コラム

 公開日: 2014-10-23 

クイーン・エリザベス号乗船記⑥ 天気晴朗にして,波静か

晩夏初秋の南欧の海,地中海は,天気晴朗にして波静かでした。
海上にありながら,陸上にいるのと変わらぬ,動かぬ大地,揺れぬ大地さながら,
動かぬ船床,揺れぬ船床を堪能したのですから,大満足です。

船の最上階に立って,四囲を眺めれば,紺青の海が,渺々と広がっています。
はるかかなたの水平線は,円周を描き,地球が丸いということを教えてくれます。

仰臥して,天空を見上げれば,空はどこまでも青く,どこまでも深く,
その真っ青な空を画布として,刷毛ではいたような白雲が,浮かんでいます。

吸い込まれるような青空を見続けていると,南欧の強い日差しを放つ太陽が,東から西に,移動しているのが分かります。
アランドロン主演の映画「太陽はいっぱい」で,カプリ島の海に,また,人に,照りつけた,あの太陽です。
終日航海の日は,船上から,朝は,東に,暁暗を破って勢いよく昇ってくる,金色に輝く太陽を見,昼は,まぶしく光を放ち,人にその輪廓を見せない,真っ白の太陽を感じ,夕は,残光を引きつつ,燃えるような赤みを水平線のかなたに沈める太陽を見ることができます。

自然の雄大さを感じ,気宇壮大な気分にしてくれます。
遅い夏休みでしたが,満喫できた,7泊8日でした。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

これからの契約実務① 客観的「瑕疵」基準から主観的な「契約の内容」基準に

現在国会で審議中の民法(債権法)改正案は、契約当事者の意思が重要視されています。一例として、改正民法案562...

[ 債権法改正と契約実務 ]

遺留分法理⑪ 遺言執行者に対し遺留分減殺請求ができる場合(判例)

最高裁判所平成11年12月16日判決の前段部分は、次のような内容のものです。「特定の不動産を特定の相続人甲に...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ