コラム

 公開日: 2014-04-14  最終更新日: 2014-04-15

弁護士と格言 常識の非常識

1,常識の意味
 常識とは,根拠を明らかにしないでも,真実であることに疑いを差し挟む余地がないほど自明の事実,といってよいでしょう。

2,常識に潜む危険
 常識と思う事実は,それが真実であるかどうかについて,疑問を持たない,という危険があります。
 科学的に,論理的にそれが真実ではないことが示されても,科学的,論理的な説明を受け入れようとはしないリスクです。
 いわば,天動説が常識であった時代に,科学的,論理的に地動説を説く者がいても,天動説に疑問を持たないのと同じようにです。
 要は,知恵の働きを封印してしまう危険があるのです。

3,法の世界における常識の危険
 法の常識というものもあります。
 法の常識は,いちいち法令や判例を目に見せなくとも,それは当然のこととして語られます。
 しかしながら,法も時代と共に変わります。
 法が変わらない場合でも解釈が変わることは多々あります。
 これらの変化が,一見明確な場合は,法や解釈の変化について行け,法の常識も変わりますが,法や解釈が変わったことが一見明らかとはいえないときは,常識は容易に変わるものではありません。
 それと,法の誤解から,間違った法の常識を持つ人もいます。
 法に携わる人の世界では,意外に,常識にしてはならない常識が存在しているのです。

4,常識の非常識
 常識が間違っていることの,科学的,論理的な根拠が示されているのに,知恵の働きを封印して,常識に反する意見を,常識に反するというだけの理由で,百パーセント否定する人がいます。年齢に関係なくです。
 これなど,常識の非常識というべきでしょう。

5,謙虚さと,知識欲は,大切にしたいもの
 頑迷固陋であることは,人の成長を阻害します。
 常識が常識である結果になってもよいのです。
 常識に挑戦する知恵や意欲は大切にしたいものです。
 大げさに言えば,文明の勃興,文化の開花と発展,技術の進歩と人智の飛躍,これらは,すべて,既成の常識の枠を破る,知恵の奔騰に由来するものではないか,と思います。

6,当事務所の心得
 当事務所では,若い弁護士に,常識をたないことを求めています。
 常識を持つと,知恵を使わなくなるからです。
 常識で判断せず,常に,判例と文献を,相談者や依頼人の目に示しながら,回答をなし,事務を処理すること,しかも,24時間以内に成果物を提供すること,を,やかましく,求めているのです。
 その結果,常識と思っていたことが常識ではないことを知ることがあり,新しい知識を確保し,新しい知恵の働きを得ることも,多々あるのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ