コラム

 公開日: 2014-09-03  最終更新日: 2014-09-05

公用文の書き方 2 本日天気晴朗なれども波高し

 「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊は直ちに出動、之を撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し。」という文は,日ロ戦争の天王山ともいうべき日本海海戦の戦端が,今まさに開かれようとする中で,発せられた電文です。
第1文は,連合艦隊幕僚室で起案して,参謀の秋山真之に提出。これに秋山参謀が第2文を加筆。その瞬間,この千古の名文が誕生したのです。

 参謀秋山真之は,「天気晴朗」によって視界が開けている様を,敵軍を逃すことはないことを,「波高し」で海が荒れていることを,豊富な軍事訓練を繰り返し満を持す日本軍が,長途の軍旅を経てきたバルチック艦隊よりも有利な立場にあることを,伝えたのだとされています。

 簡にして要を得た文。波濤万里の彼方の情景を眼前に見せるがごとき文。
秋山真之が作ったこの文は、文の真骨頂ここに見たり。という感がします。

 文や文章は,長い歴史の中で,先人の叡智で磨かれ,匠の技を見せ、数多の名文、美文、格言などが生まれてきました。
 公用文である、この文もしかりです。

 公用文というと、人の心に残らない、無味乾燥の、人の情というものとは無縁な文章と思われがちですが、決してそうではありません。
  判決書の中にも、「生命は尊貴である。一人の生命は、全地球よりも重い。」(昭和23年3月12日最高裁判所大法廷判決)という、法曹人の口に膾炙してきた文も生まれました。
 この最高裁判決は、死刑制度に対し、正面から取り組みます。生命の尊厳と死刑制度の存置という重い問題に、真摯に、真剣に、取り組んでいる姿を如実にしているのです。

 現在,公用文は,昨日のコラムで紹介したように、その書き方が,「常用漢字表」などによって制限を受けることになっています。しかし,これは、公用文を無味乾燥な事務文書にするためではありません。公用文を,より分かりやすくするためです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺言執行者制度は機能しているか?⑤ では、判例はどうか?

5 では、遺言執行者相続人代理人説は、判例では認められているのか?(1)相続人の遺言執行者に対する相続...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者制度は機能しているか?④ 遺言執行者相続人代理人説は、法の規定と整合するか

4 遺言執行者相続人代理人説は、法の規定と整合するのか(1) 遺言執行者は相続人の代理人なのか?遺言...

[ 相続判例法理 ]

民法雑学 不当利得返還請求権の消滅時効は、権利発生の時から、進行が開始する

先日、45年前の子供の取り違えによる債務不履行を原因とした損害賠償請求権の時効は、取り違えを知った時から、消...

[ 民法雑学 ]

遺言執行者制度は機能しているか?③ 日弁連・懲戒委員会の懲戒議決に通底する考え

3 日弁連・懲戒委員会の懲戒議決に通底する考え日弁連・懲戒委員会は、(1) 民法1015条が「遺言執行者...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者制度は機能しているか?② 弁護士の総意(日弁連総会議決)は、反対意見

2 弁護士の総意(日弁連総会議決)は、反対意見 日弁連総会は,平成16年、日弁連規則を改正し,平成13年に...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ