コラム

 公開日: 2010-10-07  最終更新日: 2016-03-15

行政 9 議会会派へ支給される政務調査費は厚いベールの中?


1 政務調査費
地方自治法100条14項に、「普通地方公共団体は、条例の定めるところにより、その議会の議員の調査研究に資するため必要な経費の一部として、その議会における会派又は議員に対し、政務調査費を交付することができる。この場合において、当該政務調査費の交付の対象、額及び交付の方法は、条例で定めなければならない。」という規定が置かれています。
これが「政務調査費」です。

2 問題点の指摘
政務調査費は、支出の実態が不明朗であり、視察と称して観光旅行をする等、本来の趣旨にそぐわない支出が窺える等の問題点が、多くの自治体で指摘されています。

3 住民監査請求
地方自治法242条は、普通地方公共団体の住民に、当該普通地方公共団体の長・委員会・委員・職員に、違法・不当な公金の支出等があると認めるときは、監査委員に対し、監査を求め、違法・不当な公金の支出等の防止・是正・損害の補填等の措置を講ずべきことを請求することができる、という住民監査請求の権利を認めています。

4 最高裁判所平成21.12.17判決の事案
東京都のA区の区長が、「A区議会における政務調査費の交付に関する条例」に基づき、A区議会のB会派に、政務調査費を交付したことについて、甲という住民が,B会派が視察旅行等の経費に充てた政務調査費に、条例で定める使途制限の違反があるとして、住民監査請求をしました。それを受けて、A区の監査委員は、B会派に、視察旅行に関係する経費の内容等について文書の提出を求め,B会派からそれらの文書の提出を受けました。
その後、監査委員は、監査を請求した甲に、監査委員は、B会派のした支出を精査したが、それらは適正な政務調査費と認められる、というだけの理由を付して、監査請求を棄却する、との監査結果を通知しました。
それに対し、甲は、「A区情報公開・個人情報保護条例」に基づき、A区監査委員に対し、監査委員がB会派から提出された文書の公開を請求したのですが、A区監査委員事務局長は、その文書は、条例に定める非公開事由8条6号アに該当するとして、非公開決定を下しました。
そこで、甲は、この非公開決定の取消しおよび当該文書の公開決定の義務付けを求める訴えを提起しました。

5 原審である東京高裁の判決
甲の請求を認めました。

6 最高裁判所の判決
最高裁は、要旨、
① 政務調査費の性格として、
政務調査費は、議会の執行機関に対する監視の機能を果たすための政務調査活動に充てられることも多く、執行機関からの干渉を受けないものである。したがって、監査委員から説明を求められても、具体的な目的や内容についての報告義務はないものである。
② 監査委員の監査の重要性
監査委員は、政務調査費についてB会派から文書で報告を受けたが、これは任意で受けたのものであり、このような文書が公開条例により公開させられるときは、今後、政務調査費に関しては、区議会議員や会派は、監査委員に対し回答することに慎重になるだろう。そうすると、監査事務の適正な遂行に支障を及ぼすことになる。
③ 結論
したがって、当該文書は非公開文書に該当する。

なお、政務調査費でも、議会から出納帳に提出された政務調査費に係る支出命令書等については、非開示事由に該当しないとされています(東京都の事件。東京高等裁判所平成10.6.29判決。最高裁判所平成11.4.13判決をこれを支持)。これは、法令(東京都会計事務規則)により提出が義務づけられたものだからです。6の最高裁判所判決とは事案が違います。この事件は、監査委員が会派から受け取った文書が任意で提出されたものだからです。

参照:
・地方自治法199条8項
「監査委員は、監査のため必要があると認めるときは、関係人の出頭を求め、若しくは関係人について調査し、若しくは関係人に対し帳簿、書類その他の記録の提出を求め、又は学識経験を有する者等から意見を聴くことができ。」
・行政機関の保有する情報の公開に関する法律3条
何人も、この法律の定めるところにより、行政機関の長に対し、当該行政機関の保有する行政文書の開示を請求することができる。
・同法5条
行政機関の長は、開示請求があったときは、開示請求に係る行政文書に次の各号に掲げる情報(以下「不開示情報」という。)のいずれかが記録されている場合を除き、開示請求者に対し、当該行政文書を開示しなければならない。
:不開示情報6号
・・・地方公共団体・・が行う事務又は事業に関する情報であって、公にすることにより、次に掲げるおそれその他当該事務又は事業の性質上、当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるもの
イ監査・・・に係る事務に関し、正確な事実の把握を困難にするおそれ又は違法若しくは不当な行為を容易にし、若しくはその発見を困難にするおそれ

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ