コラム

 公開日: 2013-11-27  最終更新日: 2013-11-28

契約書知識 3 「全責任を負う」という言葉の誤解

【想定事例①】
 ショッピングセンター経営者乙から、土地の所有者である甲に対し、次のような提案がなされました。

①甲がショッピングセンターの建物を建築し、乙に賃貸する。
②その建物は甲が建築業者丙に請け負わせるが、建物の構造や仕様は乙と丙とで協議して決める。
③乙は、丙が建物を建築することについて、甲に対し、全責任を負う。
というものでした。甲は、万一のことがあっても乙が責任をとってくれると思い、①から③までの合意事項を書面にして契約を結びました。

①及び②の契約内容は、実務上よくみられる契約の形態です。
③の約束は、あまり例をみませんが、あってもおかしくはありません。

【質問】
 このような契約が結ばれた後、甲は、丙に建物の建築を請け負わせて完成してもらったのですが、その建物に建物を取り壊さざるを得ないほどの瑕疵があり、甲に多額の損害が発生しました。
この場合、甲は、前記③の約束を根拠に、乙に対し、損害賠償の請求ができるでしょうか?

【回答】
できないと思われます。
「乙は、丙が建物を建築することについて、甲に対し、全責任を負う。」という約束は、内容が不明確です。法令用語としての「責任」は、民法709条の「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」という規定から判断して、故意過失を意味する法令用語、又は、乙に故意過失がある場合の責任を意味しますので、乙が甲に対して「全責任を負う」と約束をしたからといって、乙に故意過失のない甲の損害についてまで、賠償義務を負うと約束したとは考えられません。
公刊物未搭載のものとして書籍に紹介されていた裁判例ですが、東地判平23.3.25は、同じような事件で、乙が甲に対し「全責任を負う」と約束した言葉の意味は、乙が建築業者である丙と種々の打合せをして、建物建築に関する乙の業務を行うというもので、丙の責任により甲に損害が生じた場合にその賠償をするという意味ではないと判示しました。



【正しい契約条項の書き方】
ですから、法令用語だからといって、意味を考えないで使うのも、また危険なことなのです。
もし、甲が乙に、丙のした建築工事の瑕疵についても責任を負わせたいのなら、③の約束を、「乙は、丙のする本件ショッピングセンター建築工事に関し、丙に甲に対する瑕疵担保責任、債務不履行責任等法的責任が生じたときは、丙の保証人になり、甲に対し、丙と連帯してその賠償の責めに任ずる。」という連帯保証の約束をしてもらうべきなのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
宅地建物取引業者の税金についての説明義務

 宅地の売買などをしますと,不動産譲渡所得課税問題が生じますが,その売買契約を仲介した宅地建物取引業者に,...

[ 不動産 ]

遺産分割に関する最高裁判決まとめ

・預貯金債権は,可分債権ではないので,遺産分割対象の財産になる(平成28年12月19日最高裁判所大法廷決...

[ 相続判例法理 ]

遺産から生ずる果実は,全相続人のもの

最高裁判所第一小法廷平成17年9月8日判決遺産は,相続人が数人あるときは,相続開始から遺産分割までの間,...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理 「遺産分割による代償譲渡」は有効

法務局で登記手続をする場合,先例がないときは,容易に認めてもらえません。下記の事案も,そうで,家庭裁判所で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑦ 財産全部についての遺産の分割の方法を定めた遺言は債務に及ぶ 

 民法899条は,「各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」と規定していますが,ここ...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ