コラム

 公開日: 2014-03-02  最終更新日: 2014-03-04

不動産 公図の歴史

Q 
公図とは何ですか?また,歴史的には,いろいろ変遷があると聞きましたが,どのような変遷があったのですか?

A 
1,公図の誕生(明治時代)
公図は,明治時代に,地租(土地にかかる税金)の課税を目的に作った土地台帳の附属地図として誕生しました。土地台帳附属地図は,地租条例(明示17年3月15日太政官布告第7号)に基づき,全国規模の地押調査(大蔵省主導)で,それまであった地図の更正図として,まとめられたものです。
土地台帳正本及び附属地図正本は,明示35年以降税務署に移管されましたが,市町村は国税徴収の保管事務としてこれらの副本を備えることになりました。

2,公示のための制度になる(昭和25年)
戦後の昭和22年,地租は国税から府県税に移され,昭和25年の税制改正で市町村税である固定資産税になりましたが,このとき,土地台帳は,税金とは切り離されて,法務局に移管されることになりました。
ここで,公図(土地台帳の附属地図)が,土地の状況を公示するための公簿になったのです。
市町村に備えられていた土地台帳副本,附属地図(更正図や改租図)の副本は,引き続き,市町村役場において使用されることになりました。

3,登記制度と土地台帳制度の一元化(昭和35年~45年)
昭和35年不動産登記法の一部改正により,10年間をかけて,登記制度と土地台帳制度を一元化する作業が行われ,その作業が終了した法務局から順に,土地台帳法の適用が廃止されていきました。そして,土地の物理的な位置,形状を公示するものとしては,「地図」(現行の不動産登記法では14条1項)を備え付けることになったのです。しかしながら,地図は全法務局に完備するまでには時間がかかることから,公図は「地図に準ずる図面」(同法14条4項)として扱われることになりました。

4,公図のマイラー化(昭和42年~60年代)
公図は,明治時代に和紙で作られたものでしたので,永年の使用による摩耗や劣化によって,判読不能になるものも出てき,昭和42年以降,和紙の公図をA2サイズの透明なフィルム(マイラー)に複写する作業が進められました。なお,マイラー化の前の公図は,マイラー化後の公図との違いを表す用語として,「旧公図」と呼ばれます。
ところで,マイラー化後の公図の中には,旧公図にはあった赤線や青線の色分けができていないもの,複写技術の拙劣さから生じた境界線の歪みなども出てきました。

5,コンピューター化
最近,公図がコンピューター化されつつあります。
今日現在,公図のマイラー化から,はやいところで40年以上が経過しているのですが,
マイラー素材の劣化や破損などもあり,コンピューター化が進められてきているところです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた相続人の場合これによって得た相...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ