コラム

 公開日: 2013-08-07  最終更新日: 2013-11-08

民法雑学 5 個人情報とは?

1,質問
大学生のA子さんが、夏休みを利用して、B航空の飛行機で、パリへ旅行に行くことになりました。その航空会社へ、A子さんの父親から、娘がロンドンに到着する時刻の問い合わせがありましたが、航空会社では、その時刻を、A子さんの父親に教えることはできるでしょうか?

2,答
教えることはできません。

3,個人情報
個人情報保護法2条1項は、個人情報の定義を、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。」と定めています。
 これにより、個人情報とは、「特定できる個人(死者を除く)に関する情報のすべてであることが分かります。ですから、A子さんが、ロンドンに到着するという情報も、個人情報になるのです。

4,第三者への開示が禁止されるのは、個人情報ではなく、個人データ
個人情報保護法23条は、「個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。」と規定しています。同法は、個人情報の第三者提供を禁止しているのではなく、 個人データの第三者提供を禁じているのですが、

では、個人データとは何かというと、①コンピューターを利用して検索が可能な個人情報 又は ②病院のカルテのような紙媒体に書かれたものではあるが、検索が容易にできるように体系的に構成された個人情報をいいます(個人情報保護法2条2項、4項)。

ですから、A子さんが乗る飛行機やその飛行機がロンドンに到着する時刻は、航空会社ではコンピューターによって検索できるようにしているはずですので、それは個人データになるのです。

5,個人データを本人の同意なしには第三者に提供できないという場合の第三者の範囲
第三者とは、本人以外のすべてですので、家族も第三者になります。

消費者庁担当課は、第三者が家族であっても、個人情報を提供することは原則として許されない、現代においては携帯電話も普及している以上、本人との連絡を取ってもらうことで容易に情報を知ることができるのだから、会社としては教える合理的な理由もない、と考えているようです。

6, 個人情報保護法違反の場合の責任
 ① 勧告・命令
個人情報保護法23条に違反した場合、個人の権利利益を保護するため必要があると認めるときは、主務大臣(貴社の場合は通商産業大臣)から事業者に対し、当該違反行為の中止その他違反を是正するために必要な措置をとるべき旨を勧告することができます(同法34条1項)。
また、勧告を受けた個人情報取扱事業者が正当な理由亡くその勧告に係る措置を執らなかった場合で、緊急性があるときは、大臣は事業者に対し、命令を発することができます(同条2項)。
さらに上記命令に違反した場合には、6月以下の懲役または30万円以下の罰金という罰則が定められています(同法56条)。
② 損害賠償請求
個人情報保護法23条違反及び貴社と顧客の間に締結された規約違反により,本人に何らかの損害が発生した場合には、貴社は本人に対し、不法行為として損害賠償責任を負うこととなります(民法709条)。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ