コラム

 公開日: 2013-11-07  最終更新日: 2013-11-08

民法雑学  家具の修理に欠陥がある場合の修理業者の責任

Q 我が家の洋服ダンスが古くなり、開閉ドアがぴっちりとは閉まらなくなりました。そこで、家具屋さんに来てもらい、修理してもらったのですが、今度は、締まり方がきつくなり、開けにくくなりました。そこで、思い切り力を入れてドアを開けたところ、勢いよく開いたドアに顔を打ちつけて怪我をしてしまいました。これは修理に瑕疵があることから起こった事故なので、家具屋さんに対し、
(1) 製造物責任法により損害賠償の請求をしたいと思いますが、できますか?
(2) もし製造物責任法で損害賠の請求ができない場合は、家具の修理契約の不履行を原因とする損害賠償の請求はできますか?

A できません。
(1)について
製造物責任法3条本文は、「製造業者等は、その製造、加工、輸入・・・をした製造物であって、その引き渡したものの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる。」と規定しております。
ここで、製造とは、原材料に手を加えて新たな物品を作り出すことをいい、基本的には、工業的な大量生産・対象消費になじむような物の製造のことをいいます。また、加工とは、動産を材料としてこれに工作を加え、その本質を保持させつつ新しい属性を付加し、価値を加えることをいいます。
したがって、家具屋さんが、タンスそのものを製造した場合や、仕入れたタンスに別の材料を使って加工した場合は、製造物責任を負わねばなりませんが、タンスの修理は、製造や加工ではありません。ですから、タンスの修理業者に対し、製造物責任を追求することはできません。

(2)について、
家具屋さんは、あなたとのタンスの修理契約によって、タンスの開きドアをきれいに閉まるようにする契約を結んだので、次の2つの契約上の義務があります。
①1つは、瑕疵のない修理をすることです。
これが本来の契約目的になる義務で
②もう1つは、修理がうまくいかなかった場合でドアを開閉するとき、今回のような事故が生じ人を怪我させる可能性もありますので、そういう事故が起きないように安全に配慮する義務です。
これは契約に付随する義務です。

あなたの場合、家具屋さんに安全配慮義務違反を問えるかというと極めて困難と言うほかありません。
安全配慮義務違反は、その結果が予見できるときでないと成立しないからです。あなたの場合、修理の結果、ドアの開閉がきつくなることは予見できても、そこから、思い切りドアを開けようとする人がいて、ドアが勢いよく開いて、ドアをその人の顔にぶつけその人を怪我させるということは予見できないことだからです。
ドアを思い切って開ける等の、人の故意のある行動は、予見できないこととされているからです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

信用保証協会、二度目の最高裁判決

またまた、信用保証協会に不利な最高裁判決が出されました。2016-09-14付けコラムで紹介しました最高裁判所第三小...

[ 会社関係法 ]

立法論としての相続法⑬ 法制審議会で、民法1015条の字句を改めるべしとの意見出る

 現行の民法1015条は、「遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。」と規定しています。この字句から、遺言執行...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法⑫ 遺言執行者の権限の明確化(具体論)

法制審議会民法(相続関係)部会第9回会議(平成28年1月19日)の提出された資料では、遺言執行者の権限を明...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ