コラム

 公開日: 2013-11-29 

契約書知識 5 財あるところ税あり。財変わるところ、税もまた変わる。

【失敗実例④】
これも、失敗実例の紹介です。

時系列にしますと、
①地主の甲は、借地法時代から、土地を借地人乙に賃貸し、乙は、そこに自宅を建築して住んでいました。
②あるとき、乙は、甲に対し、借地上の木造住宅を壊して鉄筋コンクリート造りの貸ビルを建てたいので、許諾してほしいと、申し出ました。
③甲は、地代を値上げしてくれるなら許諾する、と回答しました。
④これに対し、乙は、地代の値上げはやむを得ないと考えているが、できるだけ値上げ幅を抑えてほしいと要請しました。
⑤そこで、甲は、乙との地代値上げ交渉を、A弁護士に委任しました。
⑥甲の代理人となったA弁護士は、乙と地代の値上げ幅について交渉を重ね、合意に達した金額で、地代の額と借地目的を変更する借地権変更契約書を取り交わしました。
⑦問題は、その翌年に起こりました。甲が乙に賃貸している借地に係る固定資産税が、数倍に跳ね上がったのです。
⑧甲からその話を聞いた弁護士は、乙と借地条件を変更する交渉をしていたとき、借地が住宅用地から非住宅用地に変わることは知っていたのですが、その場合に固定資産税が3倍から6倍の範囲で高くなるという地方税法の規定の存在を知らなかったのです。もし知っていたらその増額分を乙に負担してもらうよう、例えば「本件土地を貸ビル用地にすることによって増加する固定資産税分については、乙が負担する。」との規定を設けるべきであったのですが、税法の無知から、そこまでの配慮を欠き、依頼人に損害を与えたのです。

弁護士は、財あるところ税あり。財変わるところ、税変わる。ということを思うべきなのです。

参照
地方税法349条
・・・固定資産税の課税標準は、・・・賦課期日における価格で土地課税台帳・・・又は家屋課税台帳・・・に登録されたものとする。
地方税法349条の3の2第1項
・・・人の居住の用に供する家屋・・・の敷地の用に供されている土地(住宅用地)に対して課する固定資産税の課税標準は、第349条・・・の規定にかかわらず、当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の3分の1の額とする。
同条第2項
住宅用地のうち、・・・当該各号に定める住宅用地に該当するもの(小規模住宅用地)に対して課する固定資産税の課税標準は、第349条・・・の規定にかかわらず、当該小規模住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の6分の1の額とする。
①住宅用地でその面積が200平方メートル以下であるもの 当該住宅用地
② 住宅用地でその面積が200平方メートルを超えるもの 当該住宅用地の面積を・・・住居の数・・・で除して得た面積が200平方メートル以下であるものにあつては当該住宅用地、当該除して得た面積が200平方メートルを超えるものにあつては200平方メートルに当該住居の数を乗じて得た面積に相当する住宅用地

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新著の上梓予告

今週の月曜日から金曜日までの、私のマイベストプロのサイトを訪問してくださった人の数は、連日、2000名を超...

[ 相続判例法理 ]

損害の発生後45年が経過して行使された損害賠償請求権が,消滅時効にかかっていないとされた裁判例

 45年前,新生児が誕生しましたが,母親の退院時,病院のミスで,新生児が取り替えられるという事故がありまし...

[ 民法雑学 ]

宅地建物取引業者の税金についての説明義務

 宅地の売買などをしますと,不動産譲渡所得課税問題が生じますが,その売買契約を仲介した宅地建物取引業者に,...

[ 不動産 ]

遺産分割に関する最高裁判決まとめ

・預貯金債権は,可分債権ではないので,遺産分割対象の財産になる(平成28年12月19日最高裁判所大法廷決...

[ 相続判例法理 ]

遺産から生ずる果実は,全相続人のもの

最高裁判所第一小法廷平成17年9月8日判決遺産は,相続人が数人あるときは,相続開始から遺産分割までの間,...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ