コラム

 公開日: 2015-04-28  最終更新日: 2015-05-11

債権法改正 心裡留保で保護される者の主観的要件の明確化

(心裡留保)
民法93条
 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。
2 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。


コメント
 1項本文の意味
 心裡留保というのは,真意と違うことを表示することを指す。俗っぽくいえば,“ウソを言う”ということである。
 例えば,甲が,A土地を売買する真意がないのに,乙との間にA土地の売買契約を結ぶような場合をいう。
 このような心裡留保は,相手方を保護する必要があるので,表(おもて)に現れた意思表示に効果を認める必要がある。俗な言い方をすると“ウソをついた責任を取る”ということだ。
上記の前述の例でいえば,売買契約は有効になるということである。本条1項本文は,その意味である。
 これまた,俗っぽく言えば,“ウソから出た真”ではなく“ウソを真にする”ということである。

 1項ただし書の意味
 とはいうものの,相手方が,表意者の意思表示が真意ではないことを知り、又は知ることができたときまで,相手方を保護する必要はない。その場合は,意思表示は無効になる。これが1項ただし書の意味である。
これも,俗っぽくいうと,ウソであることを知り、又は知ることができた相手方に対しては,ウソを真にする必要はないということだ。

2項の意味
 ただ,ウソが作った権利移転の外形を信じて,第三者が,その上に新たな権利を取得した場合は,第三者を保護する必要があるので,その第三者が,善意である限り,心裡留保による意思表示であっても,有効になる。これが2項の意味である。

改正のポイント
 相手方及び第三者を保護する場合の要件の違いを明確にしたこと
すなわち,心裡留保の相手方が,表意者の意思表示(例でいうと,売主が売買契約をするという意思表示)が,「真意ではないことを知り、又は知ることができたとき」は,保護されない。
 一方,第三者の場合は,表意者の意思表示(例でいうと,売主が売買契約をするという意思表示)が心裡留保であることを知らなかった場合は保護されるということである。第三者の保護の方が厚いのである。
現行法の下では,この範囲が明確でないため,改正法では,明確にされたのである。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?⑥ 善管注意義務などとの関係

1 善管注意義務会社法330条は、「株式会社と役員及び会計監査人との関係は、委任に関する規定に従う。」と規定...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?⑤ その他の内部統制システムの例

1 取締役等会社役員の義務は、抽象的なものから、順次具体的なものになっていくと考えると、分かりやすい大和...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?④ 集団的企業内部統制システムの例

1 親会社の取締役には、子会社の経営を監視する義務がある 福岡高裁平成24年4月13日判決は、親会社の取締役に...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?③ 内部統制システムが構築されていると判断された例

1 最高裁判決 最高裁平成21年7月9日判決は、内部統制システムが十分にできているという理由で、従業員の不法...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?② 会社法及び会社法施行規則で明文化

1 判決を受けての法の改正 昨日のコラムで解説したように、大阪地方裁判所は、平成12年9月20日、会社に...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ