コラム

 公開日: 2014-09-20 

公用文の書き方 19 簡潔なわかりやすい言葉のほうがよほどいいことがわかってきたわ

 「簡潔なわかりやすい言葉のほうがよほどいいことがわかってきたわ」
 この言葉は,ルーシー・M・モンゴメリーが書いた小説「赤毛のアン」の中で、ミス・ステイン先生が,アンに,「短い言葉のほうが、長いのより強くていいわ」と,文章の書き方を教えたところ,アンが応えた言葉です。

 小説「赤毛のアン」は、世界一美しい島といわれる、カナダの大西洋側にあるセントローレンス湾内にあるプリンス・エドワード島を舞台にした物語です。村岡花子邦訳のこの小説は、プリンス・エドワード島の自然やアンの語り口が、旋律をもった文章になっており、ひとたび,読者が,この本を読み始めると、ぐんぐんと吸い込まれるように、赤毛のアンの世界に、没入していきます。この本は,簡潔で分かりやすい言葉によって綴られ,アンの人柄や、性格、人と人との交情が、細やかに、そして、温かく伝わってきます。
 文章を美しく,また,分かりやすく書く要諦は,アンの言うように,「簡潔なわかりやすい言葉で書く」ということなのでしょう。
 公用文も,同じだと思われます。
 なお,小説「赤毛のアン」は,文中、随所に、作家の優しさが、珠玉の言葉になって、読者の心を打ちます。

 アンは、男の子の養子をと望んだマシュー・カスバート とマリラ・カスバートの兄妹の家に、手違いから、やってきました。
 マリラは、マシューに言います。
マリラ  「置いとけませんね。あの子がわたしらに、何の役にたつというんです?」
 そうなんです。マシューもマリラも、マシューが60歳になり、心臓病の持病をもっているので、野良仕事の手伝いができる男の子が欲しかったのです。その家に、予想外に女の子がやってきたのですから、マリラの言うのは、当然のことだったのです。
 しかし、このとき、
マシュウ  「わしらのほうであの子になにか役にたつかもしれんよ」
 日頃、自分の意思というものを口にしないマシューの言葉です。
 駅から自宅グリーンゲイブルス(邦訳「緑の切妻屋根」)まで、アンを馬車で連れ帰ったマシューは、アンが、いかに愛に飢え、家庭を求めているか、いかにマシューの家の子になることを喜んでいるかを知ったのです。また、いっぺんにアンを好きになっていたのです。
 そういう思いもあり、件(くだん)の言葉になったのです。
 結局、このマシューの言葉で、アンは、グリーンゲイブルスの子になりました。
 その後、マシューも、マリラも、アンに対する愛情が、日ごとに大きくなっていき、それまでに経験したことにない,明るい,笑いの多い日々を送ることになるのです。

 5年後、マシューは、突然、心臓発作で亡くなります。
 その前日のアンとの会話です。
 野良仕事を終えたところのマシューに,アンが語りかけます。
アン  「私が、男であったら、マシュー叔父さんを助けることができるのに・・・」
マシュー 「お前は女の子でよかったんだよ。12人の男の子より、いいんだからね。わしの自慢の娘じゃないか。」
 アンと分かれた後、マシューは,つぶやきます。
マシュー 「あの子がわしらに入用だったことを神様はご存じだった。あの子は神様の思し召しだった。」

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
共同保証人間の求償権の趣旨・消滅時効中断事由に関する初判例

最高裁判所平成27年11月19日判決の紹介時系列的事実関係⑴ 信用保証協会Aと主債務者会社の代表取締役Bが、銀...

[ 民法雑学 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

信用保証協会、二度目の最高裁判決

またまた、信用保証協会に不利な最高裁判決が出されました。2016-09-14付けコラムで紹介しました最高裁判所第三小...

[ 会社関係法 ]

立法論としての相続法⑬ 法制審議会で、民法1015条の字句を改めるべしとの意見出る

 現行の民法1015条は、「遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。」と規定しています。この字句から、遺言執行...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ