コラム

 公開日: 2015-01-09 

成年後見人からの質問 事前に葬儀費用を被後見人口座から出しておきたい・・・

Q 私は,母の成年後見人をしていますが,現在,母はいつ亡くなってもおかしくない状況下にあります。被後見人が亡くなると,私の後見人としての資格もなくなりますが,子として葬儀をしなければなりません。その費用に充てるため,今のうちに,母の銀行預金口座からお金を引き出しておくことはできますか?
A 
葬儀費用は,葬儀を主宰する者(喪主)が葬儀の契約の当事者となることから,第一次的には喪主が葬儀費用を負担することになります。被後見人の財産から葬儀費用を支出することについては,推定相続人全員の合意があれば可能であるとされています(片岡ほか「家庭裁判所における成年後見・財産管理の実務」121頁)。
被後見人が生前から葬儀の準備をしておくことは,被後見人の自己決定権の尊重の見地から認められるべきものとされ,後見人が被後見人の意思を尊重して,葬儀費用の準備のために被後見人の財産から一定の支出をすることは,一般的に被後見人にとって必要性が認められます。したがって,被後見人に葬儀費用の事前準備の意思があったとみられる場合は,可能でしょう。この場合は,被後見人の社会的地位,人間関係や交際範囲等から判断して,社会常識に照らして相当と認められる葬儀費用を事前に引き出すことができるとされています。(同書69頁)。
もっとも,葬儀費用を事前に引き出した場合,預かり金としてその他の金銭とは別に保管しておく必要があります。後見終了後2か月以内に管理の計算が完了すると,相続人への財産引き渡しまでの間,現金については年5分の割合による利息を付さなければならなくなるので(民法870条,873条1項),必要以上の現金を手元に置かない方がよいとされています(寺町東子「成年後見の実務」LIBRA,Vol.10・14頁)。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新信託法の概要2

八 限定責任信託1 限定責任信託の意義これは、受託者が、信託事務を行う上で債務を負担した場合でも、受託...

[ 菊池と後藤の法律実務レポート(企業編) ]

新信託法の概要1

一 信託の特徴 1 三者の関係信託には、委託者(甲)、受託者(乙)、受益者(丙)が存在する。この場合、...

[ 菊池と後藤の法律実務レポート(企業編) ]

トラストミー

トラストミー 少し前の話である。どこかの国の首相が、どこかの国の大統領に対し、「トラストミー」と言ったと...

[ 菊池と後藤の法律実務レポート(企業編) ]

NHKのテレビ受信料の支払義務に関するQ&A

Q 私は、テレビを所有していますが、NHKはほとんど見ることはなく、民報のみを見ています。また、衛星放送に...

[ 民法雑学 ]

顧客名簿と営業秘密

Q 当社の営業担当の従業員が、退職後、競争会社に入社し、当社の顧客名簿を利用して、営業活動をしています。な...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ