コラム

 公開日: 2015-04-04  最終更新日: 2015-04-07

民法雑学 学生納付金の不返還特約の効力

結論
 大学の入学要項などに,入学金や授業料等学生納付金を納付した場合は,理由のいかんを問わず返還しないという定め(不返還特約)がありますが,入学を予定している年の3月31日までに入学辞退を申し入れた場合は,入学金を除くその余の学生納付金は,全額返還されるが,4月1日以降,入学辞退をした場合は,1年分までの学生納付金は1円も返還しなくともよい。というのが判例です。

Q 私の息子は今年,某私立大学に入学したのですが,事情があって入学早々退学することにしました。この場合,支払済の授業料の返還請求はできるのですか?
判例によって,入学辞退や中途退学をした場合は,入学金の返還請求はできないが,授業料その他の学生納付金の未経過分については、返還請求はできると聞いたものでお尋ねいたします。

A 返還請求はできません。
 あなたが聞いた判例というのは,最高裁判所第二小法廷平成18年11月月27日判決のことと思われますが、誤解があるようです。
その判例の説明を、以下のとおり,いたします。
4月1日以降になって,入学辞退(在学契約の解除)をしても,すでに納めた授業料その他については、それが初年度に納付すべき範囲内のものにとどまる限り,返還請求ができないことになっています。
 なお,大学に入学した学生と大学を設置運営する学校法人等との契約は,「在学契約」といわれます。

判例
ア 在学契約とは,①大学が学生に対して,講義,実習及び実験等の教育活動を実施する。②これに必要な教育施設等を利用させる。③学生が大学に対して,これらに対する対価を支払う。④学生が,大学の構成員としての学生の身分,地位を取得,保持し,大学の包括的な指導,規律に服すること等を内容とする有償双務契約としての性質を有する私法上の無名契約である。
イ 入学試験に合格した学生が,学生納付金として,①入学金,②授業料(通常は初年度の最初の学期分又は初年度分),③実験実習費,施設設備費,教育充実費などの費目の金員,④学生自治会費,同窓会費,父母会費,傷害保険料などの諸会費等を支払った後で,入学辞退(在学契約の解除)をすることは自由にできる。
・入学辞退をした場合は,①入学金の返還請求はできないが,②授業料ほかの学生納付金の返還請求はできる。
ウ 入学試験の際の契約(入試要項)で,いったん納めた学生納付金は返還しないという不返還合意をしている場合でも,消費者契約法9条1号の適用を受けるので,原則として,3月31日までに入学辞退を申し入れた場合は,入学金以外の②授業料ほかの学生納付金について全額を返還請求できる。
エ しかしながら,不返還合意をしている場合で,4月1日以降入学辞退の申し入れをしたときは,②授業料ほかの学生納付金の返還請求はできない。
オ 返還請求ができない理由は次のとおりである。
a 一般に,各大学においては,入学試験に合格しても入学手続を行わない者や入学手続を行って在学契約等を締結した後にこれを解除しあるいは失効させる者が相当数存在することをあらかじめ見込んで,合格者を決定し,予算の策定作業を行って人的物的教育設備を整えている。
b 一人の学生が特定の大学と在学契約を締結した後に当該在学契約を解除した場合,その解除が当該大学が合格者を決定するに当たって織り込み済みのものであれば,原則として,その解除によって当該大学に損害が生じたということはできない。
c 大多数の入学試験の受験者においては,3月下旬までに進路が決定し,あるいは進路を決定することが可能な状況にあって,入学しないこととした大学に係る在学契約については,3月中に解除の意思表示をし得る状況にあること,4月1日には大学の入学年度が始まり,在学契約を締結した者は学生としての身分を取得することからすると,一般に,4月1日には,学生が特定の大学に入学することが客観的にも高い蓋然性をもって予測されるものというべきであること。
d そうすると,在学契約の解除の意思表示がその前日である3月31日までにされた場合には,原則として,大学に生ずべき平均的な損害は存しないものであって,不返還特約はすべて無効となる。したがって,大学には,入学辞退をした学生に対し入学金以外の学生納付金の支払義務がある。
e しかし,在学契約の解除の意思表示が同日よりも後にされた場合には,原則として,学生が納付した授業料等及び諸会費等は,それが初年度に納付すべき範囲内のものにとどまる限り,大学に生ずべき平均的な損害を超えず,不返還特約はすべて有効となるというべきである。したがって,大学には,入学辞退をした学生に対し入学金だけでなく,その他の学生納付金の支払義務はない。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割の場合の注意 「課税価格」イコール「相続税評価額」ではないこと

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ