コラム

 公開日: 2010-10-17 

税法 1 3200億円のクリスマスプレゼント


平成16年のクリスマスイブの12月24日、最高裁判所は、旧興銀に、3200億円の法人税の還付を受けることができる判決を下しました。
この事案は、旧興銀が、自行が母体になって作った住宅専門会社(いわゆる住専)に3760億円を貸し付けていたのですが、その債権が、法的には、破産になっても30%以上の配当の見込まれるものであったのを、全額放棄したことから始まります。
そして、旧興銀は、放棄の日の属する事業年度で、法人税法上の貸し倒れ処理をしたのですが、税務署は、その債権は回収不能とは言えないとして貸し倒れ処理(損金経理)を認めず、更正処分をし、旧興銀に法人税を課したのです。

旧興銀が、住専に対し貸し付けた債権が全額回収できないと判断したのは、他の金融機関と同じ立場で回収を考えると、母体行として社会的批判を受ける外、機関投資家として旧興銀の金融債を引受ける立場にある農協系統金融機関の反発を買い、金融債を引き受けてもらえなくなる等の経営的損失を受けるおそれがあったこと、そのため、閣議決定や閣議了解で示された住専処理計画に沿って自行の債権を非母体金融機関の債権に劣後する扱いとすることを公にせざるを得なかったこと等により、債権の回収が不可能になったと判断したからです。

最高裁判所平成16.12.24は判決は、「金銭債権の貸倒損失を当該事業年度の損金の額に算入するためには,当該金銭債権の全額が回収不能であることを要すると解される。そして,その全額が回収不能であることは客観的に明らかでなければならない」とはしましたが、その場合は、「債務者の資産状況,支払能力等の債務者側の事情のみならず,債権回収に必要な労力,債権額と取立費用との比較衡量,債権回収を強行することによって生ずる他の債権者とのあつれきなどによる経営的損失等といった債権者側の事情,経済的環境等も踏まえ,社会通念に従って総合的に判断されるべきものである。」とし、
旧興銀の貸し倒れ処理を適法だと判示したのです。

かくして、旧興銀は、クリスマスイブの日、3200億円ものビッグなプレゼントを受けることができたのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
天皇陛下のお言葉の中に見られる「とともに」と「と共に」の使い分け

 本年8月15日は、終戦72年目の戦没者追悼式が執り行われた日です。 この日、天皇陛下の「お言葉」が、天皇...

[ 公用文用語 ]

最高裁平成29・2・ 21決定と、「取締役会のほかに株主総会でも代表取締役を選定できる」旨の定款

1 機関設計の多様性 平成17年に会社法が制定された時、株式会社の機関設計には、多様なパターンが許されるこ...

[ 会社関係法 ]

相続セミナー開催のご案内

1 相続法セミナー開催のお知らせ  私は、山陽新聞社が管理運営するインターネットサイト・マイベストプロ...

[ その他 ]

企業法務 独禁法と下請法の関係いかん

「後藤よ!下請法 (正式名称は「下請代金支払遅延等防止法」) という法律があるよなあ。あれと独禁法とはどう...

[ 会社関係法 ]

下請負工事代金を工事完了後に決める慣行がある場合の、建設工事下請負基本契約に書くべきこと

Q 当社は、土木建築を業とする会社ですが、工事の一部を下請業者に下請けに出す場合、下請負契約書を取り交わさ...

[ 建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ