コラム

 公開日: 2010-11-23 

その他 営業活動と住居侵入


1 問題
営業活動のために、一般の消費者の居宅や事業所を訪問する事業者(従業員)は多いと思われますが、その営業形態が、ときに、住居侵入罪に該当することがあります。
では、どのような場合に、住居侵入罪を構成することになるのでしょうか?

2 基準
最高裁判所昭和58.4.8判決は、その基準1として
① 立ち入り拒否の張り紙等により、立入拒否の意思を明示している場合
 この場合は、立ち入る行為自体を住居侵入罪に該当する、としています。
 この基準を受けて、最高裁判所平成21.11.30判決は、マンションの玄関ホールの掲示板に「チラシ・パンフレット等広告の投函は固く禁じます」「当マンションの敷地内に立入り、パンフレットの投函、物品販売などを行うことは厳禁です」等記載した貼り紙が貼付されており、かつビラの配布者がこれら貼り紙の記載内容を認識しながら、同マンション共有部分(廊下、エレベータホール等)に立ち入り、各住戸の玄関ポストにビラを配布した行為につき住居侵入罪の成立を認めています。ただ、この事案は、営業として立ち入ったのではなく、政治活動としてビラを配布する目的で立ち入った事例ですが、営業用でも同じ基準になると思われます。

最高裁判所昭和58.4.8判決は、その基準2として
② 立入拒否の意思が明示されていない場合
 この場合は、当該建物の性質、使用目的、管理状況、管理権者の態度、立入の目的等からみて、現に行われた立入行為について居住者等が容認していないと合理的に判断される場合は、居住者等の意思に反したものとして、住居侵入罪を構成する、としています。
 このようなケースで有罪になった事案のほとんどは、立ち入り目的が、窃盗、強盗など、住居の平穏を乱す犯罪目的である場合です。
このような犯罪の目的で立ち入るのは、「居住者等が容認していないと合理的に判断される場合」であること、明らかでしょう。

問題は、営業目的の場合ですが、
ア その居宅の住民に訪問の趣旨を伝える方法として門扉に呼び鈴を設置している場合に、呼び鈴を押さないで、閉まっている門扉を開けて敷地内に入る、あるいはさらに居宅のドアや戸を開いて玄関に入るのは、「居住者等が容認していないと合理的に判断される場合」といえるでしょう。
イ これに対し、その居宅の住民に訪問の趣旨を伝えるには、居宅に設置されて呼び鈴を押すしか方法がない場合は、敷地内に入って居宅に設置された呼び鈴を押す行為は問題はなく、居宅に呼び鈴がない場合は、玄関のドアや戸を開けて、1歩中に入る行為も許されるでしょう。
ですから、イの場合は、住居侵入罪には当たりません。また、アの場合でも、住居侵入罪に該当するとは言えないケースが多いと思われます。それは、住居侵入罪が故意犯だからです。つまり、住居侵入罪が成立するには、侵入者に、住居に侵入することが住居の平穏を害する結果になるとの認識が必要になるからです。窃盗や強盗目的ならば、住居や敷地に立ち入る行為が住居の平穏を害することを知っている(故意がある)と言えますが、営業活動の一環として立ち入る場合は、それが住居の平穏を害する行為になるとの認識(故意)があったと言える場合は少ないと思われるからです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
建物賃貸借契約1年未満で解約をする場合の違約金は1か月分(裁判例)

Q 当社は、戸建て住宅やマンションの専有部分の賃貸を業とする会社ですが、消費者との間に建物賃貸借契約を結...

[ 不動産 ]

改正個人情報保護法、本日、全面施行となる

平成17年に施行された個人情報の保護に関する法律は、その後今日までの情報技術の発展、それに伴う情報の量的・...

[ 会社関係法 ]

独占禁止法違反 返品が、優越的地位の濫用に当たる場合と、当たらない場合、それぞれの要件

公正取引委員会平成27年3月26日審決(平成24年(判)第6号及び第7号)は、優越的地位の濫用に対して課徴...

[ 会社関係法 ]

景品表示法違反② 課徴金制度の導入と初適用事例

優良誤認表示などの不当表示に、課徴金制度が導入されたのは、改正景品表示法の施行日(平成28年4月1日)から...

[ 会社関係法 ]

民法(債権法)改正法が成立

 本日、民法(債権法)に関する改正民法が成立しました。制定以来、約120年ぶりの大改正です。改正は、約200項...

[ 債権法改正と契約実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ