コラム

 公開日: 2015-10-30  最終更新日: 2015-11-12

10 宅地建物取引業者が売主となる場合の手付金・違約金の制限

違約金は大きい
だから違約はできないはず
しかし現実にはやむを得ない事情もあり違約する
違約金は,また,便利なもの,
相手方に与えた損害額を計算しないで,違約金の支払だけで
決済されるから
その違約金の定めには,ルールがある
そのルールは以下の如し

(1) 宅建業法の定め
 宅地やマンションの分譲は、宅地建物取引業になりますので、宅建業者でないとできませんが,宅建業者が売主になって宅地又は建物の売買契約を結ぶ場合は、宅建業法の適用を受け、手付金は代金の額の10分の2を超えてはならないこと(宅地建物取引業法39条1項),また,契約違反の場合の損害賠償額をあらかじめ決めておくときの金額(これを「損害賠償の予定額」といいます。)や違約金の定めも,売買代金の10分の2を超えてはならない(同法38条1項)ことになっております。

(2) 消費者契約法は適用されない
 なお,この代金の10分の2という違約金は,それ自体決して少ない金額ではなく,消費者契約法9条1号でいう,平均的な損害額を超えるものと思われますが,宅建業者が売主になった場合の,上記宅建業法の規定は,消費者契約法の適用を受けないことになっていますので,有効になります。
 すなわち,消費者が結ぶ消費者契約に違約金の約束がある場合、「事業者に生ずべき平均的な損害の額を超える」違約金の約束は「超える部分」について無効になる(消費者契約法9条1号)のですが、マンションの分譲等、宅建業者が売主になってする売買契約は、宅地建物取引業法の適用を受け、この場合は消費者契約法の適用が排除されている(消費者契約法11条2項)からです。

(3) 違約になる前に手付放棄による解除を選択した方がよい場合がある
 ですから、宅建業者との間で,不動産の売買契約を結んで買主となった人が、何らかの理由で売買契約を履行できなくなった場合で、手付の額が契約に書かれた違約金の額より少ないときは、違約になる前に、手付を放棄して売買契約を解除する方が有利になります。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?③ 内部統制システムが構築されていると判断された例

1 最高裁判決 最高裁平成21年7月9日判決は、内部統制システムが十分にできているという理由で、従業員の不法...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?② 会社法及び会社法施行規則で明文化

1 判決を受けての法の改正 昨日のコラムで解説したように、大阪地方裁判所は、平成12年9月20日、会社に...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?① 法理が先で、条文は後

1 大和銀行事件判決の中で生まれた概念1995年大和銀行のニューヨーク支店の行員某が、アメリカ国債の簿外取引...

[ 会社関係法 ]

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ