コラム

 公開日: 2014-06-07 

孫子に学ぶ⑥ 人間行動の法則化

1,人の行動の法則化
 軍扇をもって,自軍の兵を,手足のごとく動かす,ことは,統制が効き,訓
練のできた兵をもっている将には,たやすいことでしょう。
 しかしながら,掌(たなごころ)の上で,意のままに物を動かすほどに,敵
兵を,動かすことは,並の将にはできるものではないと思われます。
 それが,兵略家といわれる特殊の才能を持った者には,できるのです。
 孫子しかり。諸葛孔明しかり。孫子の子孫の孫ぴんしかりです。
 孫ぴんには,面白い話があります。
 魏と斉が戦ったとき,斉の軍師孫ぴんは,魏軍から追撃されている風を装っ
て,魏軍から離れていくのですが,自軍の兵士の食事をつくる竈(かまど)の
数を,日ごとに,わざと減らしていくのです。
 追撃している(と思っている)魏軍は,斉兵の竈の数の減り方から斉の兵が
減っている,すなわち斉軍が算を乱して逃げに入ったと錯覚し,竈の数が当初
の数の数分の1までに減ったとき,自軍の中から精兵を選抜して,一気呵成の追
撃に入るのです。
 そして,孫ぴんが設けた罠に陥り,壊滅させられたのです。
 これは,敵の将が,竈の数の減り方を見て,考え,行動するであろう,先の
先の事象を読み切った,孫ぴんの読み勝ちというべきでしょうが,このような
人間行動を,法則としているところが,兵略家のすごさでしょう。

2,人間行動の,次を,読み解く能力
 現代人も,勝敗や生き残りをかけて,戦っているのです。そして,その相手
が,多くの場合,人であることを考えると,人の行動を法則化できれば,強力
な武器を持つに等しいことになるでしょう。
 しかしながら,凡人の目に理解できるほどの,人間行動の法則化は,千差万別の人という生き物を,1つ目の軸の中で分け,無限に生起する社会事象もまた,2つ目の軸の中で分け,人の次の行動を予見したい局面を,3つ目の軸の中で分け,これら3つの軸が立体的に交差するところに,予見できる人間行動の結果を細かく書き込むほどの努力をしても,なお,できないだろうと思われますが,ただ,人間行動を法則として把握することは不可能でも,人間行動の予見の確率を上げることは,可能であろうと思います。
 そのためには何をすべき?は,凡愚の智恵では,語り得ませんが,それでも,歴史に,孫子がおり,諸葛亮孔明がいたのは,厳たる事実なので,彼らには,遠く及ばなくとも,この人間行動を予見できる眼力,すなわち人間行動の次を読み解く能力は,学び得たいものと思います。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

信用保証協会、二度目の最高裁判決

またまた、信用保証協会に不利な最高裁判決が出されました。2016-09-14付けコラムで紹介しました最高裁判所第三小...

[ 会社関係法 ]

立法論としての相続法⑬ 法制審議会で、民法1015条の字句を改めるべしとの意見出る

 現行の民法1015条は、「遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。」と規定しています。この字句から、遺言執行...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法⑫ 遺言執行者の権限の明確化(具体論)

法制審議会民法(相続関係)部会第9回会議(平成28年1月19日)の提出された資料では、遺言執行者の権限を明...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ