コラム

 公開日: 2015-02-04 

遺言執行者⑭遺留分減殺請求先に要注意

1,遺留分減殺請求の相手方
 民法1031条は「遺留分権利者及びその承継人は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び前条に規定する贈与の減殺を請求することができる。」と規定していますが,この規定では,誰に対して遺留分減殺請求ができるのかが明らかではありません。
 しかし,民法1041条の「受贈者及び受遺者は、減殺を受けるべき限度において、贈与又は遺贈の目的の価額を遺留分権利者に弁償して返還の義務を免れることができる。」という規定からも,受贈者及び受遺者が遺留分減殺請求の相手方になることに争いはありません。また,民法1040条1項は「減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡の時において遺留分権利者に損害を加えることを知っていたときは、遺留分権利者は、これに対しても減殺を請求することができる。」との規定の,ただし書で,悪意の譲受人に対しても遺留分減殺請求ができ,さらに,民法1040条2項は「前項の規定は、受贈者が贈与の目的につき権利を設定した場合について準用する。」と規定していますので,遺留分減殺対象財産につき権利の設定を受けた者に対しても,遺留分減殺請求ができます(これらは贈与財産に関する規定ですが,遺贈財産についても類推適用されることになっています。)。
 要は,遺留分減殺請求をする相手方は,①受贈者及び受遺者(「相続させる」遺言により受遺財産を相続した受遺相続人を含む。),➁これらの財産の悪意の譲受人及び③これらの財産につき権利の設定を受けた第三者ということになります。

2,遺言執行者に対して遺留分減殺請求はできるのか?
 民法には,遺留分減殺請求を遺言執行者に対してなしうるとの規定はありません。しかし,大審院昭和13年2月26日判決は,特定遺贈については,受遺者に対し遺留分減殺請求をし,包括遺贈については遺言執行者に対してなすべきであると判示しています。
 この判例は古く,平成3年判例によって,遺言執行者の権利・義務,特に「相続させる」遺言の遺言執行者の権利義務が明確にされた以後,遺言執行者には遺留分減殺請求を受領する権限があるのか否か,あるとした場合,いかなる遺言書の場合に遺留分減殺請求を受ける権限があるのか,大審院時代の判例(特定遺贈の場合は,遺留分減殺請求を受ける権限はないが,包括遺贈の場合にはその権限がある)がそのまま妥当するのかどうか?などが明確ではなく,それらを論じた判例はありません。
 学説も,それほど明確には論じていません。一般には,大審院昭和13年2月26日判決を引用しながら,遺言執行者の財産管理権を根拠に,遺言執行者の遺留分減殺請求受領権限は包括遺贈のみならず特定遺贈にも及ぼすべきであると論ずるものが多いのですが,遺言執行者に遺留分減殺請求の受領権限がある場合でも,遺贈の執行が終了した後の遺贈対象財産は,遺言執行者に管理処分権はなくなっている(最高裁判所昭和51.7.19判決は,「一旦遺言の執行として受遺者宛に登記が経由された後は、右登記についての権利義務はひとり受遺者に帰属し、遺言執行者が右登記について権利義務を有すると解することはできない」と判示)ことを理由に,その場合は,遺言執行者には遺留分減殺請求を受ける権限はないと解されており,遺留分権利者が遺留分減殺請求をする場合の,相手方が誰になるかは非常に分かり難いものになっています。
 そのため,愛知県弁護士会法律研究部編集「改訂版遺留分の実務」(平成23年2月9日改訂版発行)は,「実務的には包括遺贈の場合においても,念のため受遺者本人に対しても意思表示をしておく方が無難であろう。」と書かれているくらいです。
 遺言書作成実務で多い,「相続させる」遺言は,これは特段の事情がない限り,遺言執行者には,平成3年判例及び平成10年判例により,相続財産を管理することはないので,遺言執行者には,遺留分減殺請求の意思表示を受ける権限はない,と解されています。
 遺言執行者に遺留分減殺請求を受領する権限がないのに,それがあると思って遺言執行者の遺留分減殺請求をしたため,遺留分減殺請求権を消滅時効にかけてしまった,ということになってはなりません。
 筆者が,「相続させる」遺言の遺言執行者になった案件で,遺留分権利者の代理人になった弁護士から,遺言執行者になった筆者宛に,遺留分減殺請求をしてきたケースがありました。このような遺留分減殺請求は,効果がないものと解されますので,「相続させる」遺言書の場合は,前記「改訂版遺留分の実務」にも書かれているように,念のため受遺相続人本人に対しても意思表示をしておく方が無難であろうと思われます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
職場での旧姓使用は、権利として認められるか?

東京地裁平成28年10月11日判決を紹介します。 この判決は、学校の教師が、職場で、当該教師に関わる、...

[ 民法雑学 ]

天皇陛下のお言葉の中に見られる「とともに」と「と共に」の使い分け

 本年8月15日は、終戦72年目の戦没者追悼式が執り行われた日です。 この日、天皇陛下の「お言葉」が、天皇...

[ 公用文用語 ]

最高裁平成29・2・ 21決定と、「取締役会のほかに株主総会でも代表取締役を選定できる」旨の定款

1 機関設計の多様性 平成17年に会社法が制定された時、株式会社の機関設計には、多様なパターンが許されるこ...

[ 会社関係法 ]

相続セミナー開催のご案内

1 相続法セミナー開催のお知らせ  私は、山陽新聞社が管理運営するインターネットサイト・マイベストプロ...

[ その他 ]

企業法務 独禁法と下請法の関係いかん

「後藤よ!下請法 (正式名称は「下請代金支払遅延等防止法」) という法律があるよなあ。あれと独禁法とはどう...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ