コラム

 公開日: 2014-11-25 

手が清くない者に権利なし (有責配偶者からの離婚請求)

 これは,クリーンハンドの原則といわれる諺である,
 離婚事件でいうと,自ら不貞行為を働き,家庭を壊した者は,離婚請求を認めない,という原則になる。
 ただしかし,①別居期間が長期間になり,夫婦関係が破綻しておれば,➁夫婦間に未成熟子はいなくて,③相手方配偶者を精神的・経済的に極めて過酷な状態に置くことがない場合にまで,離婚請求を認めないというのでは,かえって不都合だとの,冷静な考えも出,この三要件があれば離婚請求を認めるとの判例(最高裁判所昭和62年9月2日判決)が出た。
 浮気男,いや,浮気女か?には朗報かもしれないが,なかなかにこの要件は厳しい。
 ここから,誤解が生じている。①の要件を満たした者は,皆,離婚請求ができるとの誤解だ。長期間の別居男も別居女も,➁と③の要件を満たさないと,不貞を働いた有責配偶者からの離婚請求はできないのだ。相手方配偶者が重篤の病気であるとか,扶養を必要とする子がいるなどの事情があるところでは,期間は10年経っていても離婚請求は認められないのだ。

 ところで,①の別居期間は何年くらい続けば離婚が認められるのか,については,世間の関心は高いが,裁判所は,一応10年間別居に及べば①の要件は満たしていると判断しているようである。
 しかし,離婚を認めるかどうかは,そんな単純な話ではない。次の裁判例を紹介しよう。裁判官による違いが分かるはず。
 
 徳島家庭裁判所平成21年11月20日判決は,①甲が丙女と不倫関係を結び同棲して6年7か月であるが,不倫相手の丙女と同棲をしているのであるから,夫婦関係に破綻は明白だ。で,別居期間は6年7か月しかなくとも,夫婦破綻ははっきりしている。それをまだ短いといって,既に心のつながりという本質を失った婚姻関係に懲罰的につなぎ止めることも,厳格に過ぎる。➁甲は妻の乙に2730万円の財産分与すると約束している上,今後もこれまでと同様の経済的支援を行うことを約束している。との理由で離婚請求を認めた。
 しかし,その控訴審の高松高等裁判所平成22年11月26日判決は,①別居期間は約7年5か月であり(控訴審の時間が加わっているので一審より長い別居期間になっている)、双方の年齢や同居期間に照らしても必ずしも相当の長期間に及んでいるものではなく、➁また、甲乙夫婦間には,成人ではあるものの、複数の障害により24時間の付添介護が必要である子が存在しており、その子は未成熟子あるいはこれに準ずるものといえるし,③妻の乙は,将来的には,経済的に過酷な状況におかれる可能性を否定することはできないので,甲からの離婚請求は認められないとして,原判決を取り消し、甲からの請求を棄却した。
 一審と二審,見事に結論を異にしている。裁判官の人生観,価値観,家庭観,あるいは不倫という行為の影響に対する洞察力の差が,結論の違いか?
はて,読者諸賢は,一審派か二審派か,お尋ねしてみたいものだ。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
民法改正が賃貸借契約に与える影響 4 原状回復の内容は具体的に書く

1 原状回復費用には自然損耗分は入らない 改正民法621条は、「賃借人は賃借物を受け取った後にこれに生じた損...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 3 賃料が当然に減額となる場合(改正)

1 民法611条の改正内容改正された民法第611条は、1項で、「賃借物の一部が滅失その他の事由により使用及び...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 2 賃借人の修繕権(新設)

1 修繕権の創設改正民法607条の2は、「賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、その修繕...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 1 賃貸借期間が伸長された

ガソリンスタンドの設置目的などに朗報1 現行法は20年、改正法は50年借地借家法の適用のない賃貸借契...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

他人の研究論文の模倣ないし盗用と私立大学の使用者責任

 知的財産高等裁判所平成27年10月6日判決は、・大学又は大学院の教員が行うすべての学術論文の執筆,発表...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ