コラム

 公開日: 2013-12-01 

契約書知識 7 解除は無効・期限の利益の喪失は有効。しかし・・・

Q 今般、当社(メーカー)の取引先である乙社(卸商)が、民事再生手続開始の申立をしました。当社と乙との間に取り交わした継続的商品売買契約書の第14条と第15条は次のようになっています。
そこで、当社は、これらの規定に基づき、まだ弁済期が到来していない売掛金を含めて債権全額を乙社に請求すると同時に、乙社との売買契約を解除しようと思いますが、可能ですか?
(解除条項)
第14条
甲及び乙は、互いに、相手方に次に定める事由の1つでも生じたときは、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができるものとする。
①支払を停止したとき
②手形交換所の取引停止処分を受けたとき
③差押、仮差押、仮処分、競売、租税滞納処分の申立を受けたとき
④破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは特別清算手続開始の申立を受け、又は自ら申立をしたとき
⑤その他財産状態が悪化し、又は、そのおそれがあると認められる相当の理由があるとき
2 前項の解除の意思表示は、相手方の住所地または本店所在地宛に書面にてこれを行うものとする。
3 当該書面による通知が、相手方又はその代表者の所在不明等により、送達されなかった場合は、その発送の日から2週間を経過した日に、解除の意思表示が到達したとみなすものとする。

(期限の利益の喪失)
第15条
甲又は乙は、前条1項各号の1つに該当する事由が発生したときは、甲乙間の取引により生じた相手方に対する一切の債務について、当然に期限の利益を喪失したものとする。

A 
1,解除事由は無効
 判例は古くから、買主に会社更生手続の申立の原因になる事由が生じたことを売買契約の解除事由とする旨の特約は、会社の維持更生を図ろうとする会社更生手続きの趣旨・目的を害するものであるから、無効であると判示していました(最判昭57.3.30)が、平成20年12月16日には、民事再生手続開始の申立についても、解除事由とすることは無効になると判示しました。

2,期限の利益喪失条項は有効
 前記最判平20.12.16の田原睦夫裁判官の補足意見や、東京地判平14.3.14は、倒産手続開始の申立を期限の利益喪失約款とすることは有効だと判示しています。

3,結論
 貴社の場合、乙社が、民事再生手続開始の申立をしたことにより、売買契約を解除しても無効になります。
 しかし、乙は、民事再生手続開始の申立をしたことにより、期限の利益を喪失していますので(これは前述のように有効)、乙が貴社に対する債務の全額を支払わなかったときは、貴社は、解除事由の1号「債務の支払を停止したとき」を理由に、売買契約を解除できることになります。
 しかしながら、民事再生手続の開始を申し立てる会社は、ほとんどの場合、裁判所から、債務弁済禁止の保全処分を受けていますので、乙社も、債務弁済禁止の保全処分を受けていれば、貴社は、乙社に裁判所からの保全処分命令に違反して債務の弁済をせよという権利はなく、したがって、債務弁済停止を理由に売買契約の解除はできません。
 要するに、取引の相手方が、会社更生法や民事再生法の適用を申請した場合は、解除条項も期限の利益条項も無意味になるということです。
 契約書に関する知識として覚えておくと便利です。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
立法論としての相続法② 配偶者の法定相続分に問題はないか?

 配偶者の法定相続分は、1/2です。この1/2という数字、多いか少ないかといえば、婚姻期間が長く、また、被相続...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法① 配偶者の生活保障は十分か?  

1 配偶者の法定相続分  配偶者の法定相続分が、1/3から1/2に引き上げられたのは、昭和55年の民法(相続法)改...

[ 相続判例法理 ]

相続税における「私道供用宅地の時価」の意味

相続税法22条及び評価通達は、相続税の対象になる財産の価額は相続時の時価によるものとすると定め、「時価」とは...

[ 民法と税法 ]

労働 歩合給から時間外手当(相当額)等を控除したものを賃金とする定めは有効

 最高裁判所第三小法廷平成平成29年2月28日判決は、タクシー会社が、従業員であるタクシー乗務員との雇用...

[ 労働 ]

同音異義語(追加1)

あからむ(赤らむ・明らむ)ア 赤らむ意味:色が赤くなること用例:顔が赤らむ熟語:赤面イ 明らむ...

[ 公用文用語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ