コラム

 公開日: 2014-10-14  最終更新日: 2014-10-16

クイーン・エリザベス号乗船記③ 寄港地 

今回の船旅の初日9月26日は、ローマの外港チヴィタヴェッキアで乗船しました。
チヴィタヴェッキアは、イタリア半島の中央部西海岸にある、古代から栄えた港町です。2世紀の初めにトラヤヌス帝によって港として整備され発展してきた町です。1615年には、我が国の慶長遣欧使節団(会津藩支倉常長が引率)がこの港に上陸しています。この縁があって、チヴィタヴェッキアには、支倉常長の銅像が建立されております。

翌日の9月27日、クイーン・エリザベス号は、終日、ひたすらイタリア半島西海岸にそって北上し、翌々日の28日、イタリアのリボルノに寄港しました。
リヴォルノは、ヴェネツィアほどではありませんが、運河が発達し、要塞化した市壁に囲まれた、古い歴史のある町ですが、現在は、かつてほどの繁栄は薄れている模様です。そこからは、異観ともいうべきピサの斜塔に近く、私たちも、ピサの斜塔を観光してきました。





その翌29日は、モナコ公国の首都モンテカルロに寄港しました。
モナコ公国は、バチカン市国に次ぐ世界で2番目に小さい国(人口は4万人足らず、面積は2.02km²)で、山が海に落ち込む急峻な傾斜面に、国のすべてであり首都でもあるモンテカルロが、人工的に造られたという感じの町として存在しています。F1レースやヨットレースで有名な、美しい国です。国は小さいのですが、1人当たり国民総所得は世界のトップクラスで、個人居住者には所得税は課せられていません。また、タックス・ヘイヴンの国であることから、モナコ国外から収入を得ている富裕者の多くがこの国にやってきているということで、たいへん裕福な国でもあります。カジノで有名な町でもあります。海から、モナコを見ますと、背後の山はフランス領、右手の半島はイタリアという具合に、まことに小さく可愛い国です。大公宮殿は多くの美術品に飾られ、フランスのヴェルサイユ宮殿の内部に劣らぬほどの立派なものでした。ハリウッドの映画スターであったグレースケリー王妃が結婚式を挙げ、また、その墓のある大聖堂も立派なものでした。







翌30日は、フランスの南端、イタリア国境に接したプロバンス地方の、軍港で有名な、そして軍艦が多く係留されたツーロンに寄港しました。ツーロンは、ビクトル・ユゴーのレ・ミゼラブルの主人公ジャン・バルジャンが、飢えた姪に食べさせようとしてパンを1個盗んだことで服役した刑務所のある町です。ここから、エクサンプロバンスにあるセザンヌのアトリエや、セザンヌが長年にわたって描き続けたサント・ヴィクトワール山の、その描き続けた場所や、歌(シャンソン)に歌われたミラボー通りへ観光に行きました。なお、パリのシャンゼリゼ通りは、このミラボー通りを模倣して造られたのだとの説明を受けました。

翌10月1日は、スペインのバルセロナに寄港しました。バルセロナは,スペインの東南の位置し,フランスに近く,スペインで最も繁華な街ともいわれますが,この街の歴史も古く,紀元前20年ごろローマ人の植民都市からスタートしている模様です。5世紀には西ゴート王国の首都になり,8世紀初頭にイスラム勢力によって征服され,9世紀には、カール大帝治世のフランク王国によりスペイン辺境領に組み込まれ,10世紀末独立し、11世紀にはバルセロナ伯爵領を中心とするカタルーニャ君主国を確立させ,12世紀には,アラゴン連合王国を構成する一勢力として、海外領土を求めて拡大し、バルセロナからアテネに至る地中海を支配するまでの勢力となったものの,その後歴史の治乱興亡の中で衰退し,しかし,19世紀に入って産業革命が起こり、市域の拡張がなされ,文化や経済が発展し,今日に至った,歴史のある美しい街です。
ここでは,世界遺産ガウディの作品群、聖家族教会などを観光したものです。

10月2日、クイーン・エリザベス号は、向きを東に変えて、終日、地中海をクルーズし、翌3日、チヴィタヴェッキアへ帰港し、地中海クルーズの旅が終わりました。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ