コラム

2015-04-06

労働 大学の教員等の無期転換権

大学の教員等の任期に関する法律という法律があります。
その内容を抜粋することにしますが,番号は,条文の番号と同一のものです。
1,目的
 この法律は,「任期を定めることができる場合その他教員等の任期について必要な事項を定めること」を目的としたもので,これにより、「大学等への多様な人材の受入れを図り、もって大学等における教育研究の進展に寄与することを目的とする」法律です。
2,言葉の定義ですが,
①大学とは,学校教育法に規定する大学をいい,
②教員とは,大学の教授、准教授、助教、講師及び助手をいい,
③教員等とは,教員と国立大学法人法に規定する大学共同利用機関法人等の職員のうち専ら研究又は教育に従事する者を併せていわれ,この法律の適用(と準用)を受けます。
④任期とは,教員等との労働契約において定められた期間であって、当該期間の満了により退職することとなるものをいいます。
3,公立の大学の教員の任期に関しては,公立の大学の学長は、教育公務員特例法に規定する評議会(評議会を置かない大学にあつては、教授会)の議に基づき、当該大学の教員(常時勤務の者に限る)について、任期を定めた任用を行う必要があるときは、教員の任期に関する規則を定めなければならず,教員の任期に関する規則を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表しなければならないことになっています。
4,略
5,教員の任期について,
国立大学法人、公立大学法人又は学校法人は、当該国立大学法人、公立大学法人又は学校法人の設置する大学の教員について、
一  先端的、学際的又は総合的な教育研究であることその他の当該教育研究組織で行われる教育研究の分野又は方法の特性にかんがみ、多様な人材の確保が特に求められる教育研究組織の職に就けるとき。
二  助教の職に就けるとき。
三  大学が定め又は参画する特定の計画に基づき期間を定めて教育研究を行う職に就けるとき。
のいずれかに該当するときは、労働契約において任期を定めることができます。
この場合は,あらかじめ、当該大学に係る教員の任期に関する規則を定めておかなければなりません。そして,教員の任期に関する規則を定め、又はこれを変更しようとするときは、当該大学の学長の意見を聴くものとされ,かつ,公表するものとされています。
なお,この任期を定めたことで,教員が当該任期中(当該任期が始まる日から一年以内の期間を除く。)にその意思により退職することを妨げるものであってはならないとされています。
6,略
7,任期の定めがある労働契約を締結した教員等の当該労働契約に係る労働契約法第18条第1項 の規定の適用については、同項 中「5年」とあるのは、「10年」とされています。

 つまり,労働契約法18条により,付与せらた無期転換権に関する,労働契約法18条1項「・・・通算契約期間・・・が五年を超える労働者が、当該使用者に対し、現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、当該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労働契約の締結の申込みをしたときは、使用者は当該申込みを承諾したものとみなす。・・・この場合において、・・・労働条件は,現に締結している有期労働契約の内容である労働条件・・・と同一の労働条件・・・とする。」との規定の中の「五年」が「十年」とされたのです。

 この無期転換申込権の発生までの期間が10年を超える場合になった特例規定は平成26年4月1日から施行されています。
 なお,学生として大学に在学していた間に,TAティーチング・アシスタントなどとして雇用されていた場合の期間は,通算期間に算入されません。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
読みはあっても,公用文では書かない漢字の例

次の語は,一般の人が漢字で書いても,違和感を持たれないのではないかと思われますが,公用文では, → の右に書い...

[ 公用文用語 ]

「私達」か「私たち」か? 「友達」か「友だち」か?

正解は,「私たち」と「友達」です。「私たち」の「たち」は,「私ども」の「ども」と同様,接尾語です。接...

[ 公用文用語 ]

「~にも拘わらず」か,「~にも関わらず」か,「~にもかかわらず」か?

正解は「~にもかかわらず」です。これは,接続詞の「したがって」が,漢字で「従って」と書くのではなく,平仮...

[ 公用文用語 ]

読みが「そのほか」である語句を, 「その外」と書くか,「そのほか」と書くか?

公用文では,「そのほか」と書くのが正解になります。「その外」と書くと,「外」は当て字になるからであると考...

[ 公用文用語 ]

金融機関は遺言書とどう向き合うべきか?① 遺言書の形式

 預金者が亡くなり,その預金を相続し,又は遺贈を受けたという者が,遺言書を持って,金融機関の窓口に現れた場...

[ 相続相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ