML)とは,次のような不動産(建物)所有者のする不動産収益事業で,不動産を賃借しこれをエンドテナントに転貸する事業者をいう言葉です。 無論,この言葉は,法律用語ではありません。①不動産ファンド,例えばJ-REIT(日本版不動産投資信... 続きを読む

不動産

2015-07-22

1件~15件(122件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融機関は遺言書とどう向き合うべきか?① 金融機関が考えるべきこと

 預金者が亡くなり,その預金を相続し,又は遺贈を受けたという者が,遺言書を持って,金融機関の窓口に現れた場...

[ 相続相談 ]

モデルルームでの不動産売買契約とクーリングオフ

Q 当社は,某宅建業者がマンションを建築販売する話を聞き,モデルルームを見学に行き,その場で投資用にマンシ...

[ 不動産 ]

開発許可にかかる工事を完成し検査済証を交付された後でも,開発行為取消訴訟は起こしうる(判例)

Q 市街化調整区域で開発許可の要件を欠いた業者が,開発許可を受け開発行為に関する工事を完了し検査済証を交付...

[ 不動産 ]

抗告状に貼付すべき印紙を貼付しなかった場合の瑕疵とその治癒に関する判例紹介

1 問題点①Aが訴訟救助の申立てをした。➁Aの申立ては却下された。③Aは却下決定に対する抗告をしたが,...

[ 民法雑学 ]

反社会的勢力を主債務者とする保証契約の効果(判例まとめ)

反社会的勢力を主債務者とする保証契約の効果について判示した,4件の最高裁判所第三小法廷平成28年1月12日...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ