コラム

 公開日: 2015-03-06  最終更新日: 2015-03-11

請負 最高裁破棄判決例 請負契約の有効・無効は内容による

1,事件の内容
①甲は,賃貸用マンションを2棟建築するが,建築基準法に適合する建物では貸室数が少なくなり賃貸業の採算がとれなくなるので,いったんは建築基準法に適合する建物を建築して検査済証の交付を受けた後に,違法な建物にすることを計画して,
➁乙と通謀の上で,乙との間にそのような違法建物を建築する請負契約を結んだ。
③乙は,建築基準法に適合した工事の部分は完了した後,
④乙が,違法建築を始めた後で,区役所に発覚してしまった。
⑤そこで,乙は,区役所の指示を受けて是正計画書に従い,是正工事を含む追加変更工事を施工した。
⑥そこで,乙は甲に対し,建築代金請求訴訟を起こした。

2,原審判決
 原審の東京高裁判決は,甲と乙との間の請負契約は,違法建物の建築を目的とするものであるので,公序良俗に反し無効である。よって,乙から甲に対する工事代金の請求を棄却する。

3,最高裁判所平成23年12月16日判決は
 甲と乙の契約のうち,違法建物を建築する契約は,公序良俗に反し無効である。しかしながら,その是正のための追加変更契約は公序良俗に反していないので,有効である。したがって,有効な工事代金は,甲に支払う義務がある。と判示しました。すなわち,同判決は,「乙は,本訴請求に当たり,本件追加変更工事の施工の経緯,同工事の内容,本件本工事の代金と本件追加変更工事の代金との区分等を明確にしておらず,原判決中,本件本工事の代金の請求に関する部分と本件追加変更工事の代金の請求に関する部分とを区別することができないから,結局,乙の敗訴部分は全て破棄を免れない。そして,本件追加変更工事の具体的内容,金額等について更に審理を尽くさせるため,同部分につき本件を原審に差し戻すこととする。」と判示したのです。

4,破棄の理由
 違法建築を目的とする請負契約は公序良俗に反するので無効です(民法90条)したがって,乙は,その部分の工事代金の残額の請求は認められません。これは当然のことです。しかしながら,その是正のための変更契約まで無効とするのは酷であり,違法状態を適法状態に戻す契約まで無効とする理由はないということです。
 事実を細かく見,違法な部分と合法な部分を見分ける視点をもてという最高裁の判決です。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

本日の新聞報道より

1 会社法改正試案まとまる本日の新聞には、社外取締役の義務化、株主提案権の回数の制限などが議論され...

[ 会社関係法 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合② 名誉毀損にならない要件

1 名誉毀損の成立要件これは、「公然事実を摘示し、人の名誉を毀損すること」(刑法230条)です。「公然」と...

[ 民法雑学 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合① 基本判例

最高裁判所平成15年10月16日判決は、次のような判決をし、テレビ局の責任を認めました。この判決は、その後、...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ