コラム

 公開日: 2014-02-22 

不動産 二重譲渡のリスクが高まったという理由

Q 不動産登記法が改正された後は改正される前と比べて,不動産の二重譲渡のリスクが高まった,ということを聞きましたが,どういうことですか?

A 不動産登記法は,平成16年に改正になり,平成17年3月7日から施行されていますが,改正前は,所有権移転登記手続をするには,登記義務者(売買の場合は売主)本人確認のために,いわゆる権利証といわれた登記済証を提出することになっていました。しかし,改正法では,登記済証ではなく,登記識別情報を提供すればよいことになっており,登記済証の提出は必要とされなくなりました(ただし,不動産登記法附則7条により,登記済証(登記原因証書)を提出すれば,登記識別情報の提供がされたものとみなされることになっていますので,今でも,多くの場合登記済証が提出されています。)。
登記識別情報とは、登記名義人が登記を申請する場合において、当該登記名義人自らが当該登記を申請していることを確認するために用いられる符号その他の情報であって、登記名義人を識別することができるものをいう(不動産登記法2条14号)とされていますが,登記識別情報については,不動産登記法21条で,「登記官は、その登記をすることによって申請人自らが登記名義人となる場合において、当該登記を完了したときは、法務省令で定めるところにより、速やかに、当該申請人に対し、当該登記に係る登記識別情報を通知しなければならない。ただし、当該申請人があらかじめ登記識別情報の通知を希望しない旨の申出をした場合その他の法務省令で定める場合は、この限りでない」という規定があり,これは,登記済証とは異なり、単に、新たに不動産の所有者等となった者が、登記所に対し申請を行った際通知されるにすぎない情報ででしかなく,しかも,その登記識別情報の提供がなくとも,登記の受付がなされるようになったので,それだけ,本人以外の者が,所有権移転登記をしても受け付けられるリスクが高まったということになります。

要は,改正前の所有権移転登記手続には,物理的に1つしかない登記済証の提出があったので,それを提出した者を所有者として扱っても,多くの場合間違うことは起こらなかったが,改正法の下では,物理的に唯一というものではない(物理的唯一性がない)たんなる登記識別情報を提供した者,しかも,提供しない場合もあるので,その場合は登記識別情報すら提供しない者が,本人として扱われる結果,本人以外の者が本人になりすまして,売主になるリスクが大きくなったということです。

そのリスクを避けるためには,売主の本人確認が重要になります。
その方法は,明日のコラムに書きます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ