コラム

 公開日: 2014-06-06 

孫子に学ぶ⑤ 将と君主の関係は,企業のトップと幹部の関係か?

1,将の役割
孫子は,
将は国の輔(君主の補佐役)なり。
輔、周(君主と緊密)なれば、則ち国必ず強く、
輔、隙(君主との間の隙間)あれば、則ち国必ず弱し。
といって,将は,君主を輔佐する者,君主と将は,緊密であることが大切であると説いた上で,君主は,軍に干渉するな,と説くのです。
すなわち,孫子は
「勝を知るに五あり。」といい,その五番目に「将能にして、君御せざる者は勝つ。」というのです。
 要は,君主は,有能な将を使う場合,注文をつけるな,というのです。
 これは,現在の,企業のトップと幹部に置き換えても,いいうる言葉ではないかと思います。

2,歴史に将を求めてみると
 孫子の,これらの言葉は,抽象的すぎて具体的なイメージは沸きませんが,よく引き合いに出されるのが,秦の末の項羽と劉邦の比較でしょう。
 項羽は、楚の名門の血を受けた武将。秦末の動乱に乗じて叔父と共に旗を揚げ,やがて西楚の覇王と号するほどの実力をつけます。
 まことに万夫不当の勇士です。
 後,愛人である虞(ぐ)を前に歌った垓下の歌で「力は山を抜き,気は世を蓋う。」というほどの人物だったのですが,「時、利あらず、騅(すい)、逝かず。騅の逝かざるをいかにすべき。虞や、虞や、汝をいかにせん!」と嘆かざるを得ないほどの末路をたどりました。
 何故,項羽は敗亡したのか?
 それに対し,農民出身で,とくに取り柄というものもなかった劉邦は,鴻門の会などで項羽から命を取られる危険に身をさらしつつ,また,項羽と戦えば負けてばかりいたのに,何故,最後には,天下を取ることができたのか(漢の高祖になりえたのか)?
 その違いについては,いろいろ説明されますが,項羽は将に恵まれず,劉邦は将に恵まれたことが一番の原因という点では異説はなさそうです。
 劉邦には,軍事の天才韓信(元は項羽軍にいた人物。項羽は,范増から韓信を重用するか,さもなくば殺すように諫言されるのですが,それをきかず,そのため,韓信は劉邦の陣へ走り,項羽を討ったのですから,歴史の皮肉です。)がいて,政治顧問でもあり大戦略家の張良がいて,実務家としてすぐれた蕭何がいて,その他人材はきら星の如くいたのですが,一方,項羽には,軍師として范増がいたのみです。しかもその范増も劉邦側の策で,項羽と離間させられ,項羽には頼みとする人材は誰もいなくなるという状態になりました。
 かくては,項羽が劉邦に勝てるわけがありません。
 やがて,項羽は,悲しくも,垓下の歌を歌い,虞に「虞や、虞や、汝をいかにせん!」と嘆くことしきりとなり,虞は項羽の刀を抜いて自刃します。その後に咲いたのが虞美人草とされています。項羽は,「騅、逝かず。騅の逝かざるをいかにすべき」と歌った愛馬騅に乗って戦場を馳駆し,最後は,烏江で敗死するのです。

3,将を生かすも殺すも君主しだいか?
 歴史に,項羽を見,武田勝頼を見,明智光秀を見るとき,つまりは,破滅していった王や国主や将でもあるが一軍の長でもあった武将を君主として見るとき,その驥尾に付すこととなる将には,決して人材がいなかったわけではなさそうです。
 しかし,彼らが将の能力や良さを生かすことができなかったことは,間違いないものと思われます。
 それは,君主それぞれの天質か?
 歴史の偶然がそうさせたのか?
 凡智の及ぶ限りでいえることは,先人の,賢者の,教えには,素直に耳傾け,教えを実行しておくべきだったのではなかったか?ということです。
 例えば,その1つとして,孫子の言葉があります。
 孫子を学んでおれば,そして,実行しておれば,彼らの運命もまた変わっていたのではないかと思われます。
 そう思うと,先人の知恵に学ぶということが,いかに重要かが,分かります。
 

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ