コラム

 公開日: 2014-11-14  最終更新日: 2014-11-19

漢字は歌舞伎役者で仮名は黒子なり

 白と黒を「混ぜる」と灰色になり,白と黒を「交ぜる」と縞模様になる。店を「開ける」と客がわんさと来るが,店を「空ける」と来なくなる。「とんぼ返り」をすると見物人からやんやの喝采を受けるが,「とんぼ帰り」では誰も見てはくれない。口に入れた物が「軟らかい」ものなら食べやすいが,「柔らかい」ものだと消化不良を起こす。選挙戦に突入したぞ!さあ「戦い」だ!というのなら,勝利を目指すことが分かるが,さあ「闘い」だ!というのでは,逆境を克服するため懸命に努力するということが分かるだけだ。そんな候補者は,選挙などに出ないで家でテレビを見ていた方がましだろう。
「もっと早く起きろ」と叱られるのは,早い時刻に起きろという注意だが,「もと速く起きろ」と叱られるのは,ぐずぐずするなという注意だ。

 漢字には,固有の意味がある。同じ読みでも,違った漢字を使うと,意味がぜ~ぜん違ってくる。つまり漢字には歌舞伎役者ほどの役割と個性があるということだ。これに対し仮名には個性はない。要は,仮名は黒子だ。

 公用文は,平成22年11月30日付内閣訓令第1号「公用文における漢字使用等について」により,それまで以上に,漢字と仮名の使用に厳格さが求められることになった。

名詞,動詞,形容詞,副詞は,それぞれ固有の意味を持つ漢字で書かなければ意味の通じないことが多く,そのためこれらの品詞の場合は原則として漢字で書くことになる。しかし,形式名詞,補助動詞,補助形容詞は,漢字で書くほどの個性はなく,仮名で書くのが原則だ。

具体例を出すと,「お土産を頂く」は正しく,「お土産をいただく」は正しからずだ。「参考にして頂く」は間違いで,「参考にしていただく」が正しい。「文句を言う」は正しく,「文句をいう」は間違い。「弁護士と言う職業」は間違いで,「弁護士という職業」が正しい。「役員を置く」は正しく,「役員をおく」は間違い。「そのままにしておく」は正しく,「そのままにして置く」は間違い。「お便りを下さい」は正しく,「お便りをください」は間違い。「教えてください」は正しく,「教えて下さい」は間違いなのである。これらは,すべて,動詞が漢字,補助動詞が仮名になっているのだ,漢字と仮名に分ける理由を,「言う」と「いう」を例にしていえば,「言う」の歌舞伎役者としての個性は,人が口を開いて声を出して意思を伝える演技である。「文句を言う」と書いた場合,文句を言う嫌~な奴の,尖った口元が彷彿としてくるではないか。しかし,「弁護士と言う職業」と書くと,漢字の「言う」の意味のないことが分かるはず。したがって,ここでは「弁護士という職業」が正しいのだ。補助動詞は,あくまで動詞を助ける黒子役だ。黒子が顔を覆った布をはぎ取り,歌舞伎役者の横で顔を出してしまうと,歌舞伎役者の個性を殺してしまうのだ。だから,動詞の後の補助動詞は仮名で書くことになるのだ。
 なお,複合の動詞というものがある。「明け渡す」とか「申し立てる」などだ。これは二つの動詞が組み合わさった一つの言葉だ。だから,二つの動詞はいずれも漢字で書くことになる。

 接続詞も原則平仮名で書くことになっている。
一例を挙げてみる。接続詞の「したがって」があるが,これは「従って」と漢字で書かず,「したがって」と仮名で書くことになっている。「従って」は,「命令に従って」のように動詞で使う場合は漢字であるが,「したがって,君の言うことはナンセンスだ。」というように接続詞として使う場合は,平仮名で書くことになるのである。接続詞の「したがって」に,漢字の「従う」という意味はないからである。
 なお,接続詞でも,漢字で書くものがある。「及び」「並びに」「又は」「若しくは」の四文字だ。これは拙著「知って得する法令用語」(山陽新聞社発行)に解説している。読んでいただけるとありがたい。ためになること請け合いだ。

 

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割の場合の注意 「課税価格」イコール「相続税評価額」ではないこと

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ