コラム

 公開日: 2014-11-28 

働く者から取るなかれ (減給額の制限)

 働かざる者食うべからず,という言葉がある。逆に言うと,働く者には糧を与えよ,ということになる。現在,糧とは,賃金のことだ。賃金から,税金や社会保険料は差し引かれるのは別問題だ。
 なお,税と言えば,江戸幕府を開いた徳川家康の定めた四公六民の制度がある。これは,お百姓の取り分は六分で,藩主の取り分は四分という意味だ。もし,藩主が,四公六民を守らず,お百姓さんにそれを超えて過酷な年貢を課しでもすれば,幕府は黙っていない。藩主は改易だ。改易の辛さは,浅野内匠頭の赤穂藩の例で分かるだろう。だから,藩主はすべて四公六民を守った,とは言えね~。守らね~のがいたからたいへんだった。そこで,家康,お百姓さんに,直訴することを許した。許した代わりに,直訴した者は,磔にすることにした。磔にする理由は,身分制度の下,藩主を訴えるったあ大罪だったからだ,これにより,藩主は,酷い政治をすると,お百姓さんから,刺し違えられる危険が生じた。お百姓さんも,命と交換に藩主に善政を求めることができたのだ。
 ここで,閑話休題だ。
 ここで言いたいことは,使用者がする従業員に対する減給処分には,金額に制限があるということだ。
 すなわち,労働基準法91条は,就業規則で労働者に対して減給の制裁を定める場合,減給額は一回あたり平均賃金の半日分まで,減給額の月額合計額は,賃金の月総額の1割までだ。。
 例えば,従業員の遅刻に対して減給処分を科す場合は,減給額は,1回の遅刻に対しては,平均銀が一日1万円だとすると,一回の減給分は5000円まで,月の20回遅刻した場合でも,そのと月の減給額の合計額は,その月の賃金の総額が20万円ならば,減給額の合計額は2万円までということだ。

 なお,ここでいう平均賃金の定義としては,労働基準法12条1項で,
 この法律で平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前三箇月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいう。ただし、その金額は、次の各号の一によつて計算した金額を下つてはならない。
一 賃金が、労働した日若しくは時間によつて算定され、又は出来高払制その他の請負制によつて定められた場合においては、賃金の総額をその期間中に労働した日数で除した金額の百分の六十
二 賃金の一部が、月、週その他一定の期間によつて定められた場合においては、その部分の総額をその期間の総日数で除した金額と前号の金額の合算額
と定められている。

知ってて,おくんなせ~。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ