コラム

 公開日: 2014-12-17 

借家 離婚により夫が退去した場合の妻の居住権

Q 私は夫が賃借したマンションで,夫婦親子で住んでいましたが,今般離婚し,夫がマンションから退去しました。すると家主から,私がマンションに住んでいるのは,借家権の無断譲渡になるので,立ち退いてくれと言ってきました。立ち退かなければならないのですか?

A 夫が借家人名義になった借家での妻の居住は,借家人である夫の履行補助者としての居住で,独立したマンションの占有者とはみられません。しかし,離婚に伴い,それまで借家人であった夫が借家を退去し,妻が借家に継続して居住する場合,離婚した妻の居住は,独立した居住になり,居住する権利がなければなりません。それは夫の持っていた借家権を貸主の承諾を得て譲渡してもらうことで取得できますが,貸主が承諾してくれない場合は,退去しなければなりません(東京地裁昭和42年4月24日判決) 。
離婚に伴い,借家権を,財産分与財産として,夫から妻に譲渡する場合もありますが,裁判所は,この場合は,賃貸人の承諾を得ることを条件として、妻に譲渡する旨の審判をしています(大阪家庭裁判所昭和37年10月30日審判)。
したがって,あなたの場合,貸主の承諾を得られない限り,マンションから退去するほかありません。

個人が借家人であって,その個人が法人成りしたような場合も,個人から法人に借家権が譲渡されたことになりますが,この場合は,通常借家の使用がそれまでとは何ら変わらないので背信性がないとして家主も立退きを請求できないのが一般的な考えです。しかし,あなたの場合は,借主が完全に交代することになりますので,原則として,退去せざるを得ないことになるのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の相続法理と法実務 第2章 遺言   を上梓しました

弁護士菊池捷男のホームページ上に、最新の相続法理と法実務に次の第2章を追加しました。第2章 遺言  第1...

立法論としての相続法③ 配偶者の居住権の保護

 法制審議会(相続関係部会)での審議の一つに、配偶者の居住権の保護を目的とした方策(改正相続法案)をどう定...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法② 配偶者の法定相続分に問題はないか?

 配偶者の法定相続分は、1/2です。この1/2という数字、多いか少ないかといえば、婚姻期間が長く、また、被相続...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法① 配偶者の生活保障は十分か?  

1 配偶者の法定相続分  配偶者の法定相続分が、1/3から1/2に引き上げられたのは、昭和55年の民法(相続法)改...

[ 相続判例法理 ]

相続税における「私道供用宅地の時価」の意味

相続税法22条及び評価通達は、相続税の対象になる財産の価額は相続時の時価によるものとすると定め、「時価」とは...

[ 民法と税法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ