コラム

 公開日: 2014-09-21  最終更新日: 2014-09-24

公用文の書き方 20 一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ 

 これは、我が国は、戦国時代の武将、本多作左衛門重次が、長篠の戦場から妻に送った手紙文とされているものです。この文章も、簡にして要を得た、文章の一例として、紹介されることのあるものです。
 秋山真之の「本日天気晴朗なれども波高し」よりは、いささか格は落ちますが、簡潔明瞭という点では、秋山真之の文章と共通するものです。
 この文章を書いた本多作左衛門重次とは、いったいどのような人物だったのでしょうか。作左衛門は、実に知謀・雄略の人でした。小牧・長久手の戦いの後、天下は、ほとんど、豊臣秀吉の手に落ちたといってもよい状況に至ったのですが、徳川家康は秀吉に膝を屈する姿勢を見せません。そこから秀吉と家康の虚々実々の交渉が始まります。

 山岡荘八の小説「徳川家康」では、作左衛門は、石川数正と心契を結び、数正が柔の姿勢を取り外交を担当して秀吉と交渉し、作左衛門は剛の姿勢を取り家康ですら押さえられない三河武士団の巨頭として数正の軟弱外交を罵り家康の大阪行きに反対する姿勢を示すのです。数正は、この軍団の圧力があるゆえ、家康は大阪へは行きたくとも行けないのだと、秀吉に伝えるのです。そして、秀吉があくまで家康に臣従を求めるならば、小牧・長久手の戦いが再現すると、いわば脅迫をするのです。秀吉も、長久手の戦いの手痛い敗戦の屈辱が身に滲みていますので、戦争は避けたいと考えます。しかし、秀吉は、家康が大阪へ出てきて、秀吉に臣下の礼をとってくれないと、天下人になったとは世論も認めてくれないため、なんとしてでも家康に大阪へ来させる策を考えます。
 家康も、天下の形勢は秀吉に傾き、秀吉と戦争をしても良い結果にならないことを知っていますので、一戦は避けねばならないと考えます。しかし、そうかといって、秀吉に、家康を甘く見させてはならず、家康は、臣下の礼をとるにしても他の臣下とは別格扱いをさせねばならない、と考えるのです。ここから、秀吉・家康間に、戦争か和睦かをかけた外交戦、神経戦が始まります。
 ついに、秀吉は、家康を、というよりその背後にある三河軍団を、懐柔するため、実妹朝日姫を離縁させ家康に再嫁させます。家康を並の家臣と扱わない、親戚として、義弟として扱うという意思表示です。しかし、それでも、作左衛門は家康の大阪行きには体を張って反対の姿勢を取り、家康を大阪には行かせません。そこで、ついに、秀吉は、実母大政所を、朝日姫見舞を名目に浜松へ行かせ、それを実質的な人質として、家康に、大阪へ出てくるよう求めるのです。秀吉がここまで折れて出たのに、家康がなおも大阪行きを断ると、世論から家康怯懦なりと侮りを受けるばかりか、秀吉家康間に戦争が起こること必定です。
 そこで、ついに、家康は大阪へ行くのですが、このとき作左衛門は大政所と朝日姫のいる屋敷の周囲に薪を積み上げ、兵を配置し、もし、大阪で家康の身に何事かが起これば、直ちに、薪に火を付け大政所と朝日姫を焼き殺す姿勢を示すのです。
 作左衛門のこの所行は、とてつもない威圧を、直接には大政所と朝日姫に、間接的は秀吉に加えたものですが、恐怖に陥った大政所から見て、まことに作左衛門は鬼に見えたことでしょう。
 作左衛門は、これがため、歴史上「鬼作左」の異名を取ることになるのですが、その結果、家康は秀吉に臣従するに至ったものの、秀吉からは親戚よ、義弟よ、と呼ばれて別格の扱いを受け、五大老の筆頭になって面目を新たにし、さらには、秀吉亡き後天下人になるのですから、まことに鬼作左のしたことは、あの諸葛孔明ですら三舎を避くであろうほどの功績だといってよいでしょう。
 その知謀胆略恐るべし、です。

 この本多作左衛門が書いたのが、冒頭に紹介した手紙文です。
 鬼昨佐のこの文章は、場所が徳川・織田の連合軍と武田軍との決戦場というべき長篠で書いたものだけに、長い推敲の後でなく、寸暇の間に書いたものと思われます。
 秋山真之の「本日天気晴朗なれども波高し」も、真之が、最初の電文「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊は直ちに出動、之を撃滅せんとす。」を見たときは、「それでよし」と答えたのですが、それを持参してきた兵がその電文を持って去ろうとしたとき、「ちょっと待て!」と呼び止め、それに書き加えた文ですので、これまた、推敲の時間とてない、寸秒の間に生まれた文です。

 鬼作佐の文も、真之の文も、簡潔明瞭というだけでなく、推敲にほとんど時間を取らず生まれた文であることを思うと、彼らに共通するものは、何だったのでしょうか?

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割判例法理⑦ 財産全部についての遺産の分割の方法を定めた遺言は債務に及ぶ 

 民法899条は,「各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」と規定していますが,ここ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑥ 遺産分割の方法を定めた遺言の効力は代襲相続人に及ばない

遺言書の効果は,遺言書に書かれた文言に限られます。長男に全財産を「相続させる」と遺言書を書いた場合で,そ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑤ 相続放棄は詐害行為にならない

 しかしながら,相続放棄は,詐害行為になりません。下記の判例があるからです。 ですから,遺産分割協議で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理④ 遺産分割協議は詐害行為になりうる 

 債務が多くあり,遺産を相続しても債権者に差し押さえられると考え,遺産分割においては取得できる具体的相続分...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理③ 債務不履行による遺産分割協議の解除は不可

 これは,代償分割など,遺産分割協議で,相続人の一人が債務を負担した場合で,当該相続人が債務を履行しないと...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ