コラム

 公開日: 2014-08-25 

使用者のための労働問題 普通解雇と懲戒解雇の違い

Q 従業員Aが,職場で,他の従業員Bに暴力を振るいました。上司が注意をすると,Aは無断で欠勤してしまいそれが30日にも及びました。Aの働いている職場の全従業員から,Aがいると怖くて仕事にならないので解雇してくれと言ってきました。Aを懲戒解雇にできますか?懲戒解雇ができない場合は,普通解雇はできますか?
なお,当社の就業規則には,
懲戒解雇事由の要件として,
①職務を怠った場合又は職務上の命令に違反した場合
➁不正,不法な行為により,他の従業員に重大な損害又は影響を与えた場合
等があります。
また,
普通解雇の要件として,
①勤務実績が良くない場合
➁職務の遂行に必要な適格性を欠く場合
等があります。


1,懲戒解雇と普通解雇の違い
懲戒解雇は,制裁としての解雇です。普通解雇は,労働契約が履行できないことを理由に労働契約を解除することです。言葉を代えて言えば,懲戒解雇は,「仕事をする能力はあるが悪いことをした制裁として解雇する」というもので,普通解雇は,「悪いことをしたわけではないが仕事をする資質・能力がないために解雇する」というものです。
就業規則の解雇事由を見ても,その違いが分かるはずです。

2,懲戒解雇事由を普通解雇事由にすることは可能
懲戒解雇ができる事案で,普通解雇にすることは許されます(大阪地判平成10.7.17)。
不名誉となる懲戒解雇を選択しないで,普通解雇にすることは,労働者にとって不利益にはならないからです。

3,本件で,懲戒解雇は可能か?
(1)就業規則等に根拠があること
 懲戒解雇が有効とされるためには,労働者の行為が,予め就業規則等に定められている懲戒解雇事由に該当する必要があります(最高裁昭和54年10月30日判決)。
ご質問の内容では,Aの行為は,懲戒解雇事由の①のも➁にも該当するでしょう。
(2)相当性
 通常,懲戒処分をするには,懲戒解雇を最上位に置いて,戒告,減給,出勤停止等も懲戒処分にしていると思えます。その中で,懲戒解雇をするには,それに相当する非違行為でなければなりません。懲戒事由があっても,懲戒権の行使が権利の濫用と判断される場合には懲戒処分は無効とされます(労働契約法15条)。
 通常は,初めての非違行為の場合は,戒告,減給,出勤停止のいずれかにして,今後の勤務態度を見るべきとされることが多く,懲戒解雇は無効とされることが多いのですが,ただ,ご質問の場合は,従業員Aは暴力を振るっており(もっともA自身は否定しているようですが),その程度,内容によっては,懲戒解雇の理由になると思われます。

(3)適正手続を履践すること
就業規則などに懲戒委員会による手続や弁明の機会の付与などの手続が定められている場合には,その手続に従わなければなりません。そのような手続が定められていなくても,労働者に対して懲戒事由を事前に告知して弁明の機会を与えることが要求されています。これらの手続を踏まないで,懲戒処分をすれば,それだけで無効とされます。

(4)懲戒解雇事由を普通解雇事由にする場合も,懲戒解雇と同様に考えてすること
解雇は,「やむを得ない事由」がなければ無効になります(労働契約法17条)。
(5)客観的に判断されるべきこと
従業員Aの行為の評価は,客観的にされなければ無効とされます。
たんに,全従業員が,Aがいると怖いとか,一緒に仕事が出来ないという訴えだけを根拠にして解雇すると無効とされてしまいます。
懲戒解雇の場合の手続を踏んで,懲戒委員会が,解雇をやむを得ないと判断した後でないと解雇すべきではありません。

3,本件ですべきこと
本件で,Aを解雇するには,普通解雇であっても,懲戒処分としての要件と手続が必要です。具体的には,懲戒委員会があればそれを開き,なければ複数の幹部従業員がより客観的な視点に立って合議により,相手方となる従業員Aに対し弁明の機会を与え,かつ,関係者の言い分を聴き,あるいは現場現場で事情を調査し,懲戒解雇事由があるかどうかを慎重に判断し,懲戒解雇事由があると結論したときに,すべきことになります。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
独占禁止法違反 返品が、優越的地位の濫用に当たる場合と、当たらない場合、それぞれの要件

公正取引委員会平成27年3月26日審決(平成24年(判)第6号及び第7号)は、優越的地位の濫用に対して課徴...

[ 会社関係法 ]

景品表示法違反② 課徴金制度の導入と初適用事例

優良誤認表示などの不当表示に、課徴金制度が導入されたのは、改正景品表示法の施行日(平成28年4月1日)から...

[ 会社関係法 ]

民法(債権法)改正法が成立

 本日、民法(債権法)に関する改正民法が成立しました。制定以来、約120年ぶりの大改正です。改正は、約200項...

[ 債権法改正と契約実務 ]

景品表示法違反① 合理的根拠資料を持たずして、効果・性能表示をなすなかれ

 不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)は、「不当表示」を禁じています。その一類型である「優良誤認表...

[ 会社関係法 ]

従業員との間の競業避止契約は、代償措置がとられていないと、無効

東京地方裁判所平成28年12月19日判決は、会社が従業員との間で競業避止契約を結び、従業員から退職の申し出...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ