コラム

 公開日: 2013-11-26  最終更新日: 2013-11-27

契約書知識 2 法令用語でも実体法上の法令用語を

昨日のコラムでは、契約書には、意味が一義的明確性(意味が明確で他の意味には解される可能性がないという意味)をもった言葉、すなわち法令用語を書くべきだと解説しましたが、同じ法令用語であっても、民事訴訟法や刑事訴訟法などの手続法上の法令用語は、権利や義務を発生させる言葉ではないので、使うべきではありません。

【失敗実例② 民事訴訟法上の法令用語が使われた例】
これも弁護士が書いた文章ですが、
①「乙は甲に対し連帯保証関係にあることを認諾する。」という言葉がありました。
この認諾という言葉は、民事訴訟法上特別の意味を持たせて使われる法令用語で、契約書に書かれる言葉ではありません。この場合は、
②「乙は甲に対し、丙(主債務者)の甲に対する・・・の債務について、連帯保証債務があることを認める。」と書くべきでした。
【解説】
弁護士が書いた「認諾」という言葉からは、何の権利・義務も発生しません。意味も不明です。弁護士が書いた言葉「認諾」の「認」は認めるという意味ですので、この弁護士の言いたいことは、「認める」ということかな、と推測できるだけですが、それならば、端的に、「認める」と書くだけで十分です。
民法147条は、時効中断事由を定めた規定ですが、その時効中断事由の3号に「承認」があります。通常、示談書では、「債務のあることを承認する。」という硬い表現ではなく「債務のあることを認める。」という表現をしていますが、意味は同じです。ですから、この場合、弁護士は、実体法上の言葉である債務の承認という用語を意識して書くべきだったのです。民事訴訟法上の「認諾」という業言は間違いなのです。

生兵法は怪我のもと、という言葉がありますが、弁護士も若いうちは知っている言葉をやたら使いたがる時期があるのかもしれません。しかし、法令用語をもてあそぶのは危険です。

 “弁護士の悪文書き”
という言葉があります。
 弁護士は、決して、美文は書けません。言葉を、美しく書く、という発想よりは、言葉が生み出す法律効果を正しく伝えることを主眼に書くからです。
 これも、若い弁護士が訴状に書いた文章ですが、同じ建築物の瑕疵(「かし」と読みます。)の部分を指して書くのに、「不具合」「欠陥」「ミス」などという言葉を書き連ねているのです。
 「瑕疵」という言葉は、判例により明確な意味づけがなされ、そこから瑕疵修補請求権等の権利が生ずる言葉なのですが、「不具合」「欠陥」「ミス」などという言葉は、一義的明確性をもった言葉ではなく、また、そこから権利が生ずる言葉でもないので、使うべきではないのですが、若い弁護士は、同じ瑕疵という無味乾燥な言葉の羅列では、文章が美しくないと考えたものか、「瑕疵」ということばに代えて、ときに「不具合」、ときに「欠陥」、ときに「ミス」などという言葉を使って、文章を飾ろうとしたものと思われます。
 しかし、訴状や契約書に、美文を持ち込んでは失敗します。
 契約書は、法令用語という悪文で書くべきなのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
宅地建物取引業者の税金についての説明義務

 宅地の売買などをしますと,不動産譲渡所得課税問題が生じますが,その売買契約を仲介した宅地建物取引業者に,...

[ 不動産 ]

遺産分割に関する最高裁判決まとめ

・預貯金債権は,可分債権ではないので,遺産分割対象の財産になる(平成28年12月19日最高裁判所大法廷決...

[ 相続判例法理 ]

遺産から生ずる果実は,全相続人のもの

最高裁判所第一小法廷平成17年9月8日判決遺産は,相続人が数人あるときは,相続開始から遺産分割までの間,...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理 「遺産分割による代償譲渡」は有効

法務局で登記手続をする場合,先例がないときは,容易に認めてもらえません。下記の事案も,そうで,家庭裁判所で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑦ 財産全部についての遺産の分割の方法を定めた遺言は債務に及ぶ 

 民法899条は,「各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」と規定していますが,ここ...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ